ヘルシンキの朝はここから!老舗ベーカリー「エロマンガ」で朝食を!

| フィンランド

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ヘルシンキの朝はここから!老舗ベーカリー「エロマンガ」で朝食を!

ヘルシンキの朝はここから!老舗ベーカリー「エロマンガ」で朝食を!

更新日:2017/08/31 20:26

林 ぶんこのプロフィール写真 林 ぶんこ 四国の山道探検家、0850ライダー

フィンランドの首都ヘルシンキには、「エロマンガ」という日本人には衝撃的な名前のお店があります。エロマンガは1946年創業のヘルシンキでは有名な老舗ベーカリー。早朝から営業しているので、ここで腹ごしらえをして一日のスタートを切る人も多い人気のカフェでもあります。ヘルシンキを訪れた際には、エロマンガで爽やかに、名物シナモンロールとボリュームたっぷりのピロシキの朝食はいかがでしょう?

1946年創業の老舗ベーカリー&カフェ「エロマンガ」

1946年創業の老舗ベーカリー&カフェ「エロマンガ」

写真:林 ぶんこ

地図を見る

「エロマンガ」という小中学生たちに大ウケしそうなこのお店の名前は、太平洋に浮かぶ小さな島のエロマンガ島から来ています。なんでも開業当時に店の名前が決まらず、困った創始者が地球儀を回して指が止まったところが、エロマンガ島だったのだそう。

kofileipomoはフィンランド語で、hembageriはスウェーデン語でともにパン屋という意味。現在フィンランドでは90%を超える人々がフィンランド語を話していますが、公用語はフィンランド語とスウェーデン語の2か国語です。

1946年創業の老舗ベーカリー&カフェ「エロマンガ」

写真:林 ぶんこ

地図を見る

エロマンガの営業時間は早朝6:30から15:00まで。平日のみの営業で土曜と日曜はお休みです。オールドマーケットに近いこちらの本店は、コーヒーやお茶が飲めるイートインスペースがあり、カフェにもなっています。ここで朝食を食べてから出勤する人たちも多く、早朝から賑わっています。

秘伝のレシピでつくるピロシキとシナモンロールは外せない

秘伝のレシピでつくるピロシキとシナモンロールは外せない

写真:林 ぶんこ

地図を見る

質実剛健なルックスのパンやパイが並ぶエロマンガのショーケース。一番人気は1964年創業時から変わらない秘伝のレシピでつくられているリハピーラッカ(Lihapiirakka)=ミートパイ、ピロシキ(写真中央)。

持ってみるとずっしり重いこのリハピーラッカ、ひき肉と野菜、お米のあんがたっぷり入ってボリューム満点。そして意外に見た目ほどこってりしていないので食べやすく、パンもふわふわで、ヘルシンキ市民がやみつきになる味!と絶賛するのもうなずける美味しさです。

秘伝のレシピでつくるピロシキとシナモンロールは外せない

写真:林 ぶんこ

地図を見る

国際コーヒー機関(ICO)によれば、フィンランドは国民一人あたり年間約12kgのコーヒー豆を消費する、世界第2位の大コーヒー消費国。一日あたり約5-6杯のコーヒーを飲むコーヒー大好きな、その国民性のワケは寒い冬が長いことと、休憩時間のコーヒーブレイクタイムが法律で決められていること。そして名物のシナモンロールがコーヒーにバッチリ合うこと!とも言われています。ちなみにシナモンロールのフィンランド語、コルヴァプースティ(korvapuusti)の意味は”ビンタされた耳”。その形からきているんですって。

天気のよい日はテイクアウトで

天気のよい日はテイクアウトで

写真:林 ぶんこ

地図を見る

エロマンガ本店はヘルシンキ市民の憩いの場、エスプラナーディ公園やヘルシンキ大聖堂にも近いので、天気がよい日にはテイクアウトして外で食べてみましょう。

天気のよい日はテイクアウトで

写真:林 ぶんこ

地図を見る

ヘルシンキのランドマーク、ヘルシンキ大聖堂の前の大階段は眺めもよく、街歩きに疲れたら休憩するのにもってこいのスポットです。ただし食べ物を狙う貪欲カモメには気を付けて!

同じく衝撃的なネーミングの人気レストランも近くにあります

同じく衝撃的なネーミングの人気レストランも近くにあります

写真:林 ぶんこ

地図を見る

エロマンガがある通りの角を曲がってすぐの場所には、日本人がエロマンガという名前に衝撃を受けるのと同じくらい(いや、それ以上に!)英語圏の人がビックリする「The Cock」という名前のレストランがあります。

雄鶏のロゴが必要不可欠なこのお店の名前が持つ、他の意味についてはここでは書けませんので、興味を持った方はご自分で調べてみてくださいね。

同じく衝撃的なネーミングの人気レストランも近くにあります

写真:林 ぶんこ

地図を見る

肉料理や海鮮料理が美味しいこのバーレストランはカジュアルな雰囲気で、ランチタイムは11:30-14:30。ディナータイムは16:00-23:00。いつも地元の人々で賑わっているので、予約してから行くのがおすすめです。

実は面白すぎる響きの名前大国、フィンランド

スキージャンプのアホネン選手を始めとして、アイスホッケーのヤリ・クリ選手、ボクシングのアシカイネン選手、ノキアジャパンの前社長ウコンマーンアホ氏、などなど、実はフィンランドには日本人には面白い響きの名前があふれています。フィンランド語の読み方は綴りをそのまま読んでいけば原則OKですので、フィンランドを訪れた際にはぜひ面白い名前のお店や知り合いを見つけてみて下さいね!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/02 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ