三菱みなとみらい技術館で現代の先端技術を探ろう

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

三菱みなとみらい技術館で現代の先端技術を探ろう

三菱みなとみらい技術館で現代の先端技術を探ろう

更新日:2017/09/02 18:44

池口 英司のプロフィール写真 池口 英司 フリーライター、フォトグラファー 日本写真家協会(JPS)会員

三菱みなとみらい技術館は、横浜のみなとみらい地区に建つ、先端の科学技術を紹介する博物館です。展示は航空宇宙、海洋などのテーマごとに分かれ、実物大の模型や、コンピューターを駆使して、現代の最新技術を解りやすく解説しています。自らが操作を楽しめるシミュレーターもあり、家族連れで楽しむのにも好適です。

横浜のみなとみらいに建つ博物館

横浜のみなとみらいに建つ博物館

写真:池口 英司

地図を見る

三菱みなとみらい技術館は、横浜のみなとみらい地区の一画、JR桜木町駅や、横浜高速鉄道みなとみらい駅などから徒歩5分ほどの場所に建っています。昭和の中期までは、三菱の造船所があったこの場所は、再開発によって現代的な姿の街に生まれ変わりました。三菱みなとみらい技術館のガラス張りのエントランスは、明るい雰囲気の町並みにぴったりとマッチしています。

航空宇宙ゾーンには実物大のモデルが

航空宇宙ゾーンには実物大のモデルが

写真:池口 英司

地図を見る

エントランスから入った正面には航空宇宙ゾーンがあり、三菱重工などによって開発されているMRJ(Mitsubishi Regional Jet)の実物大モデルが展示されています。近距離での運用に適したこの旅客機は、近い将来の運航開始が予定されています。小型機とはいえ、至近距離から見るジェット機の姿は迫力十分です。

航空宇宙ゾーンには実物大のモデルが

写真:池口 英司

地図を見る

こちらはMRJのモデルの内部。簡単なシミュレーターと、実物大の座席が設けられています。もちろん、シミュレーターは誰でも操作することができます。気軽に空の旅の気分を味わってみましょう。

海洋ゾーンにはしんかい6500の姿が

海洋ゾーンにはしんかい6500の姿が

写真:池口 英司

地図を見る

航空宇宙ゾーンの隣には、海洋ゾーンがあります。このコーナーの中央に据えられているのが、大深度潜水調査船「しんかい6500」の実物大モデル。「しんかい6500」は実際に人を乗せて6500mの深さまで潜り、深海に棲む生物や、地球環境の調査を行っています。このゾーンには、海で働く船がさまざまな船も紹介され、日本という国と海のつながりを知ることができます。

環境エネルギーについて学べる2階フロア

環境エネルギーについて学べる2階フロア

写真:池口 英司

地図を見る

2階フロアの中心にあるのが環境・エネルギーゾーンです。ここでは日本で使用されている最新の発電システムなどを紹介。人間と環境、あるいは人間とエネルギーの、あるべき関わりあい方について学ぶことができます。この隣には「サイエンスプラザ」があり、ここではサイエンスショーや、イベントが実施されています。

環境エネルギーについて学べる2階フロア

写真:池口 英司

地図を見る

こちらも2階フロアにある「トライアルスクエア」。ここでは参加者が自分の手でコンピューターを操作して、月面資源探査船を開発するシミュレーションを楽しむことができます。会場には残り時間を知らせる女性のアナウンスが流れるなど、その雰囲気は近未来のラボラトリー。このコーナーは有料で、利用に際しては予約が必要となっています。ゲームを楽しむ感覚で、未来のメカを開発して下さい。

子供と楽しむスペースも用意されています

子供と楽しむスペースも用意されています

写真:池口 英司

地図を見る

こちらは1階フロアのエントランス横にある「キッズグラウンド」。その名のとおり、子供が主役となるスペースです。床の上に並んでいる大型ブロックを使って、いろいろなものを作ってみましょう。

子供と楽しむスペースも用意されています

写真:池口 英司

地図を見る

エントランスの横にミュージアムショップがあります。ここに用意されているおみやげは、科学実験キット、模型、本などの定番から、なんともレアな宇宙食まで、実にバラエティ豊か。並んでいるグッズを見るだけでも、科学に対する親しみが沸いてきます。

気軽に楽しみながら先端技術を学ぼう

三菱みなとみらい技術館では、このように実物大のモデルや、コンピューターを駆使して作られた展示物を通じて、現代の先端技術を知ることができます。今は大人になってしまった人は子供の頃に帰った気持ちになって、飛行機や潜水艇のことを勉強してみましょう。それはきっと楽しい休日の過ごし方となるはずです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ