伝統とアートを堪能!一日一組限定の町家宿「ウサギノネドコ」

| 京都府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

伝統とアートを堪能!一日一組限定の町家宿「ウサギノネドコ」

伝統とアートを堪能!一日一組限定の町家宿「ウサギノネドコ」

更新日:2017/09/10 13:41

古都の U助のプロフィール写真 古都の U助 ブロガー

京都旅行の目的地として根強い人気のある京町家。
ぜひ泊まってみたい!という方にオススメの一軒が地下鉄西大路駅からすぐの「ウサギノネドコ」です。こちらは一日一組限定の素泊まりタイプのヤドなので、他のゲストに気兼ねすることなくくつろいでいただく事ができます。
さらに1階の一部は自然の造形美をテーマとしたミセとしても利用されているので、アートに興味のある方にもオススメ!離れのお風呂やお庭も素敵ですよ!

ウサギノネドコがある場所は

ウサギノネドコがある場所は

写真:古都の U助

地図を見る

ウサギノネドコがあるのは世界遺産・二条城から少し西へ行った京都市中京区西ノ京。二条城からは徒歩約15分から20分ほどの位置になるのですが、この区間は地下鉄東西線が開通しているので地下鉄を使えばアクセスもとても便利。

しかもウサギノネドコは地下鉄東西線の西大路御池駅(3番出口)からなら徒歩約3分。
観光シーズンには人気のスポット周辺で思わぬ渋滞が発生することもある京都での移動はもっぱら渋滞がない電車・鉄道派という方にもこちらは便利な立地といえます。

ウサギノネドコがある場所は

写真:古都の U助

地図を見る

ウサギノネドコは御池通りの南側に面して東側(写真左)にミセ&ヤド、西側(同右)にはカフェの建物がお隣同士で並んでいます。
御池通りというと京都市役所前の通りであり京都を代表するメインストリートの一つですが、二条城より西はぐっと細くなりウサギノネドコの前は両車線併せて4車線に。
京町家は細い路地の奥深く隠れるようにして建っている(そこもまた素敵なのですが)ということも多々ありますが、この立地ならさほど迷う心配もないと思います。

ヤド、ミセ、カフェともに名称としている「ウサギノネドコ」というのは、京都の細長い町家建築の例えとしてよく言われる「鰻の寝床」にかけているのと、もう一つにはヒカゲノカズラという植物の呼び名から由来しているそうです。
暖簾にもあるロゴマークも、この植物がモチーフとなっています。

2階ヤド部分へ!

2階ヤド部分へ!

写真:古都の U助

地図を見る

昭和初期に建てられた京町家を利用したウサギノネドコのヤドの部屋は、ミセ&ヤドの建物の2階にあり、一日一組限定の素泊まり専用タイプの宿となっています。
ちょっと階段は急なのですがそれも味。大切に使い込まれてきた階段を登るとワクワクしてきます。

2階ヤド部分へ!

写真:古都の U助

地図を見る

2階へあがると部屋が2つあるのですが、その真ん中には二帖ほどの小部屋があり、風流な円形の障子窓が設置されています。障子窓の向うは火袋と呼ばれる台所上部の吹き抜け構造の部分で、障子窓からは昔ながらの採光が楽しめます。

2階ヤド部分へ!

写真:古都の U助

地図を見る

こちらは円形のちゃぶ台が可愛い南側のお部屋です。もう1つの部屋とあわせお布団は最大で5人分の用意があるので、家族やグループ旅行での宿にもピッタリ。

憧れの町家に泊まってみたいけど、老舗の宿だと気後れしちゃうかもしれないし、ゲストハウスはお値打ちだけれど他のお客さんもいてあんまりくつろげ無さそう、なんて心配もウサギノネドコなら必要ありません。

またトイレと洗面所は2階にあるので、夜中や早朝に用事があっても安心ですね。

町家ならではの造り!1階部分

町家ならではの造り!1階部分

写真:古都の U助

地図を見る

「ミセ」からキッチン、庭へと続く部分は通り庭と呼ばれる多くの町家建築で見られるスペースで、細長い敷地の奥まで明かりが届くよう土間が続いています。
表側に近い場所は店庭(見世庭)、台所のある部分は走り庭といってそれぞれ表側とプライベートな部分とに分けられます。

町家ならではの造り!1階部分

写真:古都の U助

地図を見る

そして庭の奥にあるのは離れのお風呂!
お庭には庭石や灯篭も配され、緑もいっぱいです。離れの壁面にも緑が絡まりお風呂の円形の窓とあわせ、ちょっと他にはない味わいです。

町家ならではの造り!1階部分

写真:古都の U助

地図を見る

遊び心溢れるタイルがアート浴室は、円形の窓も素敵!

町家を堪能!1階部分

町家を堪能!1階部分

写真:古都の U助

地図を見る

1階の台所は使い勝手の良いキッチンに改装されており、近所のスーパーなどで買った食材を使って簡単な料理を楽しむことも。
周囲は閑静な住宅街ながら、スーパーやコンビニも近くにあるので「暮らすように旅をする」感覚を楽しむことも出来できます。

町家を堪能!1階部分

写真:古都の U助

地図を見る

ウサギノネドコのミセ・ヤドの建物の1階の内装は、美しい遊び心に溢れます。ミセの人気商品「Sola cube」がはめ込まれた欄間や明かり取りの窓など和の伝統美と自然の造形美の融合が見事!
1階奥側には四帖半の共有スペースのお部屋もあり、お店が閉店した後ならお茶を飲んだりお風呂上りの休憩などにご利用いただけます。

町家を堪能!1階部分

写真:古都の U助

ウサギノネドコのミセでは様々な自然の造形物が扱われています。中には高価なものもありますが数百円程度の予算でもウニの写真の缶バッジや美しい貝殻、小さな鉱物、アメニティグッズの巾着や絵葉書など素敵なものがいっぱい!どれもつい欲しくなってしまいます。

美しすぎるカフェメニュー

美しすぎるカフェメニュー

写真:古都の U助

地図を見る

さらに、ウサギノネドコの魅力はヤドとミセだけにはとどまりません。お隣同士で建つカフェではオリジナルのSNS映えするメニューが用意されています。
メニューは季節によっても変わりますが、こちらは人気メニューの1つ、隕石カレー。
見た目の色合いに目を奪われますが、食べると野菜の味わいが生きた辛すぎないカレー。振りかけられた粉チーズがトロッと溶けたところもとても美味しいです。

美しすぎるカフェメニュー

写真:古都の U助

地図を見る

そしてこちらは打って変わって鮮やかな色合いが美しい大地の彩りデリプレート(パンとスープ付きのランチセット) 。生ハムやキッシュの他お野菜もたっぷりです。

カフェの内装はモダンな洋風アートを楽しむことができ、通りに面した席では気持ちのいい日差しを浴びてお食事をすることができます。また、奥には木材をふんだんに使った座敷席などもあります。

美しすぎるカフェメニュー

写真:古都の U助

地図を見る

こちらはウサギノネドコ・カフェの人気メニューで、アメジスト パンナコッタ(ランチプレートご注文の方のみのメニュー。300円) です。
美しすぎるこのデザートはカフェのガラステーブルの上ではもはや食べるアート。ゼリーの葡萄の風味とパンナコッタのミルクの味が相性抜群です。

こちらのガラステーブルに展示されているのは美しいウニの骨格をアクリル樹脂に封入した標本プロダクツ。ガラスのテーブルも素敵でまるでギャラリーの展示品のように貝やウニの標本などが飾られています。

その他に

カフェの素敵なメニューは宿泊のお客様なら10%割り引きでいただくことができます。

ウサギノネドコの最寄駅がある地下鉄東西線は、烏丸御池駅での地下鉄烏丸線との乗り換えはもちろん、二条駅ではJR嵯峨野山陰線の二条駅、太秦天神川駅では嵐電天神川駅、三条京阪駅では京阪電車の三条駅、山科駅ではJR東海道線山科駅と京阪京津線山科駅とにそれぞれ乗換えが可能です。
一部観光地での割り引きもある市営地下鉄の一日乗車券は600円、嵐電と地下鉄が乗れる一日乗車券なら大人1000円。お得な交通手段もぜひ検討してみて下さい。

観光は二条城周辺なら神泉苑や二条陣屋などもおすすめです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ