憧れの部屋付き温泉露天風呂!箱根強羅「天翠茶寮」でおこもりステイ

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

憧れの部屋付き温泉露天風呂!箱根強羅「天翠茶寮」でおこもりステイ

憧れの部屋付き温泉露天風呂!箱根強羅「天翠茶寮」でおこもりステイ

更新日:2017/11/02 17:58

みぃのプロフィール写真 みぃ 実泊ホテルライター、トラベルライター

“日本の美と遊ぶ”をコンセプトに2016年12月に箱根強羅にオープンした「天翠茶寮」。部屋付き温泉露天風呂では徳川家に献上していた木賀温泉が、姉妹館の「強羅天翠」では大涌谷温泉から引いた源泉かけ流しの温泉が愉しめる、おこもりステイにぴったりなワンランク上のお宿です。おもてなしの心や歴史ある「やきもの」「織物」に触れ、日本の美意識や伝統工芸を身近に感じる。そんな特別な旅を箱根でお楽しみください。

「強羅天翠」と「天翠茶寮」

「強羅天翠」と「天翠茶寮」

写真:みぃ

地図を見る

「天翠茶寮」は広々とした足湯カフェ&バーが人気の「強羅天翠」の奥に新しくオープンした、隠れ家のような、離れのような静かな宿。「強羅天翠」で培われたおもてなしの心で、期待に膨らむ私たちの“箱根旅行”を更に素敵な旅へとお手伝いをしてくれる、そんなワンランク上の大人のお宿です。

「強羅天翠」と「天翠茶寮」

提供元:天翠茶寮

https://www.tensui-saryo.com/地図を見る

もしチェックイン時刻よりも早く着いてしまった場合は是非2階の「カフェ・ド天翠」でランチ&スイーツを。普段は宿泊者専用のレストランですが、11:30〜14:30に限りどなたでも利用することができます。ここはまさに“箱根の特等席”。目の前に広がる雄大な山々を独り占めしているような贅沢な景観。姉妹館「強羅天翠」のほうにお泊りの方も是非利用してみてください。

「強羅天翠」と「天翠茶寮」

提供元:天翠茶寮

https://www.tensui-saryo.com/地図を見る

シェフパティシエの若山弘貴氏が手がけるランチやスイーツは、どれをチョイスしても間違いなし。その分メニューを決めるのも悩ましいところ。友達同士なら違うものをオーダーしてシェアするのもいいかもしれません。写真はそば粉を使って焼き上げられた特製ガレット。是非焼きたてを召し上がってみてください。パリッ!サクッ!の食感と、真ん中のとろ〜りとした卵の対比が絶妙。

おこもりにピッタリな間取りのお部屋

おこもりにピッタリな間取りのお部屋

写真:みぃ

地図を見る

いよいよお部屋とのご対面。それぞれの部屋には日本の花鳥風月をイメージした名前が付けられています。廊下からいきなりドア…という設計ではなく、廊下から引き戸をカラカラと引いて一歩中に入ったところにお部屋の扉があります。ちょっとしたことですがプライバシーが保たれていて安心感があります。

おこもりステイを満喫するなら、お部屋はある程度の広さがあってベッドルームと寛げるリビングは独立した間取りがいいですよね。「天翠茶寮」なら広々としたリビングとベッドルームが独立。テレビはベッドルームと一番離れた場所にありますので、生活リズムが異なる同行者とでも気兼ねなく過ごすことができます。

飛騨高山の天然木で一つ一つ丁寧に作られた家具は、すっと体に馴染む無駄のないデザインと使い心地が魅力です。

おこもりにピッタリな間取りのお部屋

写真:みぃ

地図を見る

ベッドの上もご注目。部屋ごとにデザインの異なるアンティークの帯がリメイクされてベッドスローとして和の彩を添えています。こんなところにも日本の伝統美を感じることができます。

写真の柄は「雲取りに毘沙門亀甲」。着物好きの方や日本の伝統文化・工芸に興味をお持ちの方には嬉しいおもてなしです。

ついついお箸が伸びる至福のメニュー

ついついお箸が伸びる至福のメニュー

提供元:天翠茶寮

https://www.tensui-saryo.com/地図を見る

夕食は、五感で愉しむ日本食。見た目の美しさ・楽しさと、お料理を口にした時の感動は、まさに滞在のハイライトの一つ。うつわを美しく彩る繊細な前菜、近海で獲れた新鮮な魚を使ったお造り。お肉が提供される頃にはお腹もいっぱいですが、宝葉味噌の香ばしい香りが食欲を刺激してくれますので、いつもより沢山食べられることでしょう。
特に、スライストリュフの華やかな香りとともに目の前に届くポルチーニ茸のクリーム茶碗蒸しは、「もう食べられないから一口だけ」と思っていても、全部食べずにはいられない美味しさです。

ついついお箸が伸びる至福のメニュー

写真:みぃ

地図を見る

お料理の最後を飾るのは、専属パティシエ特製秋スイーツ。秋色に衣替えした明星ヶ岳(箱根大文字山)をイメージした美しい一皿です。

とても複雑で繊細な味が楽しめるスイーツで、大の字の後ろのチョコレートムースの中には、赤ワインでコンポートした洋梨とキイチゴのジュレが。かぼちゃのクリームも秋らしい彩です。

食後のスイーツですが、しっかりとしたボリュームがありますので、「スイーツは別腹」という女性には嬉しいサイズです。

おこもりが最高の贅沢!

おこもりが最高の贅沢!

写真:みぃ

地図を見る

木賀温泉のお湯が愉しめる部屋の露天風呂は、目の前の箱根大文字山(明星ヶ岳)を独り占めしているような贅沢な眺望。24時間いつでも好きな時間に入れる温泉の特別感は格別!

露天風呂は木蓋が用意されていますので、入る時に木の葉などを取り除く必要もありません。シャワーは室内に完備。寒い冬でも温泉は露天で、シャワーは室内ですので快適です。部屋にはタオルウォーマーもありますので、タオルもいつでもほっかほかです。

おこもりが最高の贅沢!

写真:みぃ

地図を見る

お部屋の冷蔵庫に入っているドリンクは自由にいただけます。他の方もご一緒の大浴場ではなかなか難しいですが、お部屋の温泉なら水分補給しながら長風呂が愉しめますよね。アルコールは湯船からあがってテラスのテーブルでいただくと良いでしょう。

おこもりが最高の贅沢!

写真:みぃ

地図を見る

ドリンクはアルコールだけではありません。好みの豆を自分で挽いて淹れるコーヒーの用意もあります。異なる豆が3種類用意されていますので、それぞれの香りや酸味、コクなどの特徴を愉しみながら飲み比べることもできます。

豆を挽くのには少し時間がかかりますが、このゆったりと流れる時間もまた最高の贅沢時間と言えるでしょう。

一日のはじまりはこだわりの朝食で

一日のはじまりはこだわりの朝食で

写真:みぃ

地図を見る

一日のはじまりの大事な朝食。「天翠茶寮」の朝食にはこだわりの品々が並びます。箱根西麓の赤土で栽培された上質なお野菜に、土鍋で炊きあげられる5年連続特Aを獲得したお米。ひとつひとつじっくりと召し上がってみてください。胃に優しく沁みわたるような感覚が味わえるかもしれませんよ。

お茶葉鯛は是非お出汁でお茶漬けにしてお愉しみください。臭みのない茶葉鯛は生魚が苦手な方にも「おいしい!」と評判とのこと。

普段は“朝食抜き”という方も、これを機に一日のはじまりの朝食を見直してみてはいかがでしょうか。

「天翠茶寮」で“日本の美と遊ぶ”旅

「おもてなし」「伝統」「和食」「空間・景観」。日々の忙しさの中でゆっくりと触れることのできなかった日本の美を、プライベートな空間で再認識できる場所。そんな特別な大人の宿を箱根という特別な場所で愉しんでみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/11−2017/09/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ