まさに“タイムスリップ通り”!大分県日田市豆田町で江戸散歩

| 大分県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

まさに“タイムスリップ通り”!大分県日田市豆田町で江戸散歩

まさに“タイムスリップ通り”!大分県日田市豆田町で江戸散歩

更新日:2017/09/07 10:56

花村 桂子のプロフィール写真 花村 桂子 九州よかとこ探検家

江戸時代、天領の町として栄えた大分県日田市。なかでも豆田町は、豪商の蔵屋敷や酒蔵、長屋が今なお残る、レトロな町。熊本地震復興支援の観光キャンベーンのロケ地にもなりました。JR九州のCM「キスマイクマモトオオイタ・日田タイムスリップ通り」篇をご覧になった方も多いのでは?日田市豆田町で、お江戸の通りを歩いているみたいな、タイムスリップ気分を楽しみましょう。

江戸時代にタイムスリップ!?日田市豆田町

江戸時代にタイムスリップ!?日田市豆田町

写真:花村 桂子

地図を見る

江戸時代、日田は幕府直轄の天領地として、日田代官所が置かれた城下町。日田の中でも、ご用達商人がたくさん集まっていたのが豆田町。江戸の町割りがよく残り、古い町屋や長屋、裕福な豪商の蔵屋敷などが立ち並ぶ通りは、まるで江戸時代にタイムスリップしたみたい。文化庁の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、日田きっての観光名所となっています。

江戸時代にタイムスリップ!?日田市豆田町

写真:花村 桂子

地図を見る

日田市豆田町の見どころは、JR日田駅から徒歩15分ほどの、「御幸(みゆき)通り」と「上町(うわまち)通り」。平行に走る2本のメインストリートと、それをつなぐ細い小路には、江戸から昭和にかけてのレトロな建物を生かしたお土産物屋やお食事処がたくさんあり、タイムスリップ気分を味わいながら、買物や散策が楽しい!歴史資料館などの見どころも多く、半日ゆっくり遊べます。

「日田土鈴・東光堂」—キスマイクマモトオオイタCMロケ地

「日田土鈴・東光堂」—キスマイクマモトオオイタCMロケ地

写真:花村 桂子

地図を見る

「日田土鈴・東光堂」で、まず目に入るのは、店じゅうに吊るされた、コロンとかわいい小さな土鈴。ねこ、りす、ふくろう、干支12支などの動物たちの土鈴は、とってもキュート。ひとつひとつ丁寧に手作業で作られているので、お顔の表情がみんな違うのです。割れものなので、いくつも繋げてぶら下げたり、セットの小皿に乗せたり、お部屋に飾って楽しみましょう。

「日田土鈴・東光堂」—キスマイクマモトオオイタCMロケ地

写真:花村 桂子

地図を見る

「日田土鈴・東光堂」は、JR九州と大分県熊本県が共同開催している観光キャンペーン「GO!GO!!キスマイクマモトオオイタ ・日田タイムスリップ通り」のロケ地にもなりました。Kis-My-Ft2(キスマイ)メンバーの宮田君が土鈴を愛でているCMを、ご覧になった方も多いのでは?写真は、キスマイメンバーの干支の土鈴を揃えたセットです。

「日田土鈴・東光堂」—キスマイクマモトオオイタCMロケ地

写真:花村 桂子

地図を見る

両手を挙げたラブリーな招き猫も人気の一品。右手は金運を、左手は人を招くとか。わずかに金運を招く右手が高いのが、「日田土鈴・東光堂」の招き猫。”バンザイ(お手上げ)”しているわけではありませんので、ご安心を。黒猫、はちわれ、三毛など、毛並みも様々な猫たちが、仲良く並んで、あなたのお越しを待っています。

日田のご当地B級グルメ「日田焼きそば」がうまい!「宝華ラーメン」

日田のご当地B級グルメ「日田焼きそば」がうまい!「宝華ラーメン」

写真:花村 桂子

地図を見る

日田のご当地B級グルメといえば「日田焼きそば」。パリパリに焼かれた固めの太麺と、シャキシャキもやしの歯ごたえがたまらない人気メニュー。濃厚ソースの懐かしい味と香りの日田焼きそばは、タイムスリップしたような豆田町で味わうのにピッタリな、日田のご当地グルメです。

日田のご当地B級グルメ「日田焼きそば」がうまい!「宝華ラーメン」

写真:花村 桂子

地図を見る

「宝華ラーメン」は、昭和レトロな雰囲気がただよう昔ながらのラーメン屋さん。宝華ラーメンの「日田焼きそば」は、ぜひ紅しょうがをのせて召し上がれ。生ビールとよくあう、濃いめの味付けが引き立ちます。

「岩尾薬舗・日本丸館」豪商の蔵屋敷でタイムスリップ

「岩尾薬舗・日本丸館」豪商の蔵屋敷でタイムスリップ

写真:花村 桂子

地図を見る

豆田町の中心部にある「岩尾薬舗・日本丸館」は、白壁まぶしい三階建ての蔵屋敷。威風堂々としたたたずまいは、天領日田の豪商の栄華かくあらんといった雰囲気で、「中はどうなっているの?」と、ついつい興味をひかれてしまいます。

「岩尾薬舗・日本丸館」豪商の蔵屋敷でタイムスリップ

写真:花村 桂子

地図を見る

岩尾薬舗は、明治から昭和にかけて、赤い小さな丸粒の万能薬「日本丸(がん)」で巨万の富を築いた豪商です。豪華な蔵屋敷は、春(2月15日から5月末日)と秋(9月1日から11月末日)に、資料館「日本丸館」として公開されています(有料)。珍しい薬道具や家財道具など、明治から昭和にかけてのレトロな品々が満載。(岩尾薬舗とギャラリー連は年中公開)

「岩尾薬舗・日本丸館」豪商の蔵屋敷でタイムスリップ

写真:花村 桂子

地図を見る

公開期間中、「日本丸館」は、靴を脱いで、お部屋の中まで上がれます。渡り廊下や細い階段で繋がれた、まるで迷路のような2階の居室は、まるで江戸時代にタイムスリップしたみたい。居心地よさそうな2間続きの隠居部屋、大広間に再現された豪華なおひなさま(秋は金婚式)、空中庭園など、華やかな商家の暮らしが垣間見られます。豆田の天守閣と呼ばれた3階展望楼からは、日田の町並みや、盆地の山々までを一望できる絶景をお楽しみあれ。

日田市豆田町でタイムスリップ散歩を楽しみましょう

日田市豆田町は、江戸時代へタイムスリップしたような、レトロな雰囲気の静かな町。白壁の建物が並ぶ路地から見上げる空は高く、時がゆっくり流れているよう。春の「天領日田おひなまつり」が有名ですが、豆田町は一年中いつでも見どころいっぱい。熊本地震や、九州北部豪雨で大きな被害を受けた大分県日田市ですが、幸い豆田町は変わらぬ姿で、わたしたちを迎えてくれます。ぜひ、九州へ遊びに来てください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ