女子旅に「日光千姫物語」!極上懐石&温泉美エステの極上宿

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

女子旅に「日光千姫物語」!極上懐石&温泉美エステの極上宿

女子旅に「日光千姫物語」!極上懐石&温泉美エステの極上宿

更新日:2017/10/12 13:52

フルリーナ YOCのプロフィール写真 フルリーナ YOC 絶景・感動探究家、旅する音楽講師

強力なパワースポット「日光東照宮」。その“気”の通り道「北辰の道」上に建つ「花衣の館 日光千姫物語」は、極上の懐石料理、温泉やエステを満喫できるパワスポ宿。渓流を臨む絶景と雅な館内はインスタ映えも抜群で、贅な温泉女子の圧倒的支持を得ています。ことに秋には紅葉の絶景をホテルに居ながらにして満喫!日光駅・ホテル間の送迎もあり、東照宮まで徒歩約5分とアクセスも抜群。日光で姫になる旅へ、いざ!

パワースポット“北辰の道”に建つ「花衣の館 日光千姫物語」

パワースポット“北辰の道”に建つ「花衣の館 日光千姫物語」

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

「花衣の館 日光千姫物語」は、世界遺産の二社一寺エリアまでも徒歩約5分の場所に位置する“母娘 女子旅に人気の宿ランキング全国4位”の宿。

「千姫時間」のプロローグは、優しい笑顔と広いロビーの雅な襖絵。これから始まる旅物語に心が躍ります。

パワースポット“北辰の道”に建つ「花衣の館 日光千姫物語」

提供元:「花衣の館 日光千姫物語」

http://www.senhime.co.jp/

襖絵の向こう「こーひーらうんじ花衣」の壁一面に広がるピクチャーウィンドウには、鳴虫山の山肌が映ります。萌える若葉・錦織りなす紅葉・墨絵のような雪景色・・・四季折々の風景は、まるで劇場のようにドラマティック。

ここで、お抹茶や珈琲と日光銘菓を頂きながらチェックイン。珈琲は特注の無農薬豆「千姫バーション」。旅の初めに美味しいおもてなしを受けながら、旅の疲れがスッと癒されていくようです。

パワースポット“北辰の道”に建つ「花衣の館 日光千姫物語」

提供元:「花衣の館 日光千姫物語」

http://www.senhime.co.jp/

「日光千姫物語」は渓谷と大谷川を見下ろす位置にあるため、客室からの景観も抜群。またここは“北辰の道”の線上に位置しています。“北辰の道”とは、北極星・家康の霊廟・陽明門・鳥居、そして江戸城を南北に結ぶエネルギー(気)の通り道。この宿自体が強力な“気”の通るパワースポットなのです。

姫の心を擽る「食」の「美」尽くし

姫の心を擽る「食」の「美」尽くし

提供元:「花衣の館 日光千姫物語」

http://www.senhime.co.jp/

「花衣の館 千姫物語」は、和情緒たっぷりの個室“料亭小路 織姫” でいただく料理自慢の宿。日光特産の湯波と、栃木県産和牛を中心とした懐石料理が評判です。

夕食は「千姫御膳」、さらにグレードの高い「特選懐石膳」、極上の「旬の匠懐石膳」などのプランを用意。どのプランも「美味しい料理を少しずついろいろ楽しみたい」という贅な姫の心を満たしてくれる御膳です。

姫の心を擽る「食」の「美」尽くし

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

香り豊かな食前酒で始まる千姫の御膳。京懐石が専門の平井料理長の料理は、季節感を盛り込んだ美しい細工・深く上品なお味・多彩な食感と、五感を次々と刺激。思わず歓声をあげたくなる雅な器もステキ!日光に来たら味わってほしい日光特産の湯波も、お造り・煮物などで、たっぷりと楽しめます。

写真は8月の「千姫御膳」の前菜。夏の風物詩「鬼灯玉子」など、味のみならず彩りも豊かでフォトジェニック!個室なので、SNS投稿の写真も周りを気にせず、思い切り撮影できますね。

姫の心を擽る「食」の「美」尽くし

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

「千姫御膳」の味しさの秘密は、素材の旨みを時間をかけて丁寧に取り出す出汁。一つ一つの料理にこの出汁の美味しさが生きています。特にタレをつけずに出汁のみで味わう「しゃぶしゃぶ」は、出汁の旨みが肉の甘味と野菜の美味しさを最高に引き立てています。

栃木県が誇る和牛・採りたて新鮮野菜・減農薬の「日光あんしん米」など、安心安全の厳選素材も自慢です。

胸トキメク寛ぎの「千姫時間」温泉&クア施設を楽しもう!

胸トキメク寛ぎの「千姫時間」温泉&クア施設を楽しもう!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

温泉宿での寛ぎタイムはステキな浴衣で過ごしたい。そんな姫のために、女性は可愛い浴衣も選べます。嬉しいのは身長別の3種類のサイズが用意されていること。小さな姫も大きな姫も、ピッタリサイズの浴衣なら、可愛さアップで写真写りもバッチリ!

胸トキメク寛ぎの「千姫時間」温泉&クア施設を楽しもう!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

お楽しみの温泉は、肌に優しい天然単純アルカリ泉。「内湯」「露天風呂」「ジェットバス」の他に、姫方大浴場には美肌効果抜群の「テルマーレミストサウナ」、マイクロ気泡が脂肪や肌の汚れを排出する「シルキーバス」を、殿方大浴場には「ドライサウナ」と「ミストバス」を完備。

また露天エリアのウッドデッキにはリクライニングチェアも置かれています。美しい庭園を眺め、新鮮な甘い空気を吸い、風の音や小鳥の声を聴いていると、心も体も解き放たれていくよう。

胸トキメク寛ぎの「千姫時間」温泉&クア施設を楽しもう!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

こちらの写真は姫方大浴場の脱衣所。ゆったりと配置された洗面化粧台やマッサージチェア、美しい庭園を望む休憩スペースも、温泉女子の心をガッチリ掴んでいます。

そして、思わず微笑んでしまう仕掛けのロッカーも必見。そのひとつひとつに「楊貴妃」「クレオパトラ」「白雪姫」「オードリー・ヘップバーン」等々、憧れの女性の名前がついているのです。これも「女性に姫様気分を味わってもらいたい」という女将の粋な心意気。

エステ&スパ「日光美人」酵素風呂がおすすめ!

エステ&スパ「日光美人」酵素風呂がおすすめ!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

そして「日光千姫物語」に泊まるなら、ぜひ試していただきたいのがエステ&スパ「日光美人」。酵素風呂・岩盤座浴・ボディートリートメント・フェイシャルトリートメント・アロマテラピー・東洋整体などのメニューが揃います。

エステ&スパ「日光美人」酵素風呂がおすすめ!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

特におすすめなのが、日光ではここでしか入ることができない「酵素風呂」。発酵米糠を使い自然発酵させる酵素風呂は、380種類の酵素が皮膚からじっくり浸透、発汗を促がし老廃物を排出し、逆に発酵糠からビタミンや酵素を体に取り入れます。

浴着に着替え、しっとりフワフワの発酵糠に埋もれると、体にじわじわと熱が伝わります。しかしヒーターは使っておらず、全て自然の発酵熱。熱い時には発酵糠から手足を出して温度調節をします。入浴に際しエステティシャンのカウンセリングがあり、体の状態に合わせ酵素浴を管理指導してくれるので安心です。

エステ&スパ「日光美人」酵素風呂がおすすめ!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

20分ほどの酵素浴を終えると、体の芯からポカポカで汗だく。美肌効果のみならず、風邪や体調不良、肩の凝りや疲れにも大きな効果が期待できます。シャワーで汗と発酵糠を洗い流した後は、キャンドルの灯りの中、ハーブティーとドライフルーツを頂きながら寛ぎのひと時。酵素浴後には深い眠を誘う酵素風呂、普段は眠りの浅い方も、ぐっすり熟睡できるでしょう。

センス抜群の館内は建築家の社長とインテリアデザイナーの合作設計。

センス抜群の館内は建築家の社長とインテリアデザイナーの合作設計。

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

女子の胸をキュンとさせる「千姫物語」の美しい館内は、建築家でもある社長とデザイナーとが、女将のセンスも取り入れながら、協力して設計したもの。可憐な浴衣を着てパチリとシャッターを押したくなるフォトスポットもたくさん!

センス抜群の館内は建築家の社長とインテリアデザイナーの合作設計。

提供元:「花衣の館 日光千姫物語」

http://www.senhime.co.jp/

客室は和室・洋室ツイン・和洋室・最上階のレディースルーム・露天風呂付和室・特別室・和洋特別室があり、特別室と和洋特別室には客室数限定で「エアウィーヴ」も導入。ツインルームの窓からは“北辰の道”の起点・東照宮の杜を望み、その他の部屋からは鳴虫山と大谷川の迫力ある展望を楽しめます。

センス抜群の館内は建築家の社長とインテリアデザイナーの合作設計。

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

また「千姫物語」では旅の物語を素敵に紡いでくれる様々なお楽しみも。「こーひーらうんじ花衣」では朝のコーヒーから夜のワインまで楽しめ、毎夜19時半から21時まではピアノの生演奏も入ります。21時から24時までは、庭園を眺めながらお酒を楽しめる「クラブ九重」と、ラーメンや餃子を楽しめる「めんくい姫」がそれぞれオープン。「めんくい姫」では夏季には、四代目徳次郎・日光天然氷のかき氷も楽しめます。

女子旅ならではの美しい日光旅物語を

日光の大自然とオシャレな館内、フォトジェニックな美味しいお料理、寛ぎの温泉とエステ・・・。ちょっと贅沢して自分にご褒美をあげたいとき、お友達とワイワイ楽しみたいとき、大切な人とプライベートな時間をゆったり楽しみたいとき・・・。パワースポット“北辰の道”に建つ「日光千姫物語」は、それぞれに美しい物語を優しく紡いでくれるでしょう。

「日光千姫物語」では、多彩なオプショナルツアーも用意。また東武日光駅・JR日光駅〜日光千姫物語間の送迎サービスも毎日催行(予約不要)。運行時間はMEMOをご覧ください。
それではみなさん、ステキな旅を!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/31−2017/09/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ