ランカウイ島で優雅な休日を「ランカウイ・ヨットクラブ・ホテル」

| マレーシア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ランカウイ島で優雅な休日を「ランカウイ・ヨットクラブ・ホテル」

ランカウイ島で優雅な休日を「ランカウイ・ヨットクラブ・ホテル」

更新日:2017/11/06 19:57

古川 悠紀のプロフィール写真 古川 悠紀 フリーランスライター

マレーシアのランカウイ島は日本人にも近年知られてきている人気のリゾートアイランド。そのランカウイ島で人気の観光エリアであるクアに滞在するのであれば、是非検討してほしいのが今回紹介する「ランカウイ・ヨットクラブ・ホテル」です。ヨットハーバーを一望できる絶景オーシャンビューを満喫できるホテルです。

ランカウイ島最大の繁華街「クア」

ランカウイ島最大の繁華街「クア」

写真:古川 悠紀

地図を見る

ランカウイ・ヨットクラブ・ホテルはランカウイ島で最も栄えているクアにあります。現地人と旅行者双方が入り乱れるショッピングセンターが複数あり、いずれもタクシーで10分程度で行くことができます。ショッピングセンターには免税の島ならではのチョコレートストアが営業していますので、マレーシア産含む世界各国のチョコレートを格安で買うこともできます。

ランカウイ島最大の繁華街「クア」

写真:古川 悠紀

地図を見る

毎日日替わりで場所が変わるナイトマーケットもタクシーですぐに行くことができます。クアのナイトマーケットは最大規模なので、お土産にグルメと心行くまで満喫することができるでしょう。

ペナン島フェリー乗り場まで徒歩3分の好立地

ペナン島フェリー乗り場まで徒歩3分の好立地

写真:古川 悠紀

地図を見る

「ランカウイ・ヨットクラブ・ホテル」からフェリー乗り場までは徒歩3分程度。こちらのフェリーに乗れば、タイのリピ島やペナン島に行くことができます。前者は2時間程度、後者は3時間弱で行くことができます。クアラルンプール経由で帰国する方は、ペナン島を挟むのもおすすめです。1泊でも滞在してイギリス統治時代の西洋建築の町並みを歩いてみてはいかがでしょうか。

船体をイメージした洒落たホテル内部

船体をイメージした洒落たホテル内部

写真:古川 悠紀

地図を見る

入口を抜けると広々としたレセプションが顔を出し、その奥にはヨットハーバーを目前とした眺めのいいカフェがあります。朝食はそこで食べることができます。らせん階段を上がると各フロアに客室へと延びる通路があり、船体をイメージしてか随所に船内を模したインテリアが装飾されています。

船体をイメージした洒落たホテル内部

提供元:Langkawi Yacht Club Hotel

http://langkawiyachtclubhotel.com/地図を見る

客室は9タイプあり、一番狭い部屋でも18平米。二人ならば十分の広さと間取りです。高い天井にはシーリングファンが回転していて冷房の空気を効率よく循環してくれます。おすすめなのはバルコニーのある部屋。ヨットハーバーを眼下にオーシャンビューを一望することができます。

青空も夕焼けも申し分なしのオーシャンビュー

青空も夕焼けも申し分なしのオーシャンビュー

写真:古川 悠紀

地図を見る

同ホテルはヨットハーバーに隣接しているため、そこから見える景色も抜群。カフェ、もしくは部屋のバルコニーから見渡すことができます。また、ホテルの隣にある西洋料理レストランも桟橋沿いで営業しているため、そこからも見ることができます。

青空も夕焼けも申し分なしのオーシャンビュー

写真:古川 悠紀

地図を見る

海に沈むサンセットはランカウイ島の名物。パンタイチェナンのビーチで眺めるのもいいですが、多くの観光客で毎日混雑しているのが残念。同ホテルでは貸し切り気分で夕日が沈むのを眺めることができます。ヨットハーバーと雄大な海が橙に染まり、黒いカーテンに覆われるまでの時間はとても神秘的です。

青空も夕焼けも申し分なしのオーシャンビュー

写真:古川 悠紀

地図を見る

同ホテルに隣接しているレストランでサンセットを眺めている観光客の様子。立地柄レストランを利用するのは宿泊者だけなので、込み合うこともありません。ちなみに同ホテルにレストランはなく、ディナーは隣の西洋料理レストランのみとなります。

朝食はビュッフェ形式で充実

朝食はビュッフェ形式で充実

写真:古川 悠紀

地図を見る

朝食はレセプション奥のカフェで食べることができます。屋根付きのオープンエアは風通しが良く、白いテーブル席が洒落ています。

朝食はビュッフェ形式で充実

写真:古川 悠紀

地図を見る

朝食はビュッフェ方式で、約10種以上の料理を楽しむことができます。料理はマレー料理をはじめ、インド料理やアラビア料理なども用意。マレーシアは西アジア、南アジアの旅行客が非常に多いため日本人には馴染みのない料理を数多く見ることができます。ただし、食べられない人向けに目玉焼きや炒飯、食パンなどもあります。

終わりに

「ランカウイ・ヨットクラブ・ホテル」の最大の特徴は、リゾートアイランドらしい小洒落た景色にあります。繁華街といっても都会の喧騒からは離れた場所に建っているため、静かな夜を過ごすことができます。ランカウイ島でホテル探しをする際は、同ホテルを検討してみてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/05 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ