バックパッカーにもおススメ!台南のアットホームな民宿「大餅之家」

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

バックパッカーにもおススメ!台南のアットホームな民宿「大餅之家」

バックパッカーにもおススメ!台南のアットホームな民宿「大餅之家」

更新日:2017/11/06 19:58

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

台南は名所旧跡が多く、台南ならではのグルメもたくさんあることから、少し長めに滞在したいと思われる方も多いはず。宿泊費を抑えて観光地をたくさん回りたい方におススメなのが「大餅之家」。台南の港町であり、オランダ時代に開発された台湾最古の町、「台湾」という地名のルーツとなった安平地域にあるので、近くに数多くある観光スポットをゆっくり見て回ることができますよ!

「大餅之家」について

「大餅之家」について

写真:湯山 千里

地図を見る

「大餅之家」は「安平樹屋」から西へ向かって、徒歩3分ほどの所にあります。周りは木が多いので、見つけにくいかもしれませんが、西へ向かって歩いていくと左側、奥まった入り口に日本語で「クッキーのうち」と書かれた建物が見えてきます。宿では、手作りパイナップルケーキも販売しているそうなので「クッキーのうち」なんですね。

オーナーご夫妻は管理だけで、ここには住んでいません。ホテルとは違う小さな宿泊施設なので、鍵などは直接オーナーとやり取りしますので、到着時間は必ず連絡してくださいね。到着が夜遅くなる場合や出発が朝早い場合などは前もって相談しましょう。

お部屋は

お部屋は

写真:湯山 千里

地図を見る

写真は、二人まで宿泊可能なシャワー、トイレつきのお部屋。机もあり、普通のお宅の一間を借りているような感じです。必要最低限の歯ブラシ、ドライヤー、ボディソープ、シャンプーなどはそろっています。

お部屋は

写真:湯山 千里

地図を見る

テレビもあります。冷蔵庫はありませんが、ミネラルウオーターが二本あります。タオルとパジャマは持参してくださいね。

なお、シャワールームにはバスタブはありません。

安平の「剣獅」

安平の「剣獅」

写真:湯山 千里

地図を見る

お部屋には安平の「剣獅」も飾られています。「剣獅」とは、清代から伝わるもので、魔よけの効果、幸福を祈願するといった意味があるものです。安平地域の家の門の上や壁の上などに飾られているので、外でもチェックしてみてくださいね。

このほか、二段ベッドが入ったバックパッカー用のお部屋もあります。シャワー、トイレなどは共同ですが、テレビの置かれた公共スペースもあり、ここで交流すれば、友達もできる可能性も!普通の家庭のリビングにいるような感じでくつろぐことができますよ。

まわりには…

まわりには…

写真:湯山 千里

地図を見る

朝食や夕食はついていませんが、「安平老街」も近く、地元台南のグルメもたくさん!写真は台南グルメ「棺才板」。「棺才板」とは、サクサクの揚げパンをくりぬいた中に、とろっとしたシチューが入っているB級グルメです。「安平老街」については別記事にまとめてありますので、リンクをご覧ください。

まわりには…

写真:湯山 千里

地図を見る

また、老街から少し離れると、絶品牛肉スープのお店「安平林牛肉湯」も!こちらは地元民おススメの牛肉スープのお店。新鮮な牛肉をその場で切り分けて調理してくれます。新鮮だからこそレアで味わうことのできる牛肉。牛肉スープ以外にもビーフンなどもメニューもあるので、朝ごはんにいろいろ味わってみてくださいね!「安平林牛肉湯」についても別記事にまとめてありますので、リンクをご覧ください。

台南が産地の魚「サバヒー」粥のお店なども近くにあるので、朝から地元グルメが楽しめますよ!

周辺観光スポット

周辺観光スポット

写真:湯山 千里

地図を見る

周辺には「安平樹屋」「安平老街」以外にも、見所がたくさん。歴史的建造物である「安平古堡」や「億載金城」、安平港国家歴史風景区にある「観夕平台」などへもアクセス便利!「大餅之家」に泊まって是非ゆっくり「安平」を楽しんでください!

アットホームな宿「大餅之家」で台湾家庭気分を♪

現代的なホテルもいいですが、台湾で「民宿」と呼ばれるスタイルの宿もいいものです。アットホームな家庭に招かれたかのような「大餅之家」で、台南を楽しんでみませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/23−2017/08/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ