ラーン川の真珠・ドイツ「リンブルク」で小粋な小旅行

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ラーン川の真珠・ドイツ「リンブルク」で小粋な小旅行

ラーン川の真珠・ドイツ「リンブルク」で小粋な小旅行

更新日:2017/09/12 10:51

藤 華酉のプロフィール写真 藤 華酉

フランクフルトからわずか一時間強。絵に描いたように美しいドイツの古都リンブルクは、華やかな大聖堂、洒落たレストラン、ショッピングを楽しむ事も出来る、ドイツ人に大人気の観光地です。小さくても見どころの詰まっている町は、フランクフルトからの小旅行にぴったりの立地。もう一日ドイツを満喫したい!なんて時に最適な、リンブルクの町をご紹介します。

リンブルクってどんな町?

リンブルクってどんな町?

写真:藤 華酉

地図を見る

リンブルクは、大都会フランクフルトから電車で一時間程度。ラーン川沿いにあり、周囲をワイン畑に囲まれた風光明媚な町です。この町をドイツで有名にしているのは、何と言っても大聖堂でしょう。12世紀から続く、歴史ある大聖堂です。

また、リンブルクはドイツの「木組み街道」に位置しており、お伽噺の舞台のような愛らしい街並みでも人気です。

見た目可愛し、中格好良しの「大聖堂」

見た目可愛し、中格好良しの「大聖堂」

写真:藤 華酉

地図を見る

大聖堂はリンブルクの中央駅から徒歩で20分程度の場所にあります。車窓からも確認できる立派なその姿は、小高い丘の上にある為、町のどこから歩き出しても迷う事はありません。

臙脂色の塗装と真っ白な壁が華やかなリンブルク大聖堂ですが、その起源は遥か10世紀まで遡ります。色鮮やかな外見は日々の手入れと補修のたまものなのです。

見た目可愛し、中格好良しの「大聖堂」

写真:藤 華酉

地図を見る

内部はどっしりとした、重厚な石造りのロマネスク様式が輝きます。3階層の石のアーチは、見る者をファンタジックな世界に導く事間違いなしです。

見た目可愛し、中格好良しの「大聖堂」

写真:藤 華酉

地図を見る

教会を出た後は、その裏手に回ってみるのをお忘れなく。ラーン川を臨む絶景や、中庭が開放されている城、歴史ある墓地を散歩する事が出来ます。更に宗教都市としてのリンブルクを知りたい時には、お隣のドーム博物館はいかがでしょう。歴代の司教の邸宅だった建物が博物館になっています。

どこで食べよう?目移り必須の旧市街

どこで食べよう?目移り必須の旧市街

写真:藤 華酉

地図を見る

リンブルクはドイツ人にも人気の観光地。小さな町ですが、旧市街にはおしゃれなレストランやカフェがひしめき合っています。そのほとんどは歴史的な建造物、木組みの家を改装した建物です。

また、ドイツと言えばビールですが、ラーン川近郊では美味しいワインも造られています。是非ラーン川の白ワインにご挑戦ください。土地のものに興味がある方には、毎週土曜日の午前中には広場で昔ながらの市場も開かれています。日本では見たことのない、珍しい野菜が見つかりますよ。

観光客にも嬉しい!ショッピングモール併設駅

観光客にも嬉しい!ショッピングモール併設駅

写真:藤 華酉

地図を見る

リンブルク駅のお隣には、22時30分まで営業している大きなショッピングモールが併設されています。スーパーやドラッグストアも揃っていますので、忙しい旅行客には嬉しい造り。最後にここでお土産を買い占めてしまうにも便利ですね。

ドイツと言えば古城!まだあります知られざる名所

ドイツと言えば古城!まだあります知られざる名所

写真:藤 華酉

地図を見る

リンブルクからフランクフルトに向かう路線上に建つ、ひときわ立派な中世の城塞の廃墟。まだお時間に余裕がありましたら、「エップシュタイン(Eppstein)」城の見学に行ってみませんか。

エップシュタイン城は駅から徒歩10分程度。リンブルクと同じく木組みの家々が並ぶ村を抜けた丘の上、こちらも中世初期に建てられたお城です。半ば廃墟となっていますが、塔の上からの眺めは絶景です。観光客の少ない穴場のお城ですよ。

終わりに

空港のあるフランクフルトから、少し足を延ばすのに最適な町、リンブルク。小さな町ですが、ドイツらしい魅力が詰まっています。どっしりした重厚な造りの教会は、ドイツのイメージにもピッタリですね。可愛らしい旧市街では、美味しいワインを楽しむ事も、ちょっとしたお土産を買い求める事も出来ます。日帰り小旅行でも、充実した一日が過ごせますよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ