アイスランドで押さえておきたい! 大迫力の間欠泉・滝、そして地球の割れ目

| アイスランド

| 旅の専門家がお届けする観光情報

アイスランドで押さえておきたい! 大迫力の間欠泉・滝、そして地球の割れ目

アイスランドで押さえておきたい! 大迫力の間欠泉・滝、そして地球の割れ目

更新日:2018/02/26 18:06

ヒビノフウケイのプロフィール写真 ヒビノフウケイ ライター

アイスランドといえば、オーロラ鑑賞や日本のCMで話題になった温泉「ブルーラグーン」が有名ですが、大迫力の自然が観光の目玉。間欠泉、滝、さらには地球の割れ目も見られる、世界遺産を含めた3つの名所、通称ゴールデンサークルをご紹介します。アイスランドを訪れたら外せない!定番の観光地です。

ストロックル間欠泉

ストロックル間欠泉

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

首都のレイキャビクから約50キロメートルのところに位置するゴールデンサークル。その一つが、地熱活動の様子や迫力ある間欠泉を見られるストロックル間欠泉です。

冬のアイスランドは夜が長く、夜明けは10時ごろ。夜明けの時間に合わせて訪れると、朝日の中で間欠泉が見られるかもしれません。

<基本情報>
住所:Haukadalsvegur, Geysir, Iceland
電話番号:+354 519 6020
アクセス:日本からのツアー以外では、レンタカー、もしくはレイキャビク発着のゴールデンサークル日帰りツアーに参加します。

ストロックル間欠泉

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

敷地内には、高温のお湯が湧き出たり、蒸気が噴出したり、近づくのは危険な箇所もあります。写真のような注意書きや敷地内をロープで囲われているので、安全に気を付けて楽しみましょう。

ストロックル間欠泉

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

ストロックル間欠泉では、地熱活動のためあちらこちらに立ち上る蒸気が見られます。

天まで届け! 数十メートルも噴き上げる間欠泉

動画:ヒビノフウケイ

地図を見る

数分ごとに噴き上げる間欠泉を見られますが、規則的ではありません。数十メートルもの巨大な間欠泉もあれば、小さいものが2回連続で噴き上げるものもあります。動画の間欠泉は大きな部類に入ります。噴き上げるまでの時間が長いこと。エネルギーをためて、ためて、ためて、一気に大放出! その迫力たるや! ぜひ動画をご覧ください。

氷河の溶けた水、グトルフォスの滝

氷河の溶けた水、グトルフォスの滝

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

ゴールデンサークル、2つ目は「黄金の滝」という意味を持つグトルフォスの滝。ラング氷河の溶けた水により、高さ32メートル2段構えの滝が見られます。水量が多いため、勢いがあり、水しぶきがすごいです。

写真に写る人々を見ると、とても広大で大きな滝であることがわかります。写真後方の白い山は滝の源、ラング氷河です。

絶景を見ながら食事が楽しめる

絶景を見ながら食事が楽しめる

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

滝の近くには、グトルフォスカフェ(Gullfoss Kaffi)があります。カフェには大きな窓があり、絶景を眺めながら、食事が楽しめます。おみやげも売られていて、種類も豊富なので、ぜひここで買い求めましょう。

<基本情報>
住所:801 Selfoss, Blaskogabyggd 801, Iceland
電話番号:+354 486 6500
アクセス:日本からのツアー以外では、レンタカー、もしくはレイキャビク発着のゴールデンサークル日帰りツアーに参加します。

絶景を見ながら食事が楽しめる

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

アイスランド産の食材と水でつくられる料理は、日本料理に通じる繊細さを持ち、ヨーロッパ旅行の想像を良い意味で裏切ってくれるでしょう。食事の量も多すぎず少なすぎず適量。また、水道水を飲める貴重な国でもあります。

ホワイトクリームベースのマッシュルームスープは、絶妙な温度で、冷えた体を温めてくれます。

絶景を見ながら食事が楽しめる

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

アイスランドといえばタラ戦争でも知られるように、タラ漁業が盛ん。肉厚なタラをシンプルに塩こしょうとレモン汁で味付けしたものをいただけます。タラの下にはミズーリーのようなものがあり、サラダと合わせて、ワンプレート料理としていただきます。

地球の割れ目が見られる世界遺産

地球の割れ目が見られる世界遺産

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

ゴールデンサークル3つ目は、世界遺産文化遺産になっているシンクヴェトリル国立公園内でみられるのが地球の割れ目「ギャオ」。割れ目の先は、ユーラシアプレートと北米プレートになっています。地殻変動により、毎年2.5センチメートルずつ広がっているそうです。地球上の大陸の割れ目がこの目で見られるなんて、ロマンですよね。

<基本情報>
住所:Thingvellir, Iceland
電話番号:+354 482 2660
アクセス:日本からのツアー以外では、レンタカー、もしくはレイキャビク発着のゴールデンサークル日帰りツアーに参加します。

地球の割れ目が見られる世界遺産

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

ごつごつした岩にはこけが生えています。白く見えるものもこけなのだとか! アイスランドにはなんと何百種類ものこけが生息しており、野生のハーブとしてアークティックモード社のオーガニックハーブティーにも使われています。

地球の割れ目が見られる世界遺産

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

ギャオからの眺め。広大な大地の中に連続した三角屋根の建物が印象的な風景です。眼下の川の水はとても澄んでいて、夏にはダイビングができるそうです。

大自然の旅を楽しむには、まず備えから!

ご紹介したのはアイスランドの定番観光地のため、それぞれ通路が整備されています。冬に訪れる場合、積雪は見られなくとも、場所によってはアイスバーンになっているところもあり危険です。スニーカーで転倒している人も見受けられます。他人の転倒により巻き込まれる可能性もあるので、ヒヤヒヤすることも。冬のアイスランドには、滑り止めがついた靴で行くことをおすすめします!


2017年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/02−2017/02/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -