空気まで美味しい!北海道ニセコエリアでグルメツアー

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

空気まで美味しい!北海道ニセコエリアでグルメツアー

空気まで美味しい!北海道ニセコエリアでグルメツアー

更新日:2018/06/30 17:31

根岸 早都子のプロフィール写真 根岸 早都子 フリーライター

北海道ニセコ地区は、世界中からスキーヤーやスノーボーダーが極上のパウダースノーを求めて集まるリゾート地。夏にはラフティングなども盛んで、一年中を通してアクティビティが楽しめる場所です。アウトドアのイメージが強いニセコですが、実はおしゃれで美味しいお店がたくさんある、グルメな街でもあります。晴れた日は、蝦夷富士と呼ばれる「羊蹄山」を望みながらのグルメツアーがおすすめです。

まるで果物!イタリアンジェラート「Ruhiel」

まるで果物!イタリアンジェラート「Ruhiel」

写真:根岸 早都子

地図を見る

北海道はアイスクリーム店の激戦区。ニセコエリアでは連日多くの人で賑わいを見せるジェラート店、「Ruhiel(ルヒエル)」が人気です。ニセコの中心地から倶知安町方面に向かう道道343号線沿いにあり、ジェラートの形をしたモニュメントが目印。レンガ調がおしゃれなお店と草木や花が美しいガーデンとのコントラストが素敵です。

「Ruhiel」とは風を司る天使の名前。ニセコの風を感じることができるテラス席からは、美しい羊蹄山が広がります。

まるで果物!イタリアンジェラート「Ruhiel」

写真:根岸 早都子

地図を見る

色とりどりのジェラートは約10種類。季節に合わせて様々なメニューが並びます。北海道産の牛乳をベースとし、新鮮な果物を生で使用。着色料・保存料等は一切使わず、色合いが鮮やかで美しいジェラートはすべて果実、素材そのものの色味です。

さらに水にもこだわりがあり、地下の水脈から汲み上げられている「羊蹄の水」がジェラートのおいしさを一層引き立ててくれます。

まるで果物!イタリアンジェラート「Ruhiel」

写真:根岸 早都子

地図を見る

ルヒエルのジェラートはフルーツ系がおすすめ。夏にはスイカ、秋にはぶどうや桃など、季節ごとに旬の果物が使われています。その都度メニューは変わりますが、どれも果実をそのまま食べているかのような味わいです。

完熟フルーツを生で使っているから、栄養もそのまま。口に入れたときの風味と味わいは、果物にかじりついたかのようなフレッシュさです。

<Ruhielの基本情報>
住所:北海道虻田郡倶知安町字山田34-62
電話番号:0136-21-2355
営業時間:9:00〜18:00(不定休)

カフェのようなお蕎麦屋さん「いちむら」

カフェのようなお蕎麦屋さん「いちむら」

写真:根岸 早都子

地図を見る

JR倶知安駅から車で10分、倶知安町中心部からは約20分。国道5号線からニセコ比羅夫方面へ道道631号線と343号線との分岐点付近には、目を引くおしゃれなお店がいくつか並んでいます。

その中の一つ、「いちむら」は一見カフェのようなお店ですが、本格的な手打ちそばが味わえる人気店。国際色豊かなニセコで、本格的な手打ち蕎麦をぜひご賞味下さい!

カフェのようなお蕎麦屋さん「いちむら」

写真:根岸 早都子

地図を見る

自然な光が差し込む店内は、広々として明るく、木のぬくもりに溢れています。壁一面が窓になっており、生い茂る木々の緑や羊蹄山など、季節ごとのニセコの景色を楽しめます。普段の生活の中では味わえないような、貴重な時間をお蕎麦と一緒にゆっくり堪能できます。

カフェのようなお蕎麦屋さん「いちむら」

写真:根岸 早都子

地図を見る

素材へのこだわりがおいしさの秘密。北海道黒松内産の原そばを契約農家さんから仕入れ、自家製粉したそば粉を使用。更に出汁はカツオやサバなど、5種類の節とニセコの天然水が使われ、蕎麦と出汁以外にも地元産や道産の食材が使われています。

素材にこだわって作られたお蕎麦は、細切りのニ・八そば、十割そば、更科そば、そしてうどんと種類が豊富。しっかりとした噛み応えと風味豊かな味わいです。人気店ですので蕎麦が売り切れ次第終了。並んでも食べておきたいニセコの絶品お蕎麦です。

<いちむらの基本情報>
住所:北海道虻田郡倶知安町字山田68-4
電話番号:0136-23-0603
営業時間:11:00〜15:00(ランチタイムのみ、売り切れ次第終了)

天然酵母のパンとケーキを召し上がれ「ぐずぐず」

天然酵母のパンとケーキを召し上がれ「ぐずぐず」

写真:根岸 早都子

地図を見る

ランチでお蕎麦を堪能した後はやっぱり甘い物がほしくなりますよね。ご紹介するカフェ&ベーカリー「ぐずぐず」は、先ほどご紹介した「いちむら」と同じ敷地内にあるお店。お店からお店へのはしごはグルメツアーの醍醐味です!

お店では、自家製天然酵母を使ったベーカリーが自慢。パンの他にもピザやサンドイッチなどの軽食、ケーキとドリンクのセットなど、ドライブ途中でほっと一息できる嬉しいカフェです。

天然酵母のパンとケーキを召し上がれ「ぐずぐず」

写真:根岸 早都子

地図を見る

ナチュラルでかわいい店内には数種類のパンが並びます。ハード系からお惣菜系、デニッシュ系までと様々。素材にはレーズンから起した(作られた)自家製の天然酵母と北海道産の小麦粉が使われており、添加物は不使用。小さなお子様も安心して食べられます。

噛めば噛むほど風味豊かな小麦の味が口の中に広がり、ふんわりもっちりとした食べ応え。店内のカフェスペースはもちろん、晴れた日にはテラス席でゆっくり味わうこともできます。

人気のパンはあっという間に売り切れてしまうことも。お目当てのパンがある方は、早めに足を運びましょう。

天然酵母のパンとケーキを召し上がれ「ぐずぐず」

写真:根岸 早都子

地図を見る

カフェでもあるお店では美味しいケーキも楽しめます。チーズケーキやガトーショコラなどがあり、ドリンクとのセットメニューも用意されております。テイクアウトもできますので、後からゆっくり味わいたい方にもおすすめです。

<ぐずぐずの基本情報>
住所:北海道虻田郡倶知安町字山田68-5
電話番号:0136-21-4855
営業時間:11:00〜16:00(定休日:毎週月曜日・火曜日)

フレッシュなスムージーとハンバーガーの人気店「セブンスターズカフェ」

フレッシュなスムージーとハンバーガーの人気店「セブンスターズカフェ」

写真:根岸 早都子

地図を見る

グルメツアーの締めは「Seven Star’s Cafe(セブンスターズカフェ)」です。こちらのカフェは先ほどご紹介した「いちむら」や「ぐずぐず」が面している道道631号線と343号線との分岐点から、343号線へ入ってすぐの道沿いにあります。この道道343号線を進んでいくと、最初にご紹介した「ルヒエル」にたどり着きます。

セブンスターズカフェの人気メニューは、イタリアの有名コーヒーブランド「illy」の豆を使ったエスプレッソ、種類が豊富なスムージー、そしてパン生地にじゃがいもを練り込んだニセコバーガーです。

フレッシュなスムージーとハンバーガーの人気店「セブンスターズカフェ」

写真:根岸 早都子

地図を見る

明るくおしゃれな店内には、綺麗にクロスされたテーブル、クッションが並べられたベンチシート、そして席の後ろにはずらりと雑誌が並び、一人で立ち寄ってもゆっくりくつろげる雰囲気が魅力です。旅行は色々と予定を詰め込みがちですが、少し時間を長めにとって、地元のグルメをおしゃれな空間で楽しむのがおすすめです。

フレッシュなスムージーとハンバーガーの人気店「セブンスターズカフェ」

写真:根岸 早都子

地図を見る

種類が豊富なスムージーは迷うこと必至。フルーツのさっぱり系からチョコレートなどの濃厚系までメニューがずらり。ちょっと食べ過ぎたランチの後でも、ドリンクとアイスクリームのいいとこどりなスムージーは、デザートとしても最適です。こちらのカフェにもテラス席が用意されています。

セブンスターズカフェはカフェだけじゃない!

セブンスターズカフェはカフェだけじゃない!

写真:根岸 早都子

地図を見る

セブンスターズカフェの敷地はとにかく広大!お店前から望む、蝦夷富士「羊蹄山」の大パノラマに感動。大自然のど真ん中にいることを実感させてくれます。ニセコのグルメツアーはただ美味しいものを味わうだけでなく、景色を楽しみながら美味しい空気も味わえる素敵なおまけ付きなのです。

セブンスターズカフェはカフェだけじゃない!

写真:根岸 早都子

地図を見る

広々としたテラス席はわんちゃんもOK!最近は愛犬と一緒に旅行される方がとても多いので、家族みんなで一緒に入れる場所が一つでも多いのは嬉しい限りです。更にオレンジを浮かべたお水が用意されており、グルメツアーにはありがたいサービス。お店の心遣いが感じられます。

セブンスターズカフェはカフェだけじゃない!

写真:根岸 早都子

地図を見る

テラス席の横には、遊具も設置されております。ちょっとした公園気分に小さい子供は大喜び!羊蹄山の絶景にわんちゃんOKのテラス席、そして滑り台やブランコが楽しめる遊具と立ち寄りたくなること間違いなしです。

<Seven star’s cafe(セブンスターズカフェ)の基本情報>
住所:北海道虻田郡倶知安町字山田72-1
電話番号:0136-23-3334
営業時間:7:00〜14:00(不定休)

ニセコエリアのグルメツアーは営業時間を考慮して効率よく回ろう!

グルメツアーの一番のポイントはお店の営業時間。行きたいお店が決まっている場合、営業時間と場所を考慮すると、効率よく回れます。朝早くからオープンしているお店で朝食やブランチ、ランチメインのお店で昼食、夕方までやっているお店でデザートと予定を立てておき、時間に余裕を持って行動すれば、スムーズ。ただ、売り切れ次第終了のお店は、オープン時間と同時か、ゆとりを持って少し前に着いているのが理想です。

2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/05/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -