まるでジブリの世界!秋田「あがりこ大王」巨大奇形ブナの紅葉が神秘的

| 秋田県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

まるでジブリの世界!秋田「あがりこ大王」巨大奇形ブナの紅葉が神秘的

まるでジブリの世界!秋田「あがりこ大王」巨大奇形ブナの紅葉が神秘的

更新日:2017/09/15 10:39

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

あがりこ大王(秋田県にかほ市)は、鳥海山麓・中島台の奇形ブナ群最大の巨木で、林野庁の「森の巨人たち百選」にも選定されています。
奇形の原因は伐採後の新芽発育による変形と推定されますが、その姿は神秘的。大王以外にも多数の奇形ブナがあり、大王を守る将軍のように見えます。このように何故か擬人化して見え、スタジオジブリのアニメ映画を彷彿とさせる世界観が魅力的。秋には美しい紅葉に彩られ一層幻想的です!

「あがりこ大王」へ続く紅葉の遊歩道

「あがりこ大王」へ続く紅葉の遊歩道

写真:藤田 聡

地図を見る

「あがりこ大王」付近の森は「中島台レクリエーションの森」と呼ばれます。奥には獅子ヶ鼻湿原もあり、連続して木道の遊歩道が整備されています。アップダウンも少なく、ハイキング気分で気軽に散策出来ますが、唯一の難点が熊の生息域であること。よって熊鈴は必携ですし、全ては自己責任です。

駐車場には、公衆トイレや遊歩道の絵地図もあります。分岐は多くありませんが、念の為に地図をスマホで撮影して、必要な時に見られるようにしておきましょう。秋の森は写真のように美しく、紅葉狩りを楽しみながら散策出来ます。

なお、写真右下の「地図を見る」をクリックすると、撮影場所の詳細地図が表示されます。しかし、木道は掲載されていないので、絵地図の撮影がおすすめです。

紅葉の奇形巨木群が次第に擬人化!?目を疑う幻想的な光景

紅葉の奇形巨木群が次第に擬人化!?目を疑う幻想的な光景

写真:藤田 聡

地図を見る

駐車場から徒歩約35分で、あがりこ大王と獅子ヶ鼻湿原の分岐点に到着します。先に「あがりこ大王」を見て元気を貰うのがおすすめですが、大勢のグループが向かう姿が見えた時などは、先に獅子ヶ鼻湿原へ行きます。

あがりこ大王へ向かい始めると、周囲のブナが湾曲して変形して見え、目の錯覚かと驚きますが、錯覚ではありません。これが奇形ブナで、次第に変形が大きくなり巨大化して行きます。

紅葉の奇形巨木群が次第に擬人化!?目を疑う幻想的な光景

写真:藤田 聡

地図を見る

中島台は「あがりこ大王が棲む森」と呼ばれますが、奇形ブナは何故か擬人化して見えます。しかも、どのブナも非常に個性的な形をしているので、個性的なキャラクターが次々に登場する、スタジオジブリのアニメ映画を彷彿とさせます。

紅葉の奇形巨木群が次第に擬人化!?目を疑う幻想的な光景

写真:藤田 聡

地図を見る

奇形ブナの巨木は「あがりこ大王」周辺だけでなく、獅子ヶ鼻湿原周辺にもあります。写真は一番奥の様子で、巨大ブナが行く手を阻むように仁王立ち。人間の小ささから、ブナの巨大さを痛感します。この圧倒的なブナの存在感が最大の魅力です!

さらに2017年には、新スポット「あがりこ女王」も誕生。場所は後で紹介する鳥海マリモの先で、新設された木道を入った所です。

「あがりこ大王」の紅葉

「あがりこ大王」の紅葉

写真:藤田 聡

地図を見る

「あがりこ大王」への道は南へ進むので、晴天時に到着すると太陽が正面にあり逆光状態。しかし、この角度から眺めた時が一番風格があり、正面に違いありません。

盆栽も表と裏があり幹に注目して鑑賞しますが、大木や巨樹の鑑賞法も同様。木製ベンチがあるので、座って存分に鑑賞して樹齢300年以上の生命のパワーを分けて貰います。まさにパワースポットです!

「あがりこ大王」の紅葉

写真:藤田 聡

地図を見る

「あがりこ大王」の「あがりこ」とは、地面から上がった所で子供の枝が分岐しているという意味。炭焼き目的の伐採箇所に新芽が生えて誕生したと言われる、奇形ブナに相応しい名前です。つまり「あがりこ」とは中島台の奇形ブナ全体の総称で、その最大のブナが「あがりこ大王」と呼ばれているのです。

なおブナの紅葉は真っ赤ではなく、黄色から黄金色に変化。新緑が有名ですが、紅葉も絶景です!

燭台ブナは「あがりこ大王」の直前

燭台ブナは「あがりこ大王」の直前

写真:藤田 聡

地図を見る

「あがりこ大王」の直前には「燭台ブナ」があり、大王を守る最後の将軍のような風格があります。名前の由来は、燭台のような形に枝が分岐しているから。真横から見ないと、その形に見えないので要注意です。

獅子ヶ鼻湿原の鳥海マリモも必見!

獅子ヶ鼻湿原の鳥海マリモも必見!

写真:藤田 聡

地図を見る

「あがりこ大王」を見たら、隣接する獅子ヶ鼻湿原の鳥海マリモも必見。マリモという名前ですが球体ではなく、川底に敷き詰められた藻です。清流の水を通して見ると抹茶味の水羊羹のように見え、美しさが際立ちます。

獅子ヶ鼻湿原は、一周するとアップダウンがあります。絶景が目的なら湧水の「出つぼ」側には行かずに、鳥海マリモ側の単純往復がおすすめ。付近に新設された「あがりこ女王」を見れば、大半の絶景を制覇した事になります。

「あがりこ大王」だけじゃない!秋田の紅葉は栗駒山や八幡平も必見

「あがりこ大王」を中心に、中島台の奇形ブナの紅葉を紹介しました。周辺は鳥海山の山麓で紅葉スポットが多数あります。秋田県の紅葉としては、栗駒山や八幡平も断然おすすめ。別の記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります。)

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ