紅葉狩りに最適な秘湯!山形・滑川温泉「福島屋」の絶景露天風呂

| 山形県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

紅葉狩りに最適な秘湯!山形・滑川温泉「福島屋」の絶景露天風呂

紅葉狩りに最適な秘湯!山形・滑川温泉「福島屋」の絶景露天風呂

更新日:2017/09/20 16:52

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

滑川温泉「福島屋」(山形県米沢市)は、秘湯の一軒宿。周辺には秘湯が多く、米沢八湯や置賜秘湯八泉と呼ばれます。山深く一面の森に囲まれ、特に新緑や紅葉が絶景。露天風呂で温泉に入浴しながら紅葉狩り出来る上に、内湯や客室等の館内至る所から紅葉の眺望を楽しめます!
多数の浴場を湯めぐり出来る温泉三昧の宿で、日帰り入浴でも利用可能。滑川温泉「福島屋」の魅力を紅葉露天風呂の絶景を中心に紹介します!

- PR -

滑川温泉「福島屋」は一面の紅葉に包まれる秘湯!

滑川温泉「福島屋」は一面の紅葉に包まれる秘湯!

写真:藤田 聡

地図を見る

滑川温泉「福島屋」は川に面した秘湯で、川で滑って手をついた所が暖かかった事から、温泉を発見したのが名前の由来。川の対岸の山肌が春の新緑と秋の紅葉で彩られる様子が特に美しく、断然おすすめの季節です!

山中の一軒宿ですが、日本秘湯を守る会に加盟しているので知名度は抜群。奥には姥湯温泉「桝形屋」もあり、温泉好きなら二軒とも日帰り入浴するのが定番コースになっています。詳細な場所は、写真右下の「地図を見る」をクリックすると、詳細な地図が表示されます。

紅葉を長く楽しめる!岩の露天風呂

紅葉を長く楽しめる!岩の露天風呂

写真:藤田 聡

地図を見る

滑川温泉「福島屋」の浴場の中で眺望が一番良いのが、川の上流にある岩の露天風呂です。混浴の露天風呂ですが、女性専用時間帯も設定されているので、時間に合わせて行けば女性でも存分に楽しめます。時間割は宿のホームページに、清掃時間も含めて詳細に出ているので、参照して下さい。

周囲が十分に紅葉しているのに、露天風呂の真上の木だけが青々としています。露天風呂の湯気の暖かさで、紅葉が遅れているのです。温泉場では、このような事はよくあります。真上の木が色付く頃には、周囲の紅葉は終わってしまうので、周囲の紅葉が見頃に時期に行くのが正解です。

紅葉を長く楽しめる!岩の露天風呂

写真:藤田 聡

地図を見る

今でこそ、インスタ映え抜群の紅葉写真を皆がSNSに上げてくれますが、紅葉の見頃時期に温泉を訪れるのは、本来は非常に困難です。何故なら、たった一日の木枯らしで、見頃の紅葉が一夜にして枯れ葉になってしまう事もあるから。紅葉の本当の見頃は、天候に恵まれても数日間しか続かないのです。

しかし、この岩の露天風呂は秀逸で、紅葉を長く楽しめます。最初に川の上流の彼方に見える山の頂上が紅葉し、次第に周囲が紅葉し、最後に真上の木が紅葉します。このように、三段階で順番に紅葉して行くので、周囲の紅葉見頃を逃しても、山の紅葉か真上の木の紅葉が見られる可能性が残ります。

対岸の紅葉を望む!檜の露天風呂

対岸の紅葉を望む!檜の露天風呂

写真:藤田 聡

地図を見る

滑川温泉「福島屋」には、もう一つ檜の露天風呂があります。川の対岸の紅葉が目前に迫り、紅葉狩りに最適。曇天でも美しさは分かりますが、やはり晴天の日に太陽に照らされた紅葉の美しさは最高です!

内風呂からも紅葉を一望!

内風呂からも紅葉を一望!

写真:藤田 聡

地図を見る

滑川温泉「福島屋」には、石造りの混浴内湯と女性専用内湯もあります。両者とも天井が高く、湯気が篭もらないのが特徴です。秋には内湯の窓からも、一面の紅葉を楽しめます。

写真では分かり難いかもしれませんが、青味かかった白濁の湯に、紅葉と青空が写り込んだ様子が本当に絶景。入浴して波を立てて景色が映り込むのを邪魔したくない、ずっとこのまま眺めていたいと思う、うっとりとする光景です!

滑川温泉「福島屋」周辺には紅葉名所が勢揃い!

滑川温泉「福島屋」周辺には、紅葉名所と秘湯が多く揃っています。特に有名なのが、姥湯温泉「桝形屋」と大平温泉「滝見屋」。穴場としては広河原温泉「湯の華」も、名物の間欠泉と紅葉を同時に楽しめます。

滑川温泉「福島屋」の紅葉見頃は、例年10月中旬頃です。その頃には福島県裏磐梯周辺の紅葉も見頃の場所が増えているので、周遊して楽しむのがおすすめ。別の記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります。)

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ