台湾の魚市場&朝市巡りなら台南・安平「魚市場」「公有市場」へ!

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

台湾の魚市場&朝市巡りなら台南・安平「魚市場」「公有市場」へ!

台湾の魚市場&朝市巡りなら台南・安平「魚市場」「公有市場」へ!

更新日:2017/09/18 12:17

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

台湾には至るところに朝市があるのが魅力ですが、観光で台湾を訪れても魚市場へ行ったことのある方は少ないのでは?あまり知られていない、地元に密着した市場に行きたい!と考えている方におススメなのが台南・安平にある魚市場&朝市。市場グルメもご紹介します!また、深夜から始まる魚市場には水揚げされたばかりの新鮮でキラキラのお魚がたくさん!お魚好き必見です!

- PR -

台南・安平地域と魚市場

台南・安平地域と魚市場

写真:湯山 千里

地図を見る

台南・安平は、歴史ある港町で、名所旧跡や地元グルメも多いことから休日となると台湾各地から観光客が訪れる人気の観光地です。港町であることから、鮮魚で名高い魚市場もあります。しかも、安平にある魚市場は台湾の中でも特別で深夜12時頃から営業が始まるんです!

台南・安平地域と魚市場

写真:湯山 千里

地図を見る

船が魚市場の外に着くと、水揚げされたばかりの魚介類が運び込まれ、生きたまま飛び跳ねている姿も!キラキラのお魚に思わず目を奪われます。日本では見かけない魚もたくさん!お魚好きならいつまでもここにいたいと思うはず!朝6時頃まで営業しているので、夜中から朝まで心ゆくまで滞在することができます。

台南・安平地域と魚市場

写真:湯山 千里

地図を見る

台南を代表する魚について

台南を代表する魚について

写真:湯山 千里

地図を見る

台南を代表する魚と言ってまず挙げられるのが「サバヒー」。白身の淡白な味の魚で、英語ではミルクフィッシュと呼ばれています。台湾南部では、昔から、産卵のためにやって来たサバヒーの稚魚を捕まえ、養殖してきたので、漁獲量も台湾が世界で上位。安平港のまわりが有名な養殖地なので、「安平魚」という別名がああります。「サバヒー」は傷みやすいので、夜中から早朝に買い付けられたものが早朝から午前中に調理されます。台湾の中でも台南が一番朝ごはん屋さんなどで見かけることが多く、他の地域では見かけないことも。台南を代表する魚なんです。

台南を代表する魚について

写真:湯山 千里

地図を見る

このほか、スープなどにピッタリの巨大な魚「タマカイ」や縞のある「セトダイ」なども!さまざまな種類の魚が見られますよ!

台南を代表する魚について

写真:湯山 千里

地図を見る

卸売り市場のため多くが箱単位で売買されていますが、交渉すれば量り売りも可能!宿にキッチンがあれば買って帰って調理することもできます。

台南・安平の朝市「安平公有零售市場」

台南・安平の朝市「安平公有零售市場」

写真:湯山 千里

地図を見る

安平漁港に近い「安平公有零售市場」は、1997年にリフォームされた二階建てで冷房設備がある朝市。朝から魚をさばく屋台も出ています。

台南・安平の朝市「安平公有零售市場」

写真:湯山 千里

地図を見る

写真はサバヒーをさばいているところ。骨がたくさんある魚なので、それをきれいに取り除きながらさばくのは長年の技!冷房設備があるだけあって、食材の鮮度は抜群です。

台南・安平の朝市「安平公有零售市場」

写真:湯山 千里

地図を見る

こちらが下処理の終わった「サバヒー」。

市場グルメもたくさん!

市場グルメもたくさん!

写真:湯山 千里

地図を見る

「安平公有零售市場」では、新鮮な食材が手に入りますが、観光で来ているので料理ができない、という方にはすでに調理された市場グルメがおススメ。

地元安平の人おススメの市場グルメはこちら「肉圓」。お店は市場1階に出ています。「肉圓」は台湾の屋台などでよく見かけるグルメの一つ。サツマイモの粉などの生地で肉を包んで油で揚げたり、蒸したりしたものですが、こちらのお店の「肉圓」は、肉だけでなく、エビが入っているのが特徴。弾力性のあるぷるぷるの皮に包まれた「肉圓」のあつあつの蒸かしたてを購入できます!

市場グルメもたくさん!

写真:湯山 千里

地図を見る

台湾式の煮物で人気の「阿雄仔」。量り売りなので、かごに好きなものを好きなだけとってお店の人に渡しましょう。

市場グルメもたくさん!

写真:湯山 千里

地図を見る

早朝、まだお店の人が並べている途中なのに、お客さんが選ぶ姿も!おかずにもおつまみにもなる台湾式の煮物、こちらも1階にあります。

このほか「愛玉(オーギョーチ)」などのスイーツもあるので、気になるものがあったら是非買って味わってみてくださいね!

台湾の魚市場&朝市巡りが楽しめる台南・安平「魚市場」「公有市場」

安平は観光地というイメージが強いですが、実は港町ならではの朝の光景も楽しめるんです!魚市場、そして朝市を訪れて、地元で暮らしているように台湾の旅を楽しんでみませんか。きっと、思いがけない食材やグルメの発見があるはずです!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ