参加型で怖くない!レゴランド・ジャパンのハロウィン「BRICK-OR-TREAT」

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

参加型で怖くない!レゴランド・ジャパンのハロウィン「BRICK-OR-TREAT」

参加型で怖くない!レゴランド・ジャパンのハロウィン「BRICK-OR-TREAT」

更新日:2017/09/21 10:51

HIRATA ERIKOのプロフィール写真 HIRATA ERIKO 格安子連れトラベラー、名古屋フカボリライター、レゴランド・ジャパン愛好家

レゴランド・ジャパンにも、ハロウィンの季節がやってきました。「トリック・オア・トリート」をもじった「ブリック・オア・トリート」をテーマに、さまざまな参加型イベントが用意されています。

そして最大の特徴は、怖くないということ。小さな子どもが心おきなく楽しめるよう、細かく配慮されています。限定グッズやフードも登場していますので、しっかり予習してくださいね!
家族で楽しめる旅行先はこちら

レゴハロウィン!パーク全体がハロウィン仕様に変身

レゴハロウィン!パーク全体がハロウィン仕様に変身

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

レゴランド・ジャパンのエントランスを抜けると、目に飛び込んでくるのがレゴブロックでできたジャイアントパンプキン。約62,000個のレゴブロックを使用した、高さ約1.4m、横幅約2.3m、奥行き約1.8mの巨大なカボチャです。
ほがらかに笑っているのがレゴランド・ジャパンらしいですね。

ここは撮影ブースになっており、裏側には子ども用の高い台も用意されています。親指と人差し指のL字型を両手で作ったら、「レゴハロウィン」の掛け声でとっておきの一枚を撮ってください。

レゴハロウィン!パーク全体がハロウィン仕様に変身

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

レゴランド・ジャパンのキャラクターが総出演する「スマイルコネクション」もハロウィンバージョンになり、限定キャラクターが登場します。観客席の前方には子どもたちのための特別エリアがあり、ショー後半には一緒に踊れますよ。

レゴハロウィン!パーク全体がハロウィン仕様に変身

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

自分のミニフィグとスタッフの名札についているミニフィグを交換できる、「ミニフィグ・トレード」をご存知でしょうか。ハロウィン限定のミニフィグを持っているスタッフを探してレッツ・トレード!

たくさんのミニフィグを持っている方は、「ミニフィギュア・トレーディングバッグ」もオススメ。12体のミニフィグを収納できる透明のポケットがついている、ハロウィン限定仕様のバッグで、購入するとミニフィグを1体もらえます(ミニフィグの種類は選べません)。

子どもたちが喜ぶ、参加型イベントが多数

子どもたちが喜ぶ、参加型イベントが多数

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

レゴランド・ジャパンのハロウィンは、基本的に参加型。楽しませてもらうのではなく自ら楽しむスタイルなので、子どもたちが飽きずに過ごすことができるのです。

エントランス横には「レゴパンプキンパッチ」の特設ブースが設けられ、オリジナルのパンプキンをつくれるようになっています。完成したら、ジャイアントパンプキン前のステージに飾りに行きましょう。

※帽子はレゴランドの商品ではありません。

子どもたちが喜ぶ、参加型イベントが多数

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

「B」「R」「I」「C」「K」の5つのスタンプを集めて「キャンディステーション」へ行くと、お菓子をもらえます。特別なバッジをつけているスタッフを探してスタンプを押してもらいましょう。ハロウィン仕様のかわいいスタンプは、このためにつくられたオリジナルです。

子どもたちが喜ぶ、参加型イベントが多数

提供元:LEGOLAND Japan

https://www.LEGOLAND.jp/

10月からは、バケツを持ってお店をまわってお菓子をもらう「ハロウィン・スウィーツ・ボックス」も始まる予定。子どもたちにとっては、お菓子入りのバケツを買うよりも大きな楽しみになりますね。

これは楽しい!自分でつくれるハロウィン・スウィーツ

これは楽しい!自分でつくれるハロウィン・スウィーツ

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

参加型なのは、イベントだけではありません。ハロウィンオリジナルデコレーションキットは、子どもたちが自分でデコレーションできるおやつ。パンプキンをつくれるカップケーキと、おばけをつくれるブラウニーの2種類があります(写真はブラウニーのキット)。

これは楽しい!自分でつくれるハロウィン・スウィーツ

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

ファクトリー・サンドウィッチ・カンパニーで陳列されているキット購入すると、スタッフがクリームの絞り袋を持って席までやってきて作り方をレクチャーしてくれます。クリームを絞ったあとは、トッピング。さて、どんなおばけ(パンプキン)になるでしょうか?

これは楽しい!自分でつくれるハロウィン・スウィーツ

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

見本なんて気にしない子どもたちだからこそ、唯一無二のスウィーツが完成します。食べられてしまうまえに、記念撮影をお忘れなく!

フォトジェニック!パンプキン尽くしの限定フード

フォトジェニック!パンプキン尽くしの限定フード

提供元:LEGOLAND Japan

https://www.LEGOLAND.jp/

インスタ映えするハロウィン限定フードも見逃せません。

食事メニューはこちら、ナイト・テーブル・レストランの「まるごとハロウィンパンプキンシチューセット」。かぼちゃの器に入ったビーフシチューに、かぼちゃのスープ、プチデザートがついたセットです。

フォトジェニック!パンプキン尽くしの限定フード

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

秋らしいモンブランも、同じくナイト・テーブル・レストランで提供されています。キャラメルナッツソースのかかったかぼちゃのモンブラン(写真)とベリーソースのかかったホワイトモンブランの2種類。パンプキンのモナカは、やっぱり満面の笑顔です。

フォトジェニック!パンプキン尽くしの限定フード

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

各エリアのフードスタンドにも、大きなキャンディなどハロウィン限定のおやつが並びます。ピット・ストップ・ジュース・アンド・ドライブで販売されているカスタードクリーム入りのお餅は、ひんやり冷たくてもちもち!ハッピードーナツにも、このお餅が1個トッピングされています。

レゴ・ファクトリー・ツアーで、限定ブロックをゲット

レゴ・ファクトリー・ツアーで、限定ブロックをゲット

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

パーク内で製造されるレゴブロックも、この期間のみハロウィンデザインになっています。レゴ・ファクトリー・ツアーに参加すると、この限定デザインのブロックがもらえますので、何度も通っている方も今回はぜひ見学してください。

また、お土産ショップでつくれる名前入りのキーチェーンも、ハロウィン限定の文字色や記号が選べるようになっています。レアなキーチェーンがつくれるチャンスですよ。

レゴ・ファクトリー・ツアーで、限定ブロックをゲット

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

人気のお土産、オブザベーション・タワーをモチーフにしたチョコレートクランチや、ボールチョコレート缶もハロウィン限定デザインで登場。ほどよくポップなデザインがかわいいですね。バッグやレゴブロック用のストレージボックスなど、ハロウィン限定グッズもあります。

11月6日まで!ハロウィン・コスチューム・コンテストも開催

レゴランド・ジャパンのハロウィンイベント「BRICK-OR-TREAT」は、11月6日(月)まで。金土日月は、子ども限定でハロウィン・コスチューム・コンテストも行われます。優勝者には約1万円分のレゴ関連商品がプレゼントされますので、奮って参加しましょう。

家族で楽しく参加できるレゴランド・ジャパンのハロウィンイベント。さあみんなで、ブリック・オア・トリート!

(C)2017 The LEGO Group

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -