まるでハロン湾にエーゲ海!岡山ブルーラインで紺碧の絶景

まるでハロン湾にエーゲ海!岡山ブルーラインで紺碧の絶景

更新日:2018/03/05 14:04

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する光と影の写真家、タイと台湾に詳しい旅作家
岡山県岡山市東区君津から岡山県備前市蕃山を結ぶ道路は「岡山ブルーライン」と呼ばれており、無料で走行できます。この道路に瀬戸内の紺碧の海を見下ろせる絶景ポイントが!

まるでヴェトナムのハロン湾を思わせる「片上大橋」からの眺め。見事な景観「一本松展望園」。そして日本のエーゲ海と言われる「牛窓」はすぐ近く。瀬戸内海とはかくも美しい海であったかと、驚かされることでしょう。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外出自粛要請が出されている都道府県があります。各種報道機関の発表や自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

岡山ブルーラインとは

岡山ブルーラインとは

写真:大里 康正

地図を見る

1974年から順次開通していったのが岡山県道397号寒河本庄岡山線で、通称「岡山ブルーライン」です。当初は有料だったのですが、2004年以降は全線無料となっています。324kmの2車線で海あり、山あり、田園風景ありのとても美しい道。

近隣の住民、業務、観光で車を運転する人は、近くの国道2号線を一般道として使います。この「岡山ブルーライン」は2号線の混雑時に迂回路として利用されますがあまり知られておらず、長めの良いこちら側の混雑がひどいということはほぼ無い状況なのです。

まるで日本のハロン湾!片上大橋からの眺め

まるで日本のハロン湾!片上大橋からの眺め

写真:大里 康正

地図を見る

まずは片上地区について。行政区としては備前市となります。片上大橋がかかる片上湾ですが、古い時代から港として利用されてきており、歴史があることでも知られています。

まるで日本のハロン湾!片上大橋からの眺め

写真:大里 康正

地図を見る

備前市側から岡山ブルーラインを走行してくると、少しして見えてくる片上大橋。この橋の前後にそれぞれ普通車が数台駐車できる場所がありますので利用してみましょう。

まるで日本のハロン湾!片上大橋からの眺め

写真:大里 康正

地図を見る

片上大橋からの眺めは、まるでヴェトナムのハロン湾を見ているような美しさ。紺碧の中に見える数多くのカキ筏。見事な空と海の青さを、しばし堪能してみましょう。

大橋の上を歩く際には、くれぐれも行き交う車にご注意願います。

<基本情報>
アクセス:岡山ブルーライン備前インターより3分

濃い緑と遠くに見える瀬戸内海「一本松展望園」

濃い緑と遠くに見える瀬戸内海「一本松展望園」

写真:大里 康正

地図を見る

片上大橋から岡山市方向に走行すると、道路の両側に無料駐車場がある一本松ICが見えてきますので停車。ここが道の駅「一本松展望園」で、目指すは展望園の左奥にある展望台です。

展望台から眺める瀬戸内の海ははるか遠くに小豆島まで見えることから、瀬戸内の絶景を存分に楽しむことができるでしょう。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

一本松展望園は売店、子供の遊び場、食事処も充実

一本松展望園は売店、子供の遊び場、食事処も充実

写真:大里 康正

地図を見る

一本松展望園は他にも充実した観光地となっています。展望台近くにあるミニ鉄道公園。様々な子供用の乗り物があり、小さな子供がいる家庭ではここで休憩することがベストチョイスとなるのでは。

一本松展望園は売店、子供の遊び場、食事処も充実

写真:大里 康正

ミニ鉄道公園内には岡山を走る新幹線、ローカル線のレールが実物展示されておりとても珍しい場所と言えます。小さな子供よりもむしろ大人が楽しめるのではないでしょうか。

一本松展望園は売店、子供の遊び場、食事処も充実

写真:大里 康正

地図を見る

他にも飲食店や売店が充実しており、旅の途中の休憩場所として利用してみましょう。

<基本情報>
住所:瀬戸内市邑久町尻海3539
電話:0869-25-0891
アクセス:岡山ブルーライン沿線道の駅

日本のエーゲ海「牛窓オリーブ園」からの眺め

日本のエーゲ海「牛窓オリーブ園」からの眺め

写真:大里 康正

地図を見る

ここまで来たら訪ねておきたいのが「牛窓オリーブ園」です。岡山ブルーラインから少しそれることになりますが、距離にして10km弱。ブルーラインを楽しむ車なら、あっという間です。もちろんこちらにも無料駐車場が完備されています。

日本のエーゲ海「牛窓オリーブ園」からの眺め

写真:大里 康正

地図を見る

敷地面積は10ヘクタールにもなる広い場所。そこにオリーブの木が約2,000本あり、その規模はこれまたオリーブで有名な小豆島オリーブ園に並ぶものなのです。オリーブショップの上から眺める瀬戸内海はまさに日本のエーゲ海。息をのむ美しさを楽しみましょう。

日本のエーゲ海「牛窓オリーブ園」からの眺め

写真:大里 康正

地図を見る

オリーブ園は見どころがたくさん。山頂広場、散策路もあるのでたっぷりとした時間を確保しましょう。また、オリーブ畑の中には宿泊施設もあるので、ゆっくりと夜を過ごし、満点の星を眺めるのも良い思い出になるのでは。

<基本情報>
住所:瀬戸内市牛窓町牛窓412-1
電話:0869-34-2370

最後に

岡山ブルーラインは知る人ぞ知る、山海の美しき風景を楽しめる道となっています。日本にいながらまるでヴェトナムのハロン湾やギリシャのエーゲ海の眺め。国内でこれほど自然を楽しめる道も珍しいのでは。

ドライブ旅で見事な瀬戸内海を楽しみ、岡山の魅力を堪能してみてはいかがでしょうか。


2018年03月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -