Instagramで話題沸騰!ロサンゼルス・サルベーションマウンテン

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

Instagramで話題沸騰!ロサンゼルス・サルベーションマウンテン

Instagramで話題沸騰!ロサンゼルス・サルベーションマウンテン

更新日:2018/08/02 11:16

risaa xoxoのプロフィール写真 risaa xoxo モデル

ここ数年で日本のインスタ女子たちの間で大人気の旅行先・サルベーションマウンテン。数々の雑誌やMVのロケ地としても話題のスポットです。正面からの写真は有名ですが、一体中身はどうなっているの?正面以外にも見所はあるの?
ロサンゼルスの中心部から車でおおよそ3時間の、砂漠に突如として現れるサルベーションマウンテンの魅力をご紹介します。

そうです、これがサルベーションマウンテン!

そうです、これがサルベーションマウンテン!

写真:risaa xoxo

地図を見る

旅好きの皆さんなら、一度は目にしたことのあるこの写真!そう、これがサルベーションマウンテンの代名詞ともいわれる景色。ビビットなカラーリングの巨大なモニュメントには、大きなハートとLOVEの文字。
ロサンゼルスから車を3時間ほど走らせた何もない砂漠の中に、突如として現れるカラフルなこのモニュメントは到着早々、来た甲斐があった!!と思わせる場所。

そうです、これがサルベーションマウンテン!

写真:risaa xoxo

地図を見る

向かって右側にあるLOVEのゲートをくぐると様々なお部屋があります。階段を使って山に登ることができますが、時間や時期によっては登れないことも。ボランティアの人たちがこのサルベーションマウンテンを守るためにペンキを足したりしているのです。

砂漠の真ん中という立地のため、雨が降ってしまうという心配もなし!スカッと晴れた空に映えるカラフルなサルベーションマウンテンをいつでも撮影できるのは、私たちツーリストには嬉しいポイントのひとつです!

テーマ別に分かれたお部屋もSo Cute!

テーマ別に分かれたお部屋もSo Cute!

写真:risaa xoxo

地図を見る

ゲートをくぐって左手にある小さな入り口を入ると、洞窟のような作りになった水色のお部屋がお目見え。まるでおとぎ話のようなメルヘンなイラストで埋め尽くされた小さなお部屋!
小鳥が飛んでいたり、チューリップが描かれていたり、細部にまで渡って想いがたくさん詰まっています。とっても小さなお部屋なので、ワイドに撮影できるカメラがあると便利!

テーマ別に分かれたお部屋もSo Cute!

写真:risaa xoxo

地図を見る

ブルーのお部屋を出て向かいの入り口を進むと、まるでシリアルをちりばめたかのようなお部屋が。お菓子のお家のような、今にも食べられそうなほどカラフルな色遣いで「わぁー!!!」と叫びたくなるほどキュート。
よく見ると、車のドアや小さな窓には小鳥が飛んでいたりと見る度に発見があります。

テーマ別に分かれたお部屋もSo Cute!

写真:risaa xoxo

地図を見る

「GOD IS LOVE」と大きく描かれたこちらの壁。実はこのサルベーションマウンテンのテーマ。作者のレオナード・ナイト氏が神様への愛を込めて30年間もの歳月をかけて作り上げた宗教的な作品なんです。
サルベーションマウンテンには他にも、「THE HOLY BIBLE」や「JESUS」などといったレオナード・ナイト氏のメッセージがたくさん刻まれています。残念ながらレオナード・ナイト氏は2014年に亡くなってしまったのですが、今でもボランティアの方々によってこのサルベーションマウンテンは守られています。

フォトジェニックSPOTのご紹介

フォトジェニックSPOTのご紹介

写真:risaa xoxo

地図を見る

レインボーの背景に大きなハートが描かれたこの場所は、まさにフォトジェニック!シンプルながらも色遣いが独特、ポップでかわいいアートです。
この背景とマッチするお気に入りのファッションで撮影するべし!

フォトジェニックSPOTのご紹介

写真:risaa xoxo

地図を見る

目線を変えてみるのがオリジナリティのある写真を撮影するポイント。メインのマウンテンからみて右側にあるゲートにはLOVEの文字が描かれていますが、時間によって太陽の位置が変わり、LOVEのシルエットが浮かび上がってきます!強い太陽の光のおかげでくっきりシルエットがみえるのもこの砂漠地帯の気候ならでは。

フォトジェニックSPOTのご紹介

写真:risaa xoxo

地図を見る

メインのマウンテンの周りにはバイクや車などがあり、その全てにアートが施されています!こちらのトラックは作者のレオナード・ナイト氏が寝泊まりしていたとされるシボレーの51年型のトラック。ほぼキャンプ状態で毎日制作活動を行っていたというから驚きです。タイヤもパンクしていますが、そのタイヤにまでキュートなイラストが描かれています!
サルベーションマウンテン内部だけでなく、その周りのものも忘れずにチェックしてくださいね!

砂漠のど真ん中ということを忘れずに!

砂漠のど真ん中ということを忘れずに!

写真:risaa xoxo

地図を見る

ロサンゼルスから車で3時間ほどかかるこのサルベーションマウンテン。自分たちで車で行く他に、日本語のツアーなども催行されています。どちらで行く場合にしろ、忘れないでいただきたいのが「砂漠のど真ん中に突如として現れる」という立地!

カラっと晴れていてとても気持ちのいい気候ですが、暑い時は50℃にもなることがあるんです!サングラス・日焼け止め・帽子・水分は必須です。また、近くにコンビニなども無いのでおやつやドリンクなどは事前に用意していくことをオススメします。

写真だけじゃ伝わらないサルベーションマウンテンの魅力

いかがでしたでしょうか?インスタグラムなどで見るサルベーションマウンテンの、写真だけでは読み取ることのできない、行ったからこそわかる魅力をお伝えしました。
サルベーションマウンテンには、作者レオナード・ナイトさんの30年間もの想いや細部にまでこだわったアートがあります。ロサンゼルスの中心部からは少し遠いですが、フォトジェニックなだけではない、愛がたくさん詰まったHAPPYになれる素敵な場所です!
是非一度、訪れてみてくださいね!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/01−2016/10/02 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -