フォトジェニックな世界遺産の島・イビサで楽しむ街歩き

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

フォトジェニックな世界遺産の島・イビサで楽しむ街歩き

フォトジェニックな世界遺産の島・イビサで楽しむ街歩き

更新日:2017/09/21 10:36

松田 朝子のプロフィール写真 松田 朝子 トラベルジャーナリスト、ライター

ヨーロッパの可愛い街並みとクリアなビーチを一緒に楽しめるのが、スペインのイビサ島。欧米から観光客が押し寄せる7月〜9月は、街もビーチも人がいっぱいでホテルも高めですが、10月以降は比較的静かです。ゴージャスなホテルも安く泊まれ、暖かい日中ならば海にも入れます。クラブのイメージが強いイビサですが、島そのものが世界遺産にも指定されているのです。静けさを取り戻した街を、カメラを手に歩いてみましょう。

中世にタイムスリップ! 要塞ダルト・ヴィラの中は絵になる風景の連続

中世にタイムスリップ! 要塞ダルト・ヴィラの中は絵になる風景の連続

写真:松田 朝子

地図を見る

イビサは紀元前7世紀にフェニキア人によって創設され、その後、ギリシャ、カルタゴ、ローマ、アラブなど、様々な国の支配下に置かれ、変化を繰り返してきた地域です。そんな変遷を感じるのは、最古の歴史地区であるダルト・ヴィラ。地中海の要所に位置するイビサを外敵から守るため、16世紀にアラゴン王国(現スペイン)の王によって、ここには厳重な要塞が築かれました。

中世にタイムスリップ! 要塞ダルト・ヴィラの中は絵になる風景の連続

写真:松田 朝子

地図を見る

荘厳な石造りのタウレス門をくぐり、城壁の中に入ると、まるで中世のような白い建物が。外壁に花が飾られた家々は、ギフトショップやカフェなどになっているので、冷やかしながらのそぞろ歩きが楽しめます。

中世にタイムスリップ! 要塞ダルト・ヴィラの中は絵になる風景の連続

写真:松田 朝子

地図を見る

フォトジェニックな建物を探しつつ、迷路のような小径をたどっていくと、やがてダルト・ヴィラの頂上へ。そこには14世紀に建てられたという、イビサ大聖堂があり、美しい礼拝堂に思わず引き込まれるでしょう。

イビサの街を一望!昼夜賑わうダルト・ヴィラ

イビサの街を一望!昼夜賑わうダルト・ヴィラ

写真:松田 朝子

地図を見る

頂上の展望台からは、イビサの街と港が一望のもと。青い海を挟んで、新旧の白い建物が向きあう様子が見られます。世界遺産とモダンな街という二つの顔を持つ、なんともイビサらしい風景をここでは楽しめるでしょう。

イビサの街を一望!昼夜賑わうダルト・ヴィラ

写真:松田 朝子

地図を見る

要塞の中には、ホテルもあります。ミラドール・デ・ダルト・ヴィラは個人宅を改装して造られたという、ゴージャスな5つ星のプチホテル。

イビサの街を一望!昼夜賑わうダルト・ヴィラ

写真:松田 朝子

地図を見る

ダルト・ヴィラは夜になるとライトアップされ、イビサタウンを照らします。また、要塞の中のレストランやバーなどは、石畳の通りにテラス席を設け、ひときわロマンチックなムードに包まれます。

新旧のイビサが楽しめる、島最大の街イビサタウン

新旧のイビサが楽しめる、島最大の街イビサタウン

写真:松田 朝子

地図を見る

旧市街と呼ばれる地域は、島内最大の街イビサタウン。細い路地が入りくむ石畳の小径から港に面した大通りまで、新旧のイビサが楽しめます。ここではイビサらしい白いレースのワンピースなどから、MANGOやZARAなど、スペインのファストファッションも揃います。

新旧のイビサが楽しめる、島最大の街イビサタウン

写真:松田 朝子

地図を見る

イビサタウンには有名クラブのショップもあるので、クラブに行かなくとも、気分だけ味わうこともできるでしょう。そんなイビサタウンはいつも、観光客や地元の人で賑わっています。

新旧のイビサが楽しめる、島最大の街イビサタウン

写真:松田 朝子

地図を見る

とびきり新鮮なシーフードを楽しむなら、オススメは港に面したレストランテ・クルブ・ナウティコ。ここは、船で働いている人や地元の人が利用する大衆食堂的なレストランです。なのでゴージャスな演出こそありませんが、たくさんのヨットが停泊するデッキで、サンセットとライトアップするダルト・ヴィラの両方を楽しみながらのディナーはロマンチックです。

イビサ産の伊勢海老が丸ごと入ったブイヤベースは最高。鍋ごと出てくるので、2人以上でシェアしないと食べられませんが、バゲットにアリオリソース(ガーリックとオリーブオイルのペースト)をつけながら、またオリーブをつまみながら食べると、どんどん食べられてしまいます。それに合わせてワインも進む、進む!

イビサでは、10、11月になると初夏までクローズしてしまう店もありますが、ここは通年営業。ただ、なるべく漁のある日(スペインでは月曜日が漁は休みになる)にいくことを勧めます。

イビサタウンからビーチはすぐ近く。街歩きの後はハッピーアワーでサンセット鑑賞

イビサタウンからビーチはすぐ近く。街歩きの後はハッピーアワーでサンセット鑑賞

写真:松田 朝子

地図を見る

イビサタウンから1kmくらいのところには、プラジャ・デ・フィゲレタスというビーチがあり、500mくらい続く砂浜に面して、ホテルやレストラン、コンドミ二アムなどが立ち並びます。この辺りにステイすると、ビーチも街も徒歩圏で楽しめるので便利です。

イビサタウンからビーチはすぐ近く。街歩きの後はハッピーアワーでサンセット鑑賞

写真:松田 朝子

地図を見る

毎日、サンセットタイムには、海沿いのレストランではハッピーアワーが始まります。カクテルを傾けながら、暮れゆく海を楽しむのは、イビサならではの楽しみ。たくさん店があるので、日を変えていろいろな店に入ってみたいもの。一人用タパスセットのあるところも多く、5品くらいで12ユーロ前後で楽しめます。

ゆったり楽しむ、秋のイビサ島

地中海で一番綺麗な海と言われているイビサのビーチも、夏の盛りから静けさを取り戻し、ゆったりと旅をするのにはこれからがいい季節。
もちろんサンセットの美しさや、中世の街並みは季節を問いません。
この秋、カメラを片手にふらっとイビサを訪れてみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/01−2017/07/08 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ