季節感あふれる夕食が美味!蔵王「たかみや瑠璃倶楽リゾート」

| 山形県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

季節感あふれる夕食が美味!蔵王「たかみや瑠璃倶楽リゾート」

季節感あふれる夕食が美味!蔵王「たかみや瑠璃倶楽リゾート」

更新日:2017/10/02 18:34

佐藤 らなこのプロフィール写真 佐藤 らなこ 総合旅行業務取扱管理者

皮膚を強くするとされる泉質が評判で、「美肌の湯」とも呼ばれる山形県蔵王温泉は開湯1900年。自然を満喫できる東北屈指のマウンテンリゾートでもあり、四季を通して多くの人が訪れます。蔵王温泉「たかみや瑠璃倶楽リゾート」は、すべてのお部屋がマウンテンビューで、美しい山の風景を楽しめるロープウェイ乗り場が目の前という好立地!季節感あふれる美味しい夕食とスタッフの温かいおもてなしにも癒されます。

著名な建築家とデザイナーの手による洗練された佇まい

著名な建築家とデザイナーの手による洗練された佇まい

提供元:たかみや瑠璃倶楽リゾート

http://www.zao.co.jp/rurikura/地図を見る

近未来的な外観が特徴的な「たかみや瑠璃倶楽リゾート」は、蔵王温泉にある宿泊施設の中ではひと際目立つ存在です。こちらは、東京都庁舎やフジテレビ本社ビル等を手掛けた建築家の故・丹下健三氏により設計されました。いろいろと角度を変えて建物を見てみると、そのスタイリッシュさをより感じることができます。

著名な建築家とデザイナーの手による洗練された佇まい

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

外観だけではなく、中のパブリックスペースにも注目です。ロビーには、フェラーリ等のデザインを手掛けた工業デザイナー、奥山清行氏がコーディネートした家具が置かれています。明るくお洒落でセンスのいい空間でくつろいでいると、リゾート気分も自ずと高まってきます。

ロビーの奥にあるラウンジ「ヒルサイドテラス」では、Happy Hourとして17〜18時の間、1杯¥300でアルコールやコーヒーを楽しむことができます。開放感いっぱいのラウンジの大きな窓から夕日に照らされた山々を眺めていると、気持ちがとても落ち着きます。

眺望良し!すべてのお部屋がマウンテンビュー

眺望良し!すべてのお部屋がマウンテンビュー

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

「たかみや瑠璃倶楽リゾート」は全客室数40室中30室が洋室で、他に和洋室や露天風呂付の和室があります。すべてのお部屋がマウンテンビューで、ゲレンデ(蔵王ロープウェイ)側か朝日連峰側かのいずれかを望むことができます。※写真は、最上階(8階)の洋室です。

遠くを見たり、緑や青といった自然の色を見たりすることは、日ごろ酷使している目を休ませることにもなり、心身のリラックスに効果があります。お部屋の窓辺のソファーに座って、お茶でも飲みながら、ゆっくりと蔵王の景色を眺めましょう。

眺望良し!すべてのお部屋がマウンテンビュー

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

こちらは、最上階(8階)エレベーターホールからの眺めです。「たかみや瑠璃倶楽リゾート」の周囲には高い建物がないので、このように遠くまで景色を見渡すことができます。温泉地を囲む山々やゲレンデの緑、冬には一面真っ白な銀世界が目の前に広がります。滞在中ずっと蔵王の大自然を感じていたいという方におすすめのホテルです。

季節感あふれるお料理を美味しく味わうディナータイム

季節感あふれるお料理を美味しく味わうディナータイム

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

「たかみや瑠璃倶楽リゾート」の夕食は、和食がメインです。季節感あふれるお料理の数々は目にも楽しく、前菜ひとつをとっても季節を感じられる工夫がいっぱいです。写真は秋の「旬菜和膳」の前菜で、いちじくやあけび、みずこぶ、もって菊など山形の旬の特産品がふんだんに盛り込まれています。素材を生かした優しい味付けです。

季節感あふれるお料理を美味しく味わうディナータイム

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

写真は、メイン料理の山形県産の黒毛和牛の陶板焼きです。あつあつでとろけるお肉がたまりません。「たかみや瑠璃倶楽リゾート」の夕食では、こういった温かいものを提供するタイミングにはとても気を遣っています。お食事のペースをよく見ていて、時には声をかけて、個々に合ったタイミングでお料理を持ってきてくれます。出来立てを美味しく味わってほしいという思いが伝わってきますね。

季節感あふれるお料理を美味しく味わうディナータイム

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

さらに「たかみや瑠璃倶楽リゾート」では、ひとつひとつのお料理を給仕担当の方が丁寧に説明してくれます。一見シンプルに見えるお料理でも、食材についてはもちろんのこと、納得のいく品ができあがるまでの料理長の試行錯誤の様子など背景がわかるので、より美味しくいただくことができます。(※メニューはご予約のプランや時期により異なります)

細かな気遣いとおもてなしに心がほわっと温まる

細かな気遣いとおもてなしに心がほわっと温まる

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

「たかみや瑠璃倶楽リゾート」では、お客さまのことを考えたおもてなしが細かいところにまで見受けられます。例えば、こちらの爪楊枝入れ。夕食の際にテーブルに添えられています。細長い形のものはよく見かけますが、この手の込んだシャツ柄は珍しい!お土産に持って帰りたくなります。ひとつひとつスタッフの方が手作りしています。

細かな気遣いとおもてなしに心がほわっと温まる

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

そして、夕食の際に準備されているお箸!持った瞬間に「ん?いつもと何か違う」と感じる方がきっといるはず。持ち手の部分が細くなっていて、手にしっくりと馴染みます。ちなみにこのお箸は売店で販売していますので、気に入った方はぜひお土産に。

このように細かなところまでしっかり考えられていることに感心させられると同時に、そんなおもてなしに触れるとなんだか心がほわっと温かくなります。

蔵王温泉ならではの強酸性の湯で美肌になろう

蔵王温泉ならではの強酸性の湯で美肌になろう

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

蔵王温泉の泉質は強酸性で硫黄も含み、肌と血管を若返らせる効果があるといわれています。特に皮膚に良いという評判を聞き、蔵王温泉を訪れる方も多く、皮膚炎の治癒はもちろん美肌を手に入れるのにおすすめの温泉地です。

蔵王温泉ならではの強酸性の湯で美肌になろう

写真:佐藤 らなこ

地図を見る

「たかみや瑠璃倶楽リゾート」の温泉は源泉かけ流しです。さほど刺激は強くなく、ゆっくり入っていられるので、その効能が優しく身体に沁みこんでいく感覚を味わえます。

こちらには残念ながら露天風呂はありませんが、同じたかみやグループ4軒の宿の湯めぐりができます。最も近いのは徒歩約7分「ホテルルーセントタカミヤ」です。趣の異なるお風呂をぜひ楽しみましょう。

「たかみや瑠璃倶楽リゾート」へのアクセスと周辺情報

蔵王温泉までは山形駅からバスで約45分。到着する蔵王バスターミナから「たかみや瑠璃倶楽リゾート」までは徒歩約10分です。送迎もあります。また、駐車場が建物の中にあるので、車で訪れた方にとっては雨や雪などをさほど気にしなくていいところが嬉しいです。

そして、蔵王ロープウェイの乗り場が目の前というアクセスの良さが「たかみや瑠璃倶楽リゾート」のいちばんのポイント。ロープウェイからは四季を通して新緑に紅葉、樹氷と、山の景色を楽しめます。とにかく蔵王の自然を満喫したい方に絶好の場所です。

ホテルの近く(徒歩約5分圏内)にはコンビニやお土産屋、飲食店や日帰り入浴施設がありますが、15分ほど歩くと温泉街の中心地に着きます。足湯や共同浴場があるので、ぜひタオルを持って出かけましょう。ホテルの周囲とは異なる温泉街の風情を味わえます。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/16−2017/09/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ