ドバイ観光にプラスしたい巨大モール「イブン バトゥータ モール」

| アラブ首長国連邦

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ドバイ観光にプラスしたい巨大モール「イブン バトゥータ モール」

ドバイ観光にプラスしたい巨大モール「イブン バトゥータ モール」

更新日:2017/10/06 15:06

マイア 五十嵐のプロフィール写真 マイア 五十嵐 ライター、ワールドトラベラー

ドバイといえば世界一高い高層ビル「ブルジュカリファ」に隣接するドバイモールが有名。一日では周り切れないショッピングモールがいくつかあるドバイでオススメしたいモールがもう1つ。それは14世紀のモロッコの旅行家 イブン バトゥータ モールが旅をした国々をテーマに造形建築が素晴らしい巨大モール「Ibn Battuta Mall(イブン バトゥータ モール)」です。旅から更なる旅に来た気分になります!

「Ibn Battuta Mall(イブン バトゥータ モール)」への行き方

「Ibn Battuta Mall(イブン バトゥータ モール)」への行き方

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

ドバイには世界一長い無人鉄道リニアモーターカーが走っています。石油大国が隣接するドバイはタクシーは日本より断然安いですが、ここは折角なのでそのリニアモーターカー=メトロをオススメします。

その理由は、メトロと言っても地下ではなく日本で言う高速道路の高さほどを走って行くので、高層ビルや街並みをタクシーよりもずっとよい景観が見れるからです。NYや東京の高層ビル街とは違い、砂漠に出来た近未来都市といった感じでしょうか。新しいビルが軒並み並んでいたり、途中閑散として何もなかったり、パームジュメイラがある海が見えたりと見応えあるシーニックビューです。

「Ibn Battuta Mall(イブン バトゥータ モール)」への行き方

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

ドバイモールのある「ブルジュカリファ/ドバイモール駅」から行く場合、ドバイメトロのレッドラインに乗車し、約30分(11駅)。「イブン バトゥータ モール駅」で下車します。※写真が下車駅

<チケット購入>
チャージ式のチケットのカード種類はゴールド、シルバー、レッドとありますが、観光客ならレッドカードで十分。16ディルハム(カード購入費2ディルハム、初期チャージ14ディルハム)で、一日乗り放題です。(10回までチャージ可能で90日間利用可能)

※ドバイメトロは飲食禁止です。ガム・キャンディもNGですので乗車時には注意が必要です。

「Ibn Battuta Mall(イブン バトゥータ モール)」への行き方

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

駅を背にすると目の前の遠方に大きなショッピングモールの建物が見えます。いくつか入口はありますが、写真のエジプトモールが一番近いです。

6つのテーマごとの建築・内装が素晴らしい

6つのテーマごとの建築・内装が素晴らしい

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

ドバイモールやエミレーツモールのような煌びやかさはありませんが、エジプト・チュニジア・アンダルシア・中国・インド・ペルシャと6つのコートに分かれており、そのテーマに合った内装が見応えあるのがこのショッピングモールの魅力です。まるでショッピングモールという名のテーマパークにいるかのような感覚になります。

※写真はアンダルシアコートの入り口にあるライオンの噴水

6つのテーマごとの建築・内装が素晴らしい

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

ペルシャコートには世界一美しいといわれるスターバックスコーヒーがあります。スタバファンの方には、なお必見の価値あり!圧巻のモザイク天井を眺めながら、ぜひコーヒーブレイクを。

6つのテーマごとの建築・内装が素晴らしい

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

ドバイモールやエミレーツモールに比べると地元の人が多く、どちらかと言えばファミリー向けのショッピングモールです。チュニジアコートにあるGeant Hyper Market(ジャイアント・ハイパーマーケット)にはぜひ足を運んで見てください。現代のリアルな中東の食文化を見ることができます。

写真はスーパーマーケット内。手前はデリなどが並びます。ドバイは外食をするとそれなりの金額もかかるので、デリを活用するのもいいですね。

半端ない種類のスパイス・豆・ナッツ類

半端ない種類のスパイス・豆・ナッツ類

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

スーパーは量り売りの食材から市販食品、ドラッグストアまで豊富に揃います。中でも他の諸外国でもなかなか見ることができない量り売りのスパイス・豆・ナッツ類の種類が半端ありません。
マサラ1つにおいてもチリパウダー1つにおいても日本では見ることができない圧巻の種類です。

それぞれの表示に英語表記あります。

半端ない種類のスパイス・豆・ナッツ類

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

オススメは中東で人気のZa’atar(ザータル/写真手前)、タイムやオレガノ、煎りごま、スーマックという中東のスパイスをミックスして作られたもの。他にマジョラムなどをブレンドされたものなどもあり、配合はその店にもよって違います。

その奥にあるかぼちゃの種のような緑のものはカルダモンの実です。この中にスパイスとなる種が黒胡椒のような形でいくつか入っています。

さらに奥の胡桃のようなものはレモンを乾燥させたもの。シチューなどの煮込み料理に入れると爽やかな風味になります。

半端ない種類のスパイス・豆・ナッツ類

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

中東では主流のスイーツであるディーツ(ナツメヤシ)。クレオパトラも食べていた?!と言われるほど女性の美容に良い果実です。栄養価も高いことから砂漠を旅する人たちが携行した食材としても知られます。チョコレートがコーティングされたものなど、種類・包装も色々あり、ドバイ中心街で買うよりも割安価格です。

ドラッグエリアには、日本でも人気の「クレオパトラの石鹸」もあります。他のモールよりも断然空いているのでゆっくりお土産探しをするのにも最適です。

旅の一日はドバイメトロを活用すると効率的

世界最高層のブルジュカリファや宇宙から唯一見える人工島のパームジュメイラなど何もかも世界一を目指すドバイですが、中東の人々のごく普通な日常を覗くのもその国を訪れた楽しみの1つです。スークなどの市場も古い中東の生活文化に触れることができますが、買い物やゲームを楽しむ家族連れが集うローカル色溢れる週末の光景もよいものです。

レッドラインの駅にはエミレーツモールやドバイマリーナなどもあるので、一日この路線で効率的に観光を楽しめます。パームジュメイラへはこの路線の駅からタクシーで一周りするのも良いでしょう。

<Ibn Battuta Mall イブン バトゥータ モールの基本情報>
住所:Sheikh Zayed Rd, Dubai
電話番号: +971 4390 9999
アクセス:ドバイメトロ イブン バトゥータ駅下車
営業時間:10時〜22時 (木・金・土 は深夜0時まで)

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ