日光・絶景の紅葉ドライブルート5選!紅葉狩りも温泉も

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

日光・絶景の紅葉ドライブルート5選!紅葉狩りも温泉も

日光・絶景の紅葉ドライブルート5選!紅葉狩りも温泉も

更新日:2017/09/28 15:00

フルリーナ YOCのプロフィール写真 フルリーナ YOC 絶景・感動探究家、旅する音楽講師

紅葉の名所として知られる栃木県日光市は、紅葉を楽しむ変化に富んだ絶景ルートも数多く存在しています。また、栃木県は湧出する源泉数が約600と、関東で最多を誇る温泉天国。秋の日光は絶景紅葉狩りドライブを温泉のコラボ旅がオススメです。紅葉時期は車も混みますが渋滞の起きにくい穴場の絶景ルート、また、紅葉の見頃や日帰り入浴の情報もご紹介。秋は紅葉狩り&温泉の絶景ドライブ旅へGO!

日光といえば「いろは坂」は外せない!

日光といえば「いろは坂」は外せない!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

日光「いろは坂」は日本の道100選にも選ばれている名道。第一・第二いろは坂には合わせて48もの急カーブがあり「い・ろ・は」48文字がそれぞれのカーブに名づけられ高差440mの九十九折の道を登っていきます。

日光市街の温泉はJR日光駅目の前の「日光ステーションホテルクラッシック」、東照宮から徒歩5分の「日光千姫物語」などの宿泊施設や、「やしおの湯」などで日帰り入浴が可能です。

【紅葉の見ごろ:10月中旬から下旬頃】

日光といえば「いろは坂」は外せない!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

第二いろは坂の展望スポットは「黒髪平」と「明智平」。一枚目の写真とこの写真は「黒髪平」。ここには「日本の道百選・いろは坂の碑」があり、日光連山といろは坂の九十九折の道を見ることもできます。駐車場が混んでいなければぜひ立ち寄ってくださいね。

日光といえば「いろは坂」は外せない!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

明智平からはロープウエイで「明智平展望台」まで足を延ばしましょう。男体山と中禅寺湖、そして湖から流れ落ちる華厳の滝の大パノラマが広がります。

いろは坂は紅葉の季節の休日は大渋滞が起こるので、混雑を避けたい方は平日の早朝が狙い目。明智平から中禅寺湖間は対向2車線になりますので、中禅寺湖から訪れることも可能です。

<明智平ロープウエイの基本情報>
所在地: 栃木県日光市細尾深沢
電話:0288-55-0331
休業日:3月1日〜15日(整備のため)
営業時間:9:00〜16:00(天候により運休有り。紅葉シーズンは時間延長のことも有り)

日光イチオシの絶景ドライブは「中禅寺湖スカイライン」

日光イチオシの絶景ドライブは「中禅寺湖スカイライン」

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

日光イチオシの絶景ドライブは「中禅寺湖スカイライン」。スタートは“日光富士”と言われる男体山の一番美しい姿を望める“歌が浜駐車場”。ここはトイレ休憩を兼ねてぜひ途中下車を。

歌が浜駐車場からは“中禅寺湖”の名の由来ともなった美しい朱塗りの“中禅寺社殿”と真っ赤な紅葉のコラボを見ることができます。

【紅葉の見ごろ:10月中旬頃】

日光イチオシの絶景ドライブは「中禅寺湖スカイライン」

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

中禅寺と大使館別荘エリアを過ぎると、スカイラインの名にふさわしく、勾配のきつい坂道をグングンと登ります。右手に湖が見え始めると絶景に次ぐ絶景。風景に気をとられて事故を起こさないように気を付けてくださいね。

<中禅寺スカイラインの基本情報>
所在地:栃木県日光市中宮祠
通行時間:8時30分〜17時
開通期間:4月下旬から11月(積雪により変更有り)

日光イチオシの絶景ドライブは「中禅寺湖スカイライン」

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

まず最初のビューポイントは中禅寺湖展望台。ここからの眺めも素晴らしいですが、ここはぜひ八丁出島まで見渡せる半月山展望台まで行きましょう。半月山展望台へのアクセスは、中禅寺スカイライン終点の半月山駐車場から、30分〜40分ほどハイキングとなります。天気が良ければハイキングの途中、筑波山や富士山まで見渡せるビューポイントも!

中禅寺湖周辺エリアでの温泉は、眺めの良い露天がある「ホテル湖上苑」「ホテル四季彩」「中禅寺金谷ホテル」などで日帰り入浴可能です。日帰り入浴の時間帯などは各ホテルにお問い合わせください。

「竜頭の滝〜湯元温泉」戦場ヶ原は草紅葉!

「竜頭の滝〜湯元温泉」戦場ヶ原は草紅葉!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

中禅寺湖から竜頭の滝でのドライブコースは湖畔に沿ってゆく美しい道。途中下車にオススメは「二荒山神社中宮祠」「中禅寺湖ボートハウス」「西6番園地」など。さらに菖蒲が浜を経て竜頭の滝へと向かいます。

竜頭の滝は男体山噴火時に噴出した軽石流が、かつて湖だった戦場ヶ原を埋め尽くし流れて出来た滝。ゆるい傾斜を210m流れます。滝壺から滝上まで美しい散策路があるのでぜひ歩いてみてください。

【竜頭の滝の紅葉の見ごろ:10月上旬〜下旬】

「竜頭の滝〜湯元温泉」戦場ヶ原は草紅葉!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

竜頭の滝を過ぎると滝上までは中禅寺湖を望むカーブが続き、やがて戦場ヶ原が現れます。写真は「戦場ヶ原展望所」からの秋の戦場ヶ原の撮影スポット「カラマツの金屏風」。心にしみる詩情あふれる風景です。

戦場ヶ原近辺の温泉は光徳牧場手前の光徳温泉。森の中の一軒家「日光アストリアホテル」が唯一の宿で、湯元温泉からの引き湯を日帰りで楽しめます。

【戦場ヶ原の草紅葉:9月下旬から10月上旬】

「竜頭の滝〜湯元温泉」戦場ヶ原は草紅葉!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

戦場ヶ原を抜けると次のビューポイントはダイナミックな湯滝。轟々と流れ落ちる迫力ある滝と美しい紅葉が感動的な美しさです。時間のある方は、ぜひ、湯滝ー湯川―戦場ヶ原(または小田代が原)―赤沼(または竜頭の滝)へとハイキングを!

湯滝を過ぎると左手に湯の湖が見え奥日光湯元温泉に到着。こちらでは由緒ある「温泉寺」や多くのホテルや旅館で、素晴らしい泉質の白濁硫黄泉を日帰りで楽しめます。また無料の足湯「あんよの湯」もあるので時間のない方はこちらへ。温泉寺から続く源泉の「湯平湿原」は必見!

【湯ノ湖の紅葉:10月上旬〜中旬。湯滝:10月中旬】

日光から塩原へ「湯の香ライン」間は超穴場の絶景ロード

日光から塩原へ「湯の香ライン」間は超穴場の絶景ロード

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

渋滞必至の休日に、いろは坂を避けたい方は「湯の香ライン」が穴場。霧降の滝を経て大笹牧場・五十里−湯西川ダム・三依を通り塩原温泉に抜ける錦絵のように美しい紅葉の道です。

まずは色鮮やかな紅葉が見事な霧降の滝!絶景とおいしい料理で人気の「山のレストラン」から、またはレストラン右横の坂道を下って行く「霧降の滝展望台」から滝の全景を見ることができます。

霧降での日帰り温泉は「日光霧降・大江戸温泉物語」で楽しめます。

【霧降の滝の紅葉の見頃:10月下旬〜11月上旬】

日光から塩原へ「湯の香ライン」間は超穴場の絶景ロード

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

霧降の滝を見たら大笹牧場へ向かいましょう。のびやかな丘陵を彩る木々を眺めながらのドライブです。ビューポイントは東洋一の高さを誇る橋「六方沢橋」。橋の手前に展望台駐車場があるので、車を停めて橋まで歩いていきましょう。

橋の上からは、目のくらむような渓谷や・栗山ダム・大笹牧場・筑波山などを見渡せます。

【六方沢橋の紅葉:10月中旬〜下旬】

日光から塩原へ「湯の香ライン」間は超穴場の絶景ロード

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

大笹牧場を過ぎると五十里湖−湯西川ダムへと向かいます。湯西川ダムでは水陸両用バスでダム湖を巡る「湯西川ダックツアー」も行っており、家族連れにも大人気。ダックツアーは121号線(会津西街道)から249号線へ左折した「道の駅湯西川」発着・または「湯西川・水の郷」発着。

道の駅湯西川から249号線を進むと平家ゆかりの「湯西川温泉」。121号線を進むと中三依駅そばの「牡鹿の湯」で日帰り温泉を楽しめます。また三依地区には、2016年秘境駅ランキング20位・関東一の「男鹿高原駅」もあり、秘境駅マニア必訪の場所。

湯西川温泉では「湯の郷 湯西川観光センター」「水の郷」などの日帰り温泉施設、「平家の庄」「花と華」他、いくつかのホテルで日帰り入浴を行っています。

【湯の香ラインの紅葉の見ごろ:10月下旬から11月上旬】

<湯西川ダックツアーの基本情報>
所在地:栃木県日光市西川478−1 道の駅 湯西川
電話:0288-78-0345
出発地:水の郷または道の駅・湯西川

絶景紅葉狩り「日塩もみじライン」は温泉も凄い!

絶景紅葉狩り「日塩もみじライン」は温泉も凄い!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

紅葉の名所ひしめく栃木県の中でもその美しさで名高いのが「日塩もみじライン」。ドライブのスタートは鬼怒川温泉。ここでは鬼怒川ライン下り・龍王峡などの紅葉狩りスポットも!写真は龍王峡へ降りて行く散策路からの写真。エメラルドグリーンの水と鮮やかな木々の美しさは格別です。

周辺の温泉は、鬼怒川公園駅そばの鬼怒川公園内「鬼怒川公園岩風呂」や鬼怒川温泉の多くの宿で日帰り温泉に入れます。

【龍王峡の紅葉の見ごろ:11月上旬】

絶景紅葉狩り「日塩もみじライン」は温泉も凄い!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

「日塩もみじライン」は、その名の通り沿道のもみじがとても美しい道。途中には「太閤下ろしの滝」「富士見台駐車場」「ドライブイン峠の茶屋(白滝)」「大曲のもみじ」などのフォトスポットがあります。写真は「大曲のもみじ」。

【日塩もみじラインの紅葉:10月下旬】

絶景紅葉狩り「日塩もみじライン」は温泉も凄い!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

日塩もみじライン塩原料金所の手前にあるスキー場「ハンターマウンテン」も美しいフォトスポット。10月7日から11月5日(日)まで運行中の紅葉ゴンドラは、まさに絶景の空中散歩。山頂からの紅葉も見事です。

塩原温泉は温泉通も絶賛の11湯・6種7色の湯。オススメの立ち寄り湯は数多くありますが、特にこの写真“新湯”の源泉横にある「湯荘白樺」では、関東では珍しい泥パックを楽しめ、美肌効果が抜群です。

またメタケイ酸が200以上ある美人の湯も多くあり「光雲荘」「会津屋」「やまなみ荘」、湯治宿風情たっぷりの「ゑびすや」など、どこに立ち寄ってもはずれのない温泉地です。

紅葉が美しい日光で絶景ドライブを!

日光を起点とする絶景ドライブは、日光の大自然と紅葉の美しさを満喫できるオススメの旅。また、今回はご紹介できませんでしたが、奥日光湯元温泉からを金精峠を越え、丸沼に至るドライブコースも、絶景に次ぐ絶景!ぜひ訪れていただきたい紅葉ロードです。紅葉の時期は気候により違いますので、観光局情報などを参照してお出かけくださいね。それではみなさん、絶景のドライブを!

※2017年9月現在の情報です。変更される場合がありますので、訪問の際は公式サイトなどで最新情報をあらかじめご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/24−2016/10/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ