十勝の味覚満載!!「地元ローカルお勧めうまいもの」5店

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

十勝の味覚満載!!「地元ローカルお勧めうまいもの」5店

十勝の味覚満載!!「地元ローカルお勧めうまいもの」5店

更新日:2017/10/18 10:39

ホップキンズ 江美のプロフィール写真 ホップキンズ 江美 アメリカ・アウトロー史研究家、ライター

北海道・十勝は農業王国。十勝の肥沃な大地で収穫された食材をふんだんに使って作られるうまいものたち。十勝・帯広では地元に愛されて続けているうまいもの店が数多くあります。今回、筆者の故郷「十勝」で長年地元ローカルから愛され続けているお店を厳選し、ご紹介します。

帯広で中華料理といえば「美珍楼」

帯広で中華料理といえば「美珍楼」

提供元:美珍楼西家

地図を見る

十勝で愛され50年。美珍楼(みちんろう)は本格的な中華をリーズナブルな価格で提供してくれる地元民から長年愛され続けている中華の名店です。

美珍楼の中華は素材を生かした優しい味付けなので老若男女問わずに大人気。手頃なお値段で本格中華を味わえる美珍楼は地元民が本当は誰にも教えたくないという程、愛してやまないお店です。

帯広で中華料理といえば「美珍楼」

提供元:美珍楼西家

地図を見る

お昼の中華バイキングは美珍楼の名物になっています。お昼時ともなればたくさんの人達が並んでいます。酢豚・エビチリ・チャーハンなどの定番品をはじめ、各テーブルにシェフが回って来てラーメンなどを作ってくれるサービスもあります。味だけではなく、エンターテインメントも楽しませてくれる粋な計らいのお店です。

<基本情報>
住所:北海道帯広市西19条南2丁目25-9
電話番号:0155-33-0030
アクセス:帯広駅より4q車で14分
昼食バイキング〜おひとり1,250円
コース〜おひとり3,000円から12,000円まで1,000円刻みで注文できます。

十勝豚丼「いっぴん本店」

十勝豚丼「いっぴん本店」

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

十勝の開拓者、依田勉三は「開拓のはじめは豚と一つ鍋」という句を詠みました。十勝は豚肉を多く消費する地です。十勝の風土が産んだ郷土料理豚丼。

十勝豚丼いっぴんはジンギスカンのたれなどを製造して50年・道民にはおなじみのたれ専門店ソラチが直営している豚丼店です。厳選ロース肉に低温熟成たれを重ねつけしながら備長炭でじっくりと焼き上げます。独特の香ばしさと口の中でとろける滑らかさはまさに天下一品。帯広本店でぜひ本場の味をご賞味ください。

<基本情報>
住所:北海道帯広市西21条南3丁目5
電話番号:0155-41-1789
アクセス:帯広駅より5.1km車で15分

帯広名門の味「はげ天」

帯広名門の味「はげ天」

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

昭和9年創業のはげ天。今も昔と変わらず地元の人達から愛され続けているお店です。会席料理を味わうときは本店となりますが、手軽に食事を楽しむには長崎屋帯広店がおすすめです。

天ぷらは衣がサクサクで歯ごたえがあり名物ですが、ここの豚丼のたれは豚丼創作者の味として市民に親しまれています。ランチメニューなどもあり、800円台から手軽に老舗の味を楽しめ、大型商業施設の中にあるので買い物帰りに立ち寄る地元民ご用達のお店です。

<基本情報>
住所:北海道帯広市西4条南12丁目3 長崎屋内
電話番号:0155-21-6100
アクセス:帯広駅より徒歩3分

十勝のカレー「インデアン」

十勝のカレー「インデアン」

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

十勝のカレーといえばインデアン。鍋を持ってルーを買いに行く地元主婦達のお助け店です。地元では知らない人がいないという超有名カレー店。明治32年創業・老舗ふじもりが経営。十勝の歴史とともに栄えてきたお店です。

インデアンカレーのルーは3種類。牛肉をふんだんに使用し、数十種類のスパイスで熟成された辛さ控えめな「インデアンルー」。ビーフのエキスが溶け込んだルーに玉ねぎを加え、旨味と甘味をひき出したシンプルな「ベーシックルー」。大ぶりなじゃがいもと人参、玉ねぎが入った「野菜ルー」。どれも雄大な北海道と道産子の素朴な優しさを感じさせる味です。トッピングもカツやハンバーグ・チーズなどお好みで追加できます。お持ち帰りも可能です。

<基本情報>
住所:北海道帯広市西2条南10丁目1−1
電話番号:0155-20-1818
アクセス:帯広駅北350m徒歩3分

「柳月トスカチーナ」はスイーツだけじゃない!!

「柳月トスカチーナ」はスイーツだけじゃない!!

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

十勝はスイーツが美味しい事でも有名です。十勝で収穫される小豆や小麦・フレッシュな牛乳・砂糖など良質な原料から作られるスイーツ達。柳月は、北海道河東郡音更町に本社を構える菓子メーカーで現在、帯広地区で12店舗、釧路地区で8店舗、札幌地区で17店舗と北海道で合計41店舗を有する十勝を代表するスイーツ店です。柳月の代表的なスイーツ三方六は1965年に北海道開拓100年を記念して作られたスイーツで第27回モンドセレクションにて最高金賞を受賞しています。

柳月トスカチーナは、お菓子の柳月が経営するレストランで、パスタをはじめとする食事を楽しむことが出来ます。居心地の良い空間の中、美味しい料理とデザートを提供してくれるトスカチーナは市民の憩いの場として定着しています。

1階は、柳月のスイーツ売り場となっており、2階はレストランとなっています。1階のスイーツ売り場でケーキを購入して2階で食することも可能です。

「柳月トスカチーナ」はスイーツだけじゃない!!

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

1階のスイーツ売り場のケーキです。十勝の新鮮な牛乳や材料から作られるスイーツは繊細で濃厚。クリーミィな味わいでスイーツ王国十勝と言われるだけのことはあります。

柳月では季節のスイーツをはじめ、三方六などの定番品を味わうことが出来ます。

<基本情報>
住所:北海道帯広市西十八条南5丁目45−2
電話番号:0155-38-3966
アクセス:帯広駅から4.2km。車で13分

北海道・十勝の大地はうまいものいっぱい!!

北の大地・十勝の新鮮な食材を使って作られたうまいものたち。
地元の人達が本当は教えたくないと思っている地元民ご用達のとびっきりのうまいもの5店。十勝に行ったらぜひご賞味ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/08−2017/09/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -