サムハラ神社の初詣“大阪一”のパワースポットで厄除け祈願

サムハラ神社の初詣“大阪一”のパワースポットで厄除け祈願

更新日:2017/12/20 18:28

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 癒されたい系女子旅ライター、ラグジュアリーホテルライター
大阪市内にある強力なパワースポット「サムハラ神社」。地下鉄でアクセスできる好立地は、新年迎えてすぐに初詣したい人にぴったり! 初詣では入手困難な御守り指輪のことはひとまず忘れて、これまでのお礼と一緒に、これからの一年の厄除けを祈願しましょう。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

大阪有数のパワースポット「サムハラ神社」へ初詣

大阪有数のパワースポット「サムハラ神社」へ初詣

写真:東郷 カオル

地図を見る

漢字であらわすことのできない「サムハラ神社」は、大阪有数のパワースポット。特に厄除けのご利益として有名で初詣にはぴったりな神社です。場所はキタでもミナミでもない、ビジネス街、本町・阿波座エリア。「サムハラ」は本来なら漢字とは異なる「神字」で書かれるべきところ、地図などでは表すことができないのでカタカナで「サムハラ」と表記されています。

ご祭神は天之御中主(あめのみなかぬし)大神、高皇産霊(たかみむすび)大神、神皇産霊(かみむすび)大神。サムハラは三神の総称とされています。

大阪有数のパワースポット「サムハラ神社」へ初詣

写真:東郷 カオル

サムハラ神社へのアクセスは、地下鉄が本数があって便利。特に大みそかからの初詣でしたら地下鉄一択になるでしょう。地下鉄・ニュートラムは終夜運転(平成29年12月31日の通常運転終了後から平成30年1月1日の初発までの間)を実施。神社までは地下鉄阿波座駅から徒歩5〜6分程です。日中ならバスという選択肢も。歩くのが苦手な人は大阪駅前から「55鶴町四丁目」のバスに乗車、「立売堀(いたちぼり)3丁目」で降りてください。バス停から徒歩2〜3分です。バスを降りたら進行方向の角を左折すれば見えてきます。

大阪有数のパワースポット「サムハラ神社」へ初詣

写真:東郷 カオル

地図を見る

サムハラ神社に到着すると、境内の前面にパネルがいくつも掲げられていることに気が付かれるでしょう。これはサムハラ神社のおかげで難を逃れた方々のもの。役者さんや政治関係の方々の名前も見受けられます。

古くは加藤清正公が文禄・慶長の役の際に、戦時中は出兵する兵が刀傷除け、弾除けに参拝したといわれています。

想像以上にこじんまりしたサムハラ神社の境内

想像以上にこじんまりしたサムハラ神社の境内

写真:東郷 カオル

地図を見る

鳥居の前で一礼して境内へ。「ここがあの有名なサムハラ神社?」と思うほどこじんまりとした境内ですが、一歩足を踏み入れるとどこからともなく湧き出るような大きなパワーを感じる方もいるかもしれません。この境内に身を置くだけで、守られているような感覚を持つ方もいるでしょう。

鳥居をくぐって左手に手水舎、右手に社務所があります。

想像以上にこじんまりしたサムハラ神社の境内

写真:東郷 カオル

地図を見る

境内を取り囲むように掲げられた提灯は、一年に一度、10月22日・23日の秋の大祭の前に新しく取り換えられます。氏子(崇敬者)ではなくても献灯できますので、気になる方は社務所でお尋ねください。毎年夏に一張り単位で受け付けてくれます。

想像以上にこじんまりしたサムハラ神社の境内

写真:東郷 カオル

地図を見る

実はサムハラ神社には裏参道があり、表参道と裏参道とで大阪府警察第一方面機動警ら隊を守るように囲んでいます。警ら隊の方々もさぞかし心強いことでしょう。

大晦日からのサムハラ神社の初詣

大晦日からのサムハラ神社の初詣

写真:東郷 カオル

地図を見る

サムハラ神社に足しげく通う人でも夜に参拝された方は少ないでしょう。ですが、普段から夜でもあかりが灯り、近所に住む人や会社帰りの人が気軽に立ち寄れる神社です。表の通りから拝殿まで見えるコンパクトな神社で、女性も安心して夜にお参りをされています。なんといっても隣の敷地にはパトカーが沢山停まっていますので、安心感もひとしおです。

大晦日から新年にかけては普段は静かな夜のサムハラ神社にも、一年の厄除けを祈願する人々が多く訪れます。中には入手困難な指輪とのご縁をお願いする人もいるようです。

大晦日からのサムハラ神社の初詣

写真:東郷 カオル

地図を見る

初詣でかかせないおみくじを結ぶ場所は鳥居を入って右手にひっそりとあります。絵馬を奉納する場所は拝殿の左手に。やはり厄除け祈願が多く見られます。

サムハラ神社の社務所は年末年始も通常通り。お守りや絵馬などをお求めの方は9時から17時に参拝してください。

サムハラ神社といえば御守り指輪

サムハラ神社といえば御守り指輪

写真:東郷 カオル

入手困難な厄除けの御神環(お守り指輪)に注目が集まるサムハラ神社。最近は営利目的でネットで転売される人もいるようですが、そのような品は「お守り指輪」としての効力がないと思いましょう。また、指輪とのご縁を長い間心待ちにされている方も多くいらっしゃいますので、万が一入手できる機会に恵まれても、基本的にはご自身のものだけを授与してもらいましょう。

月に2度、中旬と下旬に入荷のタイミングがあります。詳しくはMEMO欄をご確認ください。

サムハラ神社の例大祭「秋季大祭」と「春季大祭」にも注目

サムハラ神社の例大祭「秋季大祭」と「春季大祭」にも注目

写真:東郷 カオル

地図を見る

サムハラ神社では年に二度例大祭が執り行われます。曜日に関係なく4月22日・23日、10月22日・23日と決まっています。数年前までは氏子中心の比較的静かな例大祭でしたが、近年のお守り指輪の人気の影響で、年々例大祭への参拝者も増加傾向。特に22日23日が土日にあたると境内の外にまで列ができます。

22日の11時〜12時には神前で神楽舞の奉納が行われます。大祭では氏子だけではなく一般参拝者も拝殿の中で参拝が可能。神職が祝詞を奏上した後、神社が用意してくださった玉串を奉納することができ、より一層神聖な気持ちで参拝することができる貴重な日です。新年に参拝できなかった方はこちらにあわせてお参りされるのもおすすめです。

<サムハラ神社 基本情報>

住所:大阪府大阪市西区立売堀2-5-26
電話:06-6538-2251
アクセス:地下鉄「阿波座駅」南東へ徒歩5分、バス亭「立売堀(いたちぼり)3丁目」東へ3分

2017年12月現在の情報です。最新の情報は社務所にお問い合わせください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/22−2017/12/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -