超満足の深海グルメを食べ尽そう!西伊豆戸田「清進丸」

超満足の深海グルメを食べ尽そう!西伊豆戸田「清進丸」

更新日:2017/10/23 18:54

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆マニア
「清進丸」は、沼津市戸田にある漁師直営の宿。この場所は深海生物の水揚げが盛んな「深海魚の聖地」とも呼ばれています。そんな場所にある「清進丸」で出される魚は、底引き網漁をする店主自ら駿河湾で仕留めたもの。戸田名物の高足ガニを始め、手長エビや本エビなど、ちょっぴり変わった深海グルメを味わえます。網元ならではの、グロテスクだけど美味しい深海料理にありつける「清進丸」をご紹介します。
静岡旅行が新幹線プランでこんなにお得に!(AD)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

お得な価格で、戸田の旨いものに確実にありつける!網元の宿「清進丸」

お得な価格で、戸田の旨いものに確実にありつける!網元の宿「清進丸」

写真:sachie

地図を見る

ご紹介する「清進丸(せいしんまる)」は、伊豆半島の西岸北部にある沼津市戸田地区。町を流れる導龍川の川べりに面したのどかな場所にあります。

戸田は、最深2500mの日本一の深さを誇る駿河湾に面し、深海で生息する珍しい深海魚が多く水揚げされることから、近年では「深海魚の聖地」と呼ばれるほど、深海魚が盛んな町。宿は、底引き網漁をしている漁師が経営する宿で、駿河湾で獲れた珍しい深海漁グルメが味わえる安心価格の宿です。

戸田の宿では少ない!天然温泉が楽しめる嬉しいお風呂

戸田の宿では少ない!天然温泉が楽しめる嬉しいお風呂

写真:sachie

地図を見る

宿の客室は、明るく広々とした和室。初夏は、川から涼しく爽やかな風が吹き込んできて、とても気持ち良く過ごせますよ。

宿では、旅の疲れを癒せるように、お風呂は戸田の天然温泉を使用しているので、チェックインしたら是非いかが? 刺激の少ない柔らかな湯で、熱すぎず丁度良い温度に設定されていて、いつまで入っていても飽きないような心地良い湯。じっくり浸かれば、日頃溜まった疲れを解してくれるかのようです。

西日が当たる夕方は、浴室に木漏れ日が差し込み、幻想的な雰囲気の中で入れるのも癒しみの一つ。たっぷり温泉に浸かれば、夕食が更に美味しくなること間違いなし!

戸田の宿では少ない!天然温泉が楽しめる嬉しいお風呂

写真:sachie

地図を見る

戸田の主力メニュー!高足ガニから本エビなどなど、深海魚のオンパレード

戸田の主力メニュー!高足ガニから本エビなどなど、深海魚のオンパレード

写真:sachie

地図を見る

そして、待ちに待った夕食の時間。駿河湾で獲れた深海漁を使った深海グルメを堪能してみましょう! まず初めに食べておきたいのが、こちらの戸田名物の高足ガニ(写真左)です。高足ガニは、水深250m〜650mに生息する最大のカニ。脚を広げると3mを超える大きさもあり、そんなカニを一匹丸ごと蒸した豪快な料理です。

ズワイガニなどの一般的なカニと比べると、比較的柔らかな殻をしているので手で割りやすく、脚1本でも食べ応え充分。脚の身は、カニのエキスが滴るくらいみずみずしく、あっさりとした淡白な味なので、カニ酢を浸けるとより一層美味しく食べられますよ。濃厚でコクのあるカニミソも味わえ、高足ガニを丸ごと楽しめるのは、ここならでは。

この他、高足ガニの天ぷらや高足ガニの味噌汁など、高足ガニづくしの料理が味わえ、料理法によって違った食感の高足ガニの食べ比べも面白いですよ。

戸田の主力メニュー!高足ガニから本エビなどなど、深海魚のオンパレード

写真:sachie

地図を見る

こちらは、手長エビ・本エビなどのお刺身(写真左)、ボタンエビ・赤エビ焼きなど。深海の中で、エビは美味しい食材としてもてはやされているので、高足ガニに次いで食べておきたい一品。

手長エビは、フランス料理で高級食材としてもてはやされる「アカザエビ」のことで、水深200m〜400mに生息。刺身が一押しの食べ方で、「エビの女王」と呼ばれるほどの上品でまろやかな美味しさ。

本エビは、戸田ではポピュラーなエビで、ねっとりとした食感がして、甘海老に負けないくらいの濃厚な味わいを楽しめます。赤エビは、ツノナガチヒロエビのことで、ホクホクとした身に、濃厚な味噌が香る独特の美味しさ。店主自らが底引き網漁をしているからこそ食べられる、美味しいメニューばかりです。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

五臓六腑に染み渡る!深海生物を使った名物「漁師鍋」

五臓六腑に染み渡る!深海生物を使った名物「漁師鍋」

写真:sachie

地図を見る

朝食は、宿の名物料理「漁師鍋」を頂くことができます。鍋に入れられる具材は、その日によって異なりますが、ミノエビ・ゲンコツエビ・オオコシオリエビなど、数種の深海生物を投入した豪快な鍋です。深海は、水深200mを超える海のことで、太陽の光が届かないため、水温は低く水圧が高いので、独特の性質や姿をした生物が多くいます。

鍋に入れられた具材のエビも、見慣れないエビばかり。目が大きく腰が曲がった、まるでエイリアンのようなエビや、蓑を被ったようなユニークなルックスのものも。見た目に驚かされるものの、エビのエキスが浸み出した超濃厚な旨さです。朝から、深海パワーを頂けるような逸品で、エビの身はもちろん食べられるので、是非味わってみて下さいね。

ここでしか味わえない!深海料理未経験者には、特におすすめ

ご紹介した料理は、その日の漁獲量、季節やプランによってメニュー内容が異なる場合があります。

「清進丸」は、網元ならではのしっかりとした目線で選んだ深海魚を使った深海グルメが味わえ、地元の深海料理専門店に負けない深海グルメをお安く堪能できる宿! おまけに戸田の天然温泉も一緒に楽しめる一石二鳥のおすすめ宿です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -