伝統アユ漁に絶品グルメも!川漁師と楽しむ岐阜長良川「漁船ツアー」

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

伝統アユ漁に絶品グルメも!川漁師と楽しむ岐阜長良川「漁船ツアー」

伝統アユ漁に絶品グルメも!川漁師と楽しむ岐阜長良川「漁船ツアー」

更新日:2017/10/07 19:12

Mizuki Yoshiのプロフィール写真 Mizuki Yoshi 歴史街道トレッカー、伝統の「ワザ」案内人、日本クルーズ&フェリー学会員

今大人気の長良川の「川遊び」をご存じでしょうか?現役川漁師平工(ひらく)船長が、新たな観光スタイル定着させたプライベートツアーです。約2時間絶景の長良川で操船体験、伝統アユ漁を体感!天然アユが獲れたら、岸辺に設営した「清流カフェ」で出来立てアツアツのアユを賞味、更に女性に人気沸騰の「清流抹茶プリン」や「信長ブレンド」などのコーヒーを堪能します。イケメン川漁師が案内する極上川遊びをご紹介します。

予約制の漁舟ツアー

予約制の漁舟ツアー

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

予約の時間通りに長良川の伝統漁舟で現役川漁師の平工顕太郎(ひらく・けんたろう)船長の和船が現れます。「長良川鵜飼」の鵜匠は宮内庁式部職・鵜匠、平工船長はその鵜匠代表の専属船頭を務めた経歴を持つプロフェッショナルです。

平工船長はテレビ、新聞、雑誌など数々のメディアにも取り上げられ、海外からの参加者も増加中の人気ツアーに育て上げました。自身の漁船を初めて開放したこのツアーは、そのユニークさで多くの賞を受賞した注目一押しツアーです。

予約制の漁舟ツアー

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

現役漁師さんと聞いてごついイメージを持つ方もおられるかもしれませんが、笑顔が柔和で日焼けしたダイビングのインストラクターのような雰囲気。乗船するのは漁舟「結の丸(ゆいのまる)」。現在、大変稀少な高野槙(こうやまき)でつくられた平底の和船。さぁ、長良川の絶景を眺めながらの和船体験と天然アユ獲りに出かけましょう!

予約制の漁舟ツアー

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

乗船出来るのは、ゲスト2〜5人限定。ライフジャケットを着て岸を離れると最初はエンジン無し、竿で操船して対岸まで渡ります。ゲストの1人が舟首で竿を差して操船体験できます。船長の足元はつま先だけの草履。膝を和船のヘリにかけ、体重をかけてつま先立ちで竿を差す川漁師和船風景を堪能しましょう。女子旅、家族連れ、子供も大人も見どころ満載の楽しいツアーの始まりです。

天然アユ漁(投げ網漁)、川漁師はアスリート!

天然アユ漁(投げ網漁)、川漁師はアスリート!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

操船体験が終るとエンジンをかけ一気に上流の中州を目指し平工船長と一緒に上陸します。ほぼ水に濡れずに上陸可能ですが、ビーチサンダルなどだと長良川を直接感じられるので、さらに楽しくなります。

天然アユ漁(投げ網漁)、川漁師はアスリート!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

伝統漁の網を触るなど説明を受けた後、船長とゲストは水面を凝視!アユが縄張り争いで水面から飛び上がる場所をさがします。アユはあちこちで飛び上がり、長良川の魚影の濃さが実感できる瞬間です。

船長はねらいを付けた場所を指差し、獲物を狙う豹のように低い姿勢で獲物が居る浅瀬に進みます。そして投げ網を空中に放つのです。その瞬間、今度はアスリートのような俊敏さで水を叩きながらアユを投げ網へ追い込みます。すぐに投げた網を回収すると、ゲストから拍手!平工船長の俊敏な動きは芸術的!このツアーの見どころです。是非ご堪能下さい。

天然アユ漁(投げ網漁)、川漁師はアスリート!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

中州での漁後、少し上流域のやや深い場所でも漁を楽しめます。投げ網が美しい弧を描いて広がるワザを堪能できます。平工船長はここでは、腰まで水に浸かりながら、アユを網に追い込みます。天然アユの見分け方、日本で香魚と呼ばれ、英語ではスウィート・フイッシュと呼ばれる天然アユの香りを確認しましょう。投げ網の種類や大きさ、アユの特性など体験しながら学べます。

アユ料理、「清流抹茶プリン」と「長良川ブレンドコーヒー」を堪能

アユ料理、「清流抹茶プリン」と「長良川ブレンドコーヒー」を堪能

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

休憩は、テント仕立ての「清流カフェ」でのまったりタイム。焼きたてアユ塩焼きや、揚げたてアユ唐揚げが堪能できます。平工船長のご両親が心づくしのおもてなし。贅沢な時間を過ごします。

アユ料理、「清流抹茶プリン」と「長良川ブレンドコーヒー」を堪能

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

次に、女性に人気沸騰中の「清流抹茶プリン」。平工船長の栄養士の奥様が、アーモンドミルク・カカオニオブなどこだわりの材料で作り上げた一品。天然アユが飛び跳ねる清流長良川を眺めながらの濃厚で芳醇な味わいの極上デザートです。最後の一滴まで味わいたくなる美味しさを堪能下さい。

アユ料理、「清流抹茶プリン」と「長良川ブレンドコーヒー」を堪能

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

締めは特選ブレンドのコーヒー。平工船長自ら入れてくれます。休憩中に長良川の天然アユの詳しい話、水上で激しく競い合う鵜匠の話。季節によって大きく変動する天然アユの価格なども聞けます。2017年は1日3回実施している「漁舟ツアー」ですが、2時間づつのため、アユを獲る時間がなくなるほどです。来シーズンは、1日限定1組での実施が予定されています。

アメリカ人が作った鵜舟

アメリカ人が作った鵜舟

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

「清流カフェ」で休憩中に見ることが出来るのが、今年久々に進水した鵜舟の新造船(写真)。材料も高野槙(こうやまき)で、伝統に則った本物。この新造船は地元のニュースでも取り上げられました。この船はアメリカ人と日本人宮大工などが協力して建造。進水までの苦労話は聞きどころ満載です。

長良川の自然を満喫!

長良川の自然を満喫!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

漁舟ツアーの乗船場は、長良橋の北側たもと。岐阜城と鵜舟がよく見える場所です。

長良川の自然を満喫!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

長良川を運航中は絶景の連続ですが、上陸する中州から瀬の力強い流れを楽しめます。

長良川の自然を満喫!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

終了間近、平工船長が教えてくれるのが、「日本の音100選」に選ばれた長良川鵜飼時の音!櫂で舟べりを「ドンドン」と叩き鵜を励まします。同時に鵜匠が「ホウホウ」と掛け声をかけるなどこうした音が重なって日本の音100選になっています。下船前に楽しんでみてはいかがでしょう。

おわりに、

「漁舟ツアー」は4月から11月中旬頃まで行われますが、天候や長良川の水量などの影響を受けるので、実施予定日直前に実施有無の確認電話で行われます。実施率は概ね7〜8割ほど。

<漁舟ツアーの基本情報>
結の舟連絡先携帯電話:080-8256-4295
岐阜清流オフィス住所:岐阜県各務原市那加柄山町40番地
アクセス:
JR岐阜駅または名鉄岐阜駅から岐阜バスで15分の「鵜飼屋」で下車し、「長良川観光ホテル石金」前岸辺で乗船します。バス停から徒歩1〜2分。

尚、漁舟ツアーのメニューや休憩中の料理は、季節などにより変更の可能性があるので、予約時に価格(高校生以上大人8,500円/人、小中学生小人7,300円/人)と共に確認や希望を伝えツアー内容を相談されることをおススメします。長良川の漁舟ツアー、アドベンチャー感とまったり感が同時にたっぷり楽しめます。極上の川遊びに出かけてみてはいかがでしょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ