X’masデコレーションは必見!「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

X’masデコレーションは必見!「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」

X’masデコレーションは必見!「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」

更新日:2017/10/06 14:15

マイア 五十嵐のプロフィール写真 マイア 五十嵐 ライター、ワールドトラベラー

クリスマスシーズンの沖縄旅行にぜひ一度訪れて欲しいのは「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」ホテルです。中でも毎年ホテルスタッフが手掛けるクリスマスデコレーションは一見の価値あり!沖縄・石垣島ならではの趣向を凝らした素晴らしいデコレーションです。いつものクリスマスとは一味も二味も違う、南の島のクリスマスを過ごしてみてはいかがですか?

地域の特性を活かしたサービスが嬉しい

地域の特性を活かしたサービスが嬉しい

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

ホテルロビーを入ってまずはその内観にびっくり!広いロビーには大きな沖縄の家がたたずんでいます。そして近づいてよく見ると、なんとパンやお菓子で出来ています!まさに大きなお菓子の家!

屋根には「お〜りと〜り(石垣島の方言でいらっしゃいませ)」のメッセージボードと共に笑顔のシーサーがお出迎え。煙突からは家に入ろうとしているサンタがいるなど、細部の演出が可愛らしく、まるでひとつの作品のようです。

地域の特性を活かしたサービスが嬉しい

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

「Merry Christmas」のボード後ろには緑のマカロンで出来たツリー、その下の小さなログ(小枝)はエクレア生地かクッキーで出来ているよう。家の土台もまるで食パンを頑丈に加工して積み上げたように見えますよ。手前のカンパーニュ・バゲットはもちろん本物(カチカチですが)。

そして、昼間の時間帯には牛車(写真グレーの牛のぬいぐるみ)がポッポーと音を立ててこのお菓子の家を周回しており、ロビーではしゃぐ子供たちや女性客が喜ぶ姿も。八重山諸島の島々は、水牛の牛車を農地開拓や水田を耕すのに用いた地域。今は観光の交通手段としての使用がメインであったりしますが何とも粋なアイデアです。

地域の特性を活かしたサービスが嬉しい

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

沖縄の家の中でも石垣島の家の特徴として、暴風対策の石垣をしっかり高く積み上げて石垣島の家らしく作られています。実際は島で豊富に採れるサンゴ石で作られるのを、お菓子の家はシュークリームのシュー生地で作成。漆喰で固めるところはピンク色の美味しそうなクリームを使用しています。思わず触りたくなるのをガマン。

ホテルオリジナルのイベントを楽しむ

ホテルオリジナルのイベントを楽しむ

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

そしてもちろんクリスマスツリーもあります。天井ギリギリの高さの大きな大きなツリーです。

季節限定の一大イベントとも言えるこのクリスマスデコレーション。企画から制作の模様をモニターで見ることができます。パティシエ含むホテルスタッフが一丸となって作り上げる様子から、おもてなしの気持ちが伝わり感動します。

<注意>
このクリスマスデコレーションは2016年のもので、毎年その内容は異なります。

ホテルオリジナルのイベントを楽しむ

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

シーサーも1年のこの時ばかりはサンタに!?細部に渡り沖縄らしさを感じさせるクリマスです。

他にロビー(地上階2F)まで吹き抜けの1FスペースではクリスマスコンサートのLive(Jazzから沖縄民謡まで幅広いバリエーション)などがあり、夏のホテル滞在とは違うシーズンイベントを楽しむことができます。ちなみに1Fはホテルの殆どのレストランがあるフロアです。ディナー前後にLiveを間近に魅入ることが出来ます。

※イベントについてはその時期のホテルHPなどで確認してください。

ホテルオリジナルのイベントを楽しむ

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

ホテルの外観。フロントがあるタワーウィング。他にガーデン側に面したコーラルウィングがあります。

オフシーズンでもリゾート気分を味わえる開放的な施設

オフシーズンでもリゾート気分を味わえる開放的な施設

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

沖縄本島のホテルの多くは、10月末〜遅くても11月末で屋外プールはクローズします。しかし本島より更に南の暖かい石垣島、中でもこのANAインターコンチネンタル石垣リゾートは12月でもオープンしています。この開放的なリゾートプールを見たら入りたくなりませんか?

気温の高い日中でないと水温も上がらないので、寒いと思う方は水遊び程度でも気持ちが良いでしょう。隣接する白い大きな建物には室内プールとジャグジーもあるので、ここで温まることができます。

オフシーズンでもリゾート気分を味わえる開放的な施設

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

沖縄のリゾートホテルの中でも大きなリゾートプールです。ハイシーズンに比べたらプールを独占できるのはこの時期だけかもしれません。

オフシーズンでもリゾート気分を味わえる開放的な施設

写真:マイア 五十嵐

地図を見る

ホテル目の前のマエサトビーチ。海に入らなくても朝日の散歩、夕暮れ時と静かで落ち着きます。夏場は厳しい暑さのため歩き回るのが大変だからこそ、冬の快適な季節に来島する楽しみ方を満喫したいもの。ホテルでゆっくり過ごしたり、島の観光を楽しむには最適です!この時期の平均気温は約22度ほど。Tシャツや長袖シャツで過ごせる手軽さも嬉しいですね。

寒い冬だからこそクリスマスには石垣島へ行こう

年末年始やクリマスでも夏のトップシーズンに比べれば、全体的に割安で行けるのが冬の沖縄旅行の魅力です。特に八重山諸島の玄関口となる石垣島からは西表島、竹富島、小浜島を筆頭にいくつもの離島を日帰りから楽しむことができます。

そして、石垣島滞在の拠点としてお勧めしたい「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」。空港・市街地にもアクセスが良く、部屋の広さ、レストラン、アクティビティ施設ともに充実しています。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -