北海道「開拓ふくろふ乃湯」は琥珀色の美人の湯!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

北海道「開拓ふくろふ乃湯」は琥珀色の美人の湯!

北海道「開拓ふくろふ乃湯」は琥珀色の美人の湯!

更新日:2018/09/21 15:44

菊原 朝香のプロフィール写真 菊原 朝香 モデル、美肌温泉家、食べ歩きトラベラー、歴女

札幌近郊の当別町にある「開拓ふくろふ乃湯」は、男女各12人までしか入れないこぢんまりとした日帰り温泉施設。そんな小さなところなのですが、実は温泉マニアなら知らない人はいない美肌温泉なんです!ぬる湯な露天風呂でじんわり温まりながら、美しい自然を眺めて癒されてみませんか?

北海道「開拓ふくろふ乃湯」は源泉が2本もある贅沢さ

北海道「開拓ふくろふ乃湯」は源泉が2本もある贅沢さ

写真:菊原 朝香

地図を見る

北海道「開拓ふくろふ乃湯」は、札幌近郊の当別町にある風光明媚な自然あふれる景色が自慢の美肌の湯。JR札沼線(学園都市線)「石狩金沢駅」徒歩3分という駅近なので、車がない人でも訪れることができます。

札幌近郊かつ駅近なのですが、札沼線は一部単線で最寄駅の石狩金沢駅は無人駅ということもあり、民家は数えるほどしかなく、周りは森と池に囲まれたとても静かな場所。休憩所や露天風呂から見える大きな池にはカルガモやカイツブリなどの野鳥が泳いでいるのも見られます。また初夏〜秋にかけては多種多様なトンボが舞っていて、それはそれは美しい景色です。

北海道「開拓ふくろふ乃湯」は源泉が2本もある贅沢さ

写真:菊原 朝香

地図を見る

北海道「開拓ふくろふ乃湯」は、池側が内湯1・露天風呂2、森側が内湯1・露天風呂1の間取りになっています。池側か森側かというのは日によって違い、奇数日には池側が女湯、森側が男湯、偶数日は逆となっています。内湯も露天風呂もどちらも加温かけ流しなので、とても清潔なお湯です。

琥珀色の湯色は日光の加減で表情を変えます。内湯と露天風呂とで色の濃さが違うのですが、これはそれぞれ源泉が違うから。たまにふわふわ浮いている繊維のようなものは湯の花ですので、安心して入浴を。湯温は内湯が約41℃、露天が38〜40℃ほど。特に露天風呂は低めの湯温で、長くつかれるということもありとても人気です。景色が美しいので、ついつい長湯したくなってしまいますしね。

北海道「開拓ふくろふ乃湯」は源泉が2本もある贅沢さ

写真:菊原 朝香

地図を見る

そしてここの泉質は、美肌成分が豊富なのも大きな魅力。余分な皮脂や角質を落とし、さらに保湿効果も期待できる女性にうれしい美肌の湯なんです。殺菌力があるので、ニキビや傷にも効果を期待できますし、湯あがりにはしっとりとした若々しい肌に。また保温力も高く、特に夏場は汗だくでしばらく服が着られないほどです。

人前で裸になるのがニガテな海外の方や、乳がんなどの手術跡があるなど人目が気になる方には、先着で2名までですが「湯浴み着(無料)」も用意されています。気軽に受付で相談してみましょう。もちろん持参もOKです!

大自然に癒されながら湯あがりを過ごす至高のひととき

大自然に癒されながら湯あがりを過ごす至高のひととき

写真:菊原 朝香

地図を見る

休憩所は、館内と離れとの2ヶ所。セルフサービスでコーヒーと冷たい麦茶が無料で用意されています。自動販売機もありますし、冷蔵庫にはビールやアイス(ともに有料)もありますよ。身体の火照りをゆっくり冷ましながら、窓から見えるここにしかない風景を楽しみましょう。

大自然に癒されながら湯あがりを過ごす至高のひととき

写真:菊原 朝香

地図を見る

館内と離れの間にはちょっとした渡り廊下があり、そこからは池や森がよく見え、絶好の撮影スポットでもあります。建物内は禁煙なのですが、渡り廊下に出る出口のそばには喫煙所があるので、愛煙家の方ものんびり過ごせますよ。そして渡り廊下を渡りきったところにある離れの休憩所では、日・祝日限定でカイロプラクティックの施術(有料)を受けることもできます。

大自然に癒されながら湯あがりを過ごす至高のひととき

写真:菊原 朝香

地図を見る

これだけ自然があふれた場所、かつ水場がすぐそばにあるという環境だと、気になるのが蚊やアブなどの虫たち。こういった血を吸う虫が気になって、彼らが活動しない寒い時期以外は露天風呂に長時間入りたくないという人も少なくありません。

ところが北海道「開拓ふくろふ乃湯」は、驚くほどこういった虫たちがいないのです。なぜなら、たくさん舞っているトンボたちが、これらの虫たちを食べてくれるから。風景を彩るだけじゃなく、思いがけない役にも立ってくれているんですね。

乗って!浸かって!札沼"泉"スタンプラリー

乗って!浸かって!札沼"泉"スタンプラリー

写真:菊原 朝香

地図を見る

2017年8月8日からスタートした、開拓ふくろふ乃湯(石狩金沢駅)」を含む、JR札沼線沿線徒歩圏内にある個性豊かな名湯4ヶ所を周る「乗って!浸かって!札沼"泉"スタンプラリー」という面白いイベントもあります。

一日数本しかなく、日本で一番早い最終列車が走る札沼線をうまく乗り継いで4ヶ所全部周れた時の達成感はたまらない!もちろん1日で全部周らなくても大丈夫。1施設ごとのんびり過ごして周るという楽しみ方もあります。

ただ、期限は札沼線廃線になる日までということなので、近年札沼線の廃止廃線が現実味をおびてきただけに、あまり延ばし延ばしにはしない方がいいかも!?「4施設すべて周ると1施設無料で入浴できる」というオトクな特典があるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

乗って!浸かって!札沼"泉"スタンプラリー

写真:菊原 朝香

地図を見る

参加施設は、下り順に石狩太美駅「ふとみ銘泉 万葉の湯」・石狩当別駅「滝の湯」・石狩金沢駅「開拓ふくろふ乃湯」・本中小屋駅「中小屋温泉」です。

町の鳥ふくろうにちなんで、スタンプ帳に描かれたカワイイふくろうのキャラクターは、北海道でおなじみのゆるキャラたち、さっぽろテレビ塔の非公式キャラクター「テレビ父さん」、「ジンギスカンのジンくん」、函館市非公認キャラクター「ヒジカタ君」などを生んだ「工房アルティスタ」がデザイン。

このスタンプラリー帳持参、もしくはJRを利用して「開拓ふくろふ乃湯」を訪れた人は、当別町の銘菓を1つもらえるといううれしい特典もあります。スタンプ帳は各施設で入手可能です。

乗って!浸かって!札沼"泉"スタンプラリー

写真:菊原 朝香

地図を見る

湯めぐり途中下車の旅ともいえる、温泉好きと鉄道好きの心をくすぐるこのスタンプラリーを企画したのは、なんと当別町「開拓ふくろふ乃湯」の湯守 野 紀康さんなんです。野さんは温泉ソムリエをはじめ温泉関連の資格を多数取得しており、北海道内の温泉を800湯もめぐっている温泉の達人でもあるので、正しい入浴法や道内のオススメ温泉を聞いたら快く答えてくれますよ。

<スタンプラリーに関するお問い合わせ>
当別町スタンプラリー実行委員会(担当:野様)
電話:090−9210−8143

開拓ふくろふ乃湯の基本情報

住所:〒061-0212 北海道石狩郡当別町字金沢157-7
アクセス:JR石狩金沢駅 徒歩3分
TEL:050-3556-0296
営業期間:4月中旬から11月末日まで
営業時間:平日12:00〜21:00(最終受付20:30)
土日祝11:00〜21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週月曜日・第4火曜日(祝日の場合は翌日)
入湯料:入湯料:大人600円/大人(65歳以上)550円/小学生 250円/小学生未満 無料
備品:リンスインシャンプー・ボディソープ・ドライヤー・鍵付きロッカー(無料)

2017年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -