消えゆく芸術を求めて 世界遺産のペナン島で壁画アートを見よう!

| マレーシア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

消えゆく芸術を求めて 世界遺産のペナン島で壁画アートを見よう!

消えゆく芸術を求めて 世界遺産のペナン島で壁画アートを見よう!

更新日:2017/11/09 14:49

上杉 華子のプロフィール写真 上杉 華子 フリーライター、歴史建築・美術ナビゲーター、歴史・神話研究家

マレーシアのペナン島といえば、リゾート地やユネスコ世界遺産地区のジョージタウンが有名です。その世界遺産の街には、素敵なストリートアートが数多くあることをご存じですか?これらの作品には、単なる素晴らしさだけでなく、ユーモアやメッセージ性のある作品などが数多くあります。今回はそんなペナン島・ジョージタウンの、素敵なストリートアートの世界へご案内しましょう。

街全体が美術館?ペナン島のストリートアート

街全体が美術館?ペナン島のストリートアート

写真:上杉 華子

ペナン島のストリートアートは、2012年にペナン市議会が決定した、ジョージタウンフェスティバルのための「Mirrors George Town」というプロジェクトから始まりました。このプロジェクトは、ペナン旧市街の様々な場所に壁画を描くことで、特にリトアニアのアーティストErnest Zacharevicの描く壁画が有名です。この写真にある「Kids on Bicycle」も彼の作品です。

街全体が美術館?ペナン島のストリートアート

写真:上杉 華子

これは「Boy On Chair」というErnestの作品です。少年が一生懸命つま先立ちになって手を伸ばしますが、なかなか届きません!可愛らしいですね。ちなみに彼が乗っている椅子は、本物の椅子です。

街全体が美術館?ペナン島のストリートアート

写真:上杉 華子

こちらもErnestの「Old Motorcycle」という作品です。なんとバイクは本物!観光客がよくこのバイクに乗るせいか、バイクのサドル部分が破れています。なお、この作品左には「Little Boy with Pet Dinosaur」という作品があり、連続した絵になっていました。

「Little Boy〜」は、小さな男の子が描いた恐竜が絵から抜けだしたので、恐竜に首輪をつけて散歩させているという絵でした。バイクの少年の驚いた顔は、そんな背景があったようです。残念ながら「Little Boy〜」のほうは風化してしまい、恐竜の一部がわずかに残るのみです。興味がある方は、ぜひ検索してみて下さいね。

探してびっくり!巨大なストリートアート

探してびっくり!巨大なストリートアート

写真:上杉 華子

それでは、巨大なストリートアートをご紹介しましょう。まずは写真にある「Kungfu Girl」という作品です。見ての通り、壁に巨大な女の子の絵!しかも両手を窓枠に乗せているように描いているところがユニークです。

探してびっくり!巨大なストリートアート

写真:上杉 華子

次に巨大な作品といえるのが、写真の「Trishaw Man」。こちらはビルの壁面4階分の大きさに描かれた大作です!ちなみに「トライショー」とは、自転車の後ろにお客用の椅子を付けて走る、「人力車」に似た乗り物です。現在でもペナンの歴史地区を走っていますよ。

探してびっくり!巨大なストリートアート

写真:上杉 華子

最後の巨大アートは、ロシアの壁画家・ジュリア・ボルココワの作品「The Indian Boatman」です。世界遺産地区に溶け込んだ巨大な作品ですが、路地裏にあるので、見つけ難いかもしれません。ちなみにペナン島にはインド人街もあるくらい、インド人比率が高い街でもあります。

可愛い猫のアートも!

可愛い猫のアートも!

写真:上杉 華子

可愛い猫の壁画も多くありますが、3点だけご紹介しましょう。まずは青い窓から覗く猫。青い窓部分には本物の木窓が設置されています。ちなみに、この作品はジョージタウン街歩きマップには掲載されておらず、作者や作品名は不明です。

可愛い猫のアートも!

写真:上杉 華子

こちらは「Love Me Like Your Fortune Cat」という作品です。赤い招き猫たちに目を奪われますが、屋根の軒先になんとネズミがいるではありませんか!このネズミを狙う猫という構図もユニークですね。

可愛い猫のアートも!

写真:上杉 華子

こちらは「Please care & Bathe Me」という作品です。この作品は「101 Lost Kittens Project」のASA(迷子動物のためのアーティストチーム)によって描かれました。猫は自立した動物ですが、この捨てられた2匹の猫は、人の助けを必要とする猫がいることを訴えかけています。考えさせられる作品ですね。

生き生きした子供たち

生き生きした子供たち

写真:上杉 華子

写真は「Children Playing Basketball」という作品です。とても躍動感がある作品ですね。ちなみにボールやゴールは本物が使用されています。

生き生きした子供たち

写真:上杉 華子

こちらは地元アーティストLouis Ganの「Brother And Sister On Swing」です。見ているだけで楽しそうですね。もう一つのブランコは空いていますので、一緒に写真が取れますよ。

生き生きした子供たち

写真:上杉 華子

この写真の壁画も街歩きマップに記載されていませんが、マレーシアでよく見かける風景を切り取った作品です。屋台には「オリジナルで新鮮な豆乳」とマレー語で書かれています。屋台の屋根と看板は、絵ではなく本物です。

残念!早く見ないと消えちゃいそうなアートたち

残念!早く見ないと消えちゃいそうなアートたち

写真:上杉 華子

最後に、風化危惧作品を3点ご紹介します。早く見に行かないと、消えてしまうかも!写真の壁画は「The Real Bruce Lee Would Never Do This」。ブルースリーが猫を蹴り飛ばしている作品です。確かにこんなことはしないでしょうね。

残念!早く見ないと消えちゃいそうなアートたち

写真:上杉 華子

こちらも街歩きマップに記載はありませんが、女の子が竹でヤシの実を取ろうとしている作品です。逆側をよく見ると、猿もヤシの実を取ろうとしているではありませんか!ヤシの実争奪戦ですね。

残念!早く見ないと消えちゃいそうなアートたち

写真:上杉 華子

この壁画は「Skippy」という作品です。こちらもASAのアーティストグループが、動物保護とペットを愛する必要性を認識させる為に描いた壁画の1つです。この壁画の側面には、巨大なネズミが猫にばれないようにしている姿が描かれています。

いかがでしたでしょうか。ペナンにはこの他にも多くの素晴らしい作品があり、街全体が美術館のようです。ただ残念なことに、これらの作品は環境に優しい塗料を使っているため、2年ほどで消えていく運命だそうです。壁画を良い状態で見たい方は、なるべく早くペナンを訪れてみて下さいね。

ペナン島・ジョージタウンのストリートアート基本情報

場所:ペナン島 ジョージタウン(ユネスコ世界遺産地区)に点在
電話:604-263-1166 (ペナン・ツーリスト・インフォメーションセンター)
街歩きマップ:駅やツーリスト・インフォメーションセンターなどで無料入手が可能

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/31 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ