秋のデザートブッフェはオーダーメイド!セントレジスホテル大阪

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

秋のデザートブッフェはオーダーメイド!セントレジスホテル大阪

秋のデザートブッフェはオーダーメイド!セントレジスホテル大阪

更新日:2017/10/31 13:44

旅人間のプロフィール写真 旅人間 はらぺこライター、旅ブロガー

2017年秋、セントレジスホテル大阪で開催されている「秋のオーダーメイドデザートブッフェ」。席を立たずに注文出来るテーブルオーダーブッフェ、しかも好みに合わせてアレンジできるわがままオーダーを可能にした優雅なスタイルです。木製プレートに秋の世界をイメージさせた「プティ・デザート」付きで「セイボリー」も食べ放題。11月19日までの期間限定。この秋はお皿の上の芸術的デザートを楽しんでみませんか。

可愛くて美しい秋の世界「プティ・デザート」

セントレジスホテル大阪で開催されている2017年の「秋のオーダーメイドデザートブッフェ」は、最初にウエルカムドリンクから始まり、プティ・デザート プレート、テーブルオーダーブッフェと続きます。

秋の世界をイメージさせた「プティ・デザート」は、木製プレートでテーブルまで運ばれてきて、横には更に可愛く写真映えさせることを可能にしたハートの飾り付き。自分の好みで飾りつけられるのも嬉しいですね。内容は盛り沢山で、キャラメルプリン、ショコラシュー、抹茶ケーキ、フィナンシェ、ぶどうマカロン、栗入りコーヒースコーンなど。

可愛くて美しい秋の世界「プティ・デザート」

写真:旅人間

地図を見る

木製プレートの上で演じられる秋を彩る小さなデザート。この一つ一つが実に可愛らしく、食べるのがもったいなくもあり、なかなか一つ目が選べないでしょう。「何から食べようか」と周囲から歓喜に満ちた会話が飛び交い始める、さぁ、幸せに満ちた時間のスタートです!

可愛くて美しい秋の世界「プティ・デザート」

写真:旅人間

地図を見る

この「プティ・デザート」は、甘いスイーツの中にベリーの甘酸っぱさが巧みに含まれているのが印象的。例えば、カシス・ラズベリー・クランベリーのソースを混ぜ合わせた甘酸っぱさが特徴の「キャラメルシュー」は、甘いケーキの後に食べるのがおすすめ。

可愛くて美しい秋の世界「プティ・デザート」

写真:旅人間

地図を見る

「テーブルオーダーブッフェ」はわがままオーダーも可能!

今回のデザートブッフェの最大の特徴は、席を立たずに注文出来るテーブルオーダーブッフェであること。注文後にパティシエが一つ一つ丁寧に作ってくれる新しいスタイルです。

ブッフェでテーブルオーダーが出来るというだけでも驚きですが、注文後に「自分がオーダーしたデザート」が作られる様子を見に行って、好みに合わせてオーダーをアレンジしても大丈夫。要するに「ミックスベリーソースたっぷり」「色んな種類を食べたいから小さめで作って」なんていうわがままなオーダーもOKなのです!

「テーブルオーダーブッフェ」はわがままオーダーも可能!

写真:旅人間

地図を見る

20種類ある厳選されたメニューの中から、好きなものをどれだけでも注文できると言われても、実際に食べられる数には限りがあります。仮にわがままオーダーで小さくアレンジしてもらったとしても、そこまで変わりはないでしょう。

「スフレチーズ ピスタチオアイスとキャラメルソース」はピスタチオアイスのアッサリ感は食べやすく、スタートの一品としておすすめ。また限界に近付いた最後の一品として調度良さそうです。

「テーブルオーダーブッフェ」はわがままオーダーも可能!

写真:旅人間

地図を見る

もし何を注文して良いか悩むなら「栗のミルフィーユ ミックスベリーソース」がイチオシです。濃厚なマロンクリームはサクサクッとした食感のミルフィーユでサンドされ、甘酸っぱいミックスベリーソースが驚くほど口の中で調和して、うん!うまい。

倒れそうで倒れない絶妙なバランスを保ちながら目の前にやって来るデザートは、普通のビッフェでは絶対に食べられない芸術的なデザート。これもオーダーメイドならではのメニューと言えますね。

「テーブルオーダーブッフェ」はわがままオーダーも可能!

写真:旅人間

地図を見る

甘さを一度リセット!「セイボリー」も食べ放題

木製プレートの「プティ・デザート」や「オーダーメイドデザート」の魅力を引き出す名脇役が、カウンターに用意されたセイボリーです。「セイボリー」とは塩分を含んだお惣菜のような料理をイメージしてもらうと良いでしょう。

内容はその日によって多少の変化はありますが、例えば「キノコとトリュフのキッシュ」「豚のリエット」「季節の根菜マリネ」「ふわふわタマゴサンド」「サーモンマリネ」「グリュイェールチーズとジャガイモグラタン」といった感じのラインナップ。

甘さを一度リセット!「セイボリー」も食べ放題

写真:旅人間

地図を見る

このセイボリーは全種類お皿に盛って、口の中が少し甘くなってきたなって頃合いが実に最適。「デザートを食べたいから、他でお腹がいっぱいにしたくない」なんて考えは外しましょう。もちろん何度もおかわりをしたら別ですが、逆にセイボリーがあるからこそ、バランスが良く心地よく良く食べられます。

特におすすめは「季節の根菜マリネ」。この酸味があってシャキシャキっとした触感は、食欲を増進させてくれるはず!

甘さを一度リセット!「セイボリー」も食べ放題

写真:旅人間

地図を見る

最も存在感がある「ふわふわタマゴサンド」は口当たりもアッサリし食べやすい。フワッとした触感は癖になり、つい何個も食べたくなりますが、厚切りタマゴは食べ過ぎるとお腹にドンと響きます。主役のオーダーメイドのデザートのために、ここは食べ過ぎに気を付け、少し控えめにした方が良さそうです。

甘さを一度リセット!「セイボリー」も食べ放題

写真:旅人間

地図を見る

ホテルオリジナルブレンドティー「利休」の魅力

ウエルカムドリンクに運ばれてくるホテルオリジナルブレンドティー「利休」にもぜひ期待して下さい。優しい甘さですが「えっ」と意表を突かれる魅力に出会えます。

体が癒えて行くような甘みの正体は緑茶とダージリンの茶葉がブレンド、そして隠し味に醤油と柚子が入っているんですよ。面白いでしょ。メレンゲでデコレーションされているのも可愛らしく、今回の「秋のオーダーメイドデザートブッフェ」で最初にこの味からスタートするのは、さすが!の一言です。

ホテルオリジナルブレンドティー「利休」の魅力

写真:旅人間

地図を見る

フレンチビストロ「ルドール」で過ごす優雅な時間

ミシュランガイドの最高評価のレッド5パビリオンを獲得する「セントレジスホテル大阪」。このホテルの1階フロアに位置するフレンチビストロ「ルドール」はモザイクタイルと屋外テラスが印象的なスタイリッシュなスタイルが特徴的。

開放的な空間で過ごす優雅な2時間の「秋のオーダーメイドデザートブッフェ」は11月19日までの期間限定。この秋はお皿の上の芸術的デザートを楽しみましょう。

フレンチビストロ「ルドール」で過ごす優雅な時間

写真:旅人間

地図を見る

セントレジスホテル大阪「秋のオーダーメイドデザートブッフェ」基本情報

セントレジスホテル大阪で開催されている2017年の「秋のオーダーメイドデザートブッフェ」は毎日開催で期間は11月19日までの2時間制です。
ランチコースに追加料金1,000円で、秋のオーダーメイドデザートブッフェからチョイスしたデザート7品をお好きなだけ食べられるサービスもあります。詳細は下部MEMOより公式サイトにてご確認下さい。

セントレジスホテル大阪 フレンチビストロ「ルドール」
住所:大阪府大阪市中央区本町3丁目6-12 1F
電話番号:06-6105-5659
営業時間:15:00〜17:00 (ラストオーダー16:30)
料金:4,500円(4歳〜12歳は2,250円)

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -