スペイン・グラナダ散策の強い味方「グラナダ市内観光列車」

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

スペイン・グラナダ散策の強い味方「グラナダ市内観光列車」

スペイン・グラナダ散策の強い味方「グラナダ市内観光列車」

更新日:2018/07/27 12:30

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 穴場発見さまよいライター、地元のグルメ伝道師
今も中世の面影が色濃く残るスペインの古都グラナダ。中でも観光の目玉になっているアルハンブラ宮殿は、小高い丘の上にあり、歩いて訪問するのはちょっと大変……。

でもあるんです、快適に巡れる便利な交通機関が!今回は、グラナダ観光の頼もしい交通機関、「グラナダ市内観光列車」をご紹介いたします。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

「乗り降り自由」で移動も楽々

「乗り降り自由」で移動も楽々

写真:道明寺 彩希

地図を見る

「Granada City Tour Train(グラナダ観光列車)」は、グラナダの市内観光にとても便利な交通手段。

グラナダの街は石畳が多く、歩いて観光すると午後には足の疲れが出てきたり、雨が降れば足元が滑りやすいっていうことも。それに暑さ寒さが厳しいので、長時間の野外移動はちょっと厄介です。でも、グラナダ観光列車を賢く利用すれば時間の節約にもなり、快適に市内を観光することが可能なんですよ!

「乗り降り自由」で移動も楽々

写真:道明寺 彩希

地図を見る

バスのチケットは運転手さんより直接購入可能。一日乗り放題券「1 Dia(ウン ディーア)」は、ひとり8ユーロ(約1,000円)。8歳以下のこどもは無料で乗車可能。途中下車せずに一周する一周券「1 Vuerta(ウナ ブエルタ)」は、ひとり6ユーロ(約780円)ですが、途中下車すると無効になるので観光には1日乗り放題券の方が絶対にお得です。

車内では日本語で観光案内が聞けるので、ガイド料も込み。チケット購入時にルートマップとイヤホンが手渡されます。

「乗り降り自由」で移動も楽々

写真:道明寺 彩希

地図を見る

運行時間は季節により、1月・2月・11月・12月:毎日10:00〜19:00。3月・6月・7月:毎日9:00〜22:00。4月・5月・8月〜10月:日曜日・月曜日9:00〜22:00。火曜日〜土曜日9:00〜1:00(深夜)。

列車の運行間隔は25分となっていますが、乗客が多い時期には増便され臨機応変に運行されています。天井はガラス張りになっており解放感抜群。車内に居ながらにして景色を堪能できる工夫がなされています。

「アルハンブラ宮殿」観光

「アルハンブラ宮殿」観光

写真:道明寺 彩希

地図を見る

それでは一日乗車券を利用してグラナダ観光の見どころを紹介していきましょう。停留所番号1.アルハンブラ宮殿とフェネラリフェ庭園「Alhambra y Generalife(アランブラ イ フェネラリフェ)」(停留所の名前)は、アルハンブラ宮殿に行ける停留所。

停留所1.の場所は、チケット販売所がある正面玄関。この場所には「Generalife(フェネラリフェ)庭園」ヘの入場口があります。注意しなくてはならないのは、王宮の入場口までは徒歩で5分以上歩かなければいけないということ。時間には十分余裕をもってお出かけください。

「フラメンコ」鑑賞

「フラメンコ」鑑賞

提供元:Pixabay

https://pixabay.com/ja/地図を見る

停留所番号4.嘆きの小路「Paseo de los Tristes(パセオ デ ロス トゥリステス)」は、昔ジプシーの生活の場であった洞窟式住居が多く残る「Sacromonte(サクロモンテ)」地区に行ける停留所。ここには洞窟を利用した「Tablao(タブラオ)」と呼ばれるフラメンコショーを見せる店が点在しています。

停留所4.があるのは車両が通れる目ぬき通り沿い。脇道が楽しい地域ですが、迷わないようにご注意を!フラメンコショーは夜ですが、日中のお散歩では白壁の雰囲気ある風景に出合えてインスタ映えする写真が撮れるエリアです。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

「アルハンブラ宮殿」の全景を眺める

「アルハンブラ宮殿」の全景を眺める

写真:道明寺 彩希

地図を見る

停留所番号5.修道女の喜び「Placeta de Abad(プラセタ デ アバデ)」は、アルハンブラ宮殿の全景を眺めることができるサン ニコラス展望台「Mirador de San Nicolas(ミラドール デ サン ニコラス)」へ行ける停留所。展望台からは最高に美しいアルハンブラ宮殿の全景が昼夜を問わず眺められます。

この界隈は傾斜が急で道が狭く、車幅のある道が少ないので停留所5.がある場所は展望台より少し下。およそ5分歩かなければなりませんが、道なりに前を向いて進んでいくだけ。それにここで列車を降りる人のほとんどが展望台を目指すので、迷う心配はありません。

「大聖堂」訪問

「大聖堂」訪問

写真:道明寺 彩希

地図を見る

停留所番号7.ロマニージャ広場「Plaza de Romanilla(プラサ デ ロマニージャ)」は、大聖堂「Catedral(カテドラル)」に行ける停留所。停留所7.があるのは大聖堂の裏手。この周辺にはお土産屋さんやレストランなどが集中しており、グラナダの街の中心部の賑わいを感じることができます。

楽しいエリアですが、ローズマリーを手にもって手相を無料で見てあげる!と近づいてくるジプシーにはご注意を。相手にすると最終的に高いお金を要求してきますよ。

グラナダ市内を巡る列車は観光のパートナー

快適かつ効率的にグラナダ観光ができる「グラナダ市内観光列車」について、いかがだったでしょうか?この列車のルートはグラナダ市内の見どころを網羅しているので、快適かつ賢く観光したい方に持って来いの交通機関です。

<グラナダ市内観光列車の基本情報>
住所:Carrera del Darro 3 Granada
電話番号:+34−958−224−527
営業時間:9:30〜21:30(年中無休)

※2017年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -