茨城のパワースポット「筑波山」紅葉は夜がお勧め!

| 茨城県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

茨城のパワースポット「筑波山」紅葉は夜がお勧め!

茨城のパワースポット「筑波山」紅葉は夜がお勧め!

更新日:2017/10/19 11:32

中島 誠子のプロフィール写真 中島 誠子 3児の子連れ旅ライター、オシャレ旅研究家

2017年の紅葉は、夜の山の中で楽しんでみませんか?パワースポットと言われる「筑波山」は、茨城を代表する紅葉スポットの一つ。日中に行かれる方が多いのですが、お勧めは夜!秋の闇夜に浮かぶ、幻想的なもみじは必見です。そして、紅葉シーズン限定でケーブルカーの夜間運行が行われます。車窓から見えるもみじも素敵ですよ。

筑波山紅葉ライトアップの場所と見頃

筑波山紅葉ライトアップの場所と見頃

写真:中島 誠子

地図を見る

茨城県の筑波山は、筑波山神社のご神体で、山全体が神社の境内というパワースポット。男体山と女体山の二つの山から成り、それぞれ登山の入口があります。日中はどちらの山でも紅葉を楽しむことができますが、今回ご紹介する夜の紅葉ライトアップは、男体山側。

ライトアップが行われる場所は、筑波山ケーブルカーの山麓の発着駅「宮脇駅」周辺およびケーブルカーの沿線となります。宮脇駅周辺には、もみじが多く樹林しており、紅葉シーズンの人気スポット。もみじライトアップ期間は、例年11月上旬〜下旬で、見頃は例年11月中旬頃となります。混雑する日中に比べ、夜は静かに見学できますよ。

スバリ、ここからの景色が一番最高!

スバリ、ここからの景色が一番最高!

提供元:筑波観光鉄道株式会社

http://www.mt-tsukuba.com/?page_id=8

闇夜に浮かぶ夜の紅葉は特別な美しさ。ずばり、一番景色がきれいな場所は、宮脇駅ケーブルカー乗り場の隣。ケーブルカー乗り場まで行かず、駅周辺の散策路の石段を上って行くと、ケーブルカー乗り場の隣の道に辿り着きます。

ライトアップされたもみじに大きく囲われ、その奥に夜景が見える美しい景色。紅葉の撮影をしたい方もこちらが一番お勧めです。また、駅前には展望台があり、麓のつくば市をはじめ、空気が澄んだ日には東京の夜景まで見ることができます。

スバリ、ここからの景色が一番最高!

写真:中島 誠子

地図を見る

宮脇駅の改札を入ったところ(ケーブルカー乗車口手前)のもみじも美しい。ここは駅の照明があって明るいので、紅葉をバックにきれいに記念写真が撮れます。

夜間運行のケーブルカーに乗ってみよう!

夜間運行のケーブルカーに乗ってみよう!

写真:中島 誠子

地図を見る

ケーブルカーに乗ってさらに紅葉を満喫!筑波山の頂上まで行ってみよう。筑波山頂駅まではなんと8分!登山道を何時間も歩く必要はなし。気軽に山頂まで行くことができます。

<もみじライトアップ×ケーブルカー夜間運行 開催期間 2017>
2017年11月3日(祝)〜11月26日(日)の土日祝日
および 11月16日(木)〜11月26日(日)の毎日
※雨天時は運行中止

<夜間運行 営業時間>
17:00〜20:00
※毎時間00分、20分、40分の20分間隔で運行
※ケーブルカーは日中も運行しているため、17時以前のケーブルカーに乗り、17時以降のケーブルカーで下山することも可能。

夜間運行のケーブルカーに乗ってみよう!

写真:中島 誠子

地図を見る

途中、トンネルがあって怖いようなワクワクするような・・・。夜のケーブルカーはちょっとスリリング。

夜間運行のケーブルカーに乗ってみよう!

写真:中島 誠子

地図を見る

ケーブルカー沿線の紅葉ライトアップ。ケーブルカー内の照明はおとされ、辺りは真っ暗。山の中に浮かび上がるもみじの美しい景色は、ケーブルカーからしか楽しめないとっておきの紅葉ですね。

山頂からの夜景も!

山頂からの夜景も!

写真:中島 誠子

地図を見る

筑波山頂駅に到着すると、そこは御幸ヶ原(標高800メートル)。楽しめるのは紅葉だけではありません。売店、レストラン、展望台のある「コマ展望台」があり、屋上の展望台(無料)からは関東平野の夜景が一望できます。

ケーブルカーは20分間隔で運行しています。お帰りの時間をチェックしておいてくださいね。また、夜の山はとても冷えますので、必ず防寒をして行きましょう。

<コマ展望台 営業時間>
ケーブルカー夜間運行の日は19:50まで
※レストランは19:00ラストオーダー

紅葉ライトアップまでの道のり

紅葉ライトアップまでの道のり

写真:中島 誠子

地図を見る

駅までの道のりは、階段が多いので、少しばかり心のご準備を。筑波山神社の入口から入り、神社の本殿前を通過し、宮脇駅へと向かいます。神社入口から駅までは大人の足で約15分程。長い階段が続きますが、所々紅葉が見られ、ちょっとした登山気分も味わえるので楽しいですよ。

夜の神社はとても幻想的。静寂に包まれ、いつも以上に凛とした空気が漂います。夜でも参拝可能ですので、まずは本殿にご参拝ください。

ちょっと疲れたら、宮脇駅売店でひと休憩も可能です。焼きだんご、肉まん、ソフトクリームなどの軽食やお土産が販売されていますので、紅葉の鑑賞の前後にぜひ。

<宮脇売店 営業時間>
ケーブルカー夜間運行の日は20:00まで

筑波山へ電車で行くなら「筑波山きっぷ」がお得!

電車で行くなら、「筑波山きっぷ」を。つくばエクスプレス乗車駅〜つくば駅までの往復乗車券、つくば駅から筑波山までの直行シャトルバスの往復料金、筑波山ケーブルカー・ロープウェイが乗り放題の料金が含まれています。(ちなみに、秋葉原駅からの場合、大人ひとり4,300円)1泊2日の日程でも利用できますよ!

秋冬シーズンは、ロープウェイで夜景を見に行く「スダータストクルージング」も開催されていますので、紅葉の後は夜景も楽しめます。また、筑波山には、温泉のあるホテルが建ち並んでいますので、ぜひ泊まって温泉に入ってゆっくり筑波山を楽しんでくださいね!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/18−2016/11/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -