ラオスの古都ルアンパバーンで体験 ホテル「AZERAI」の新しいラグジュアリー

| ラオス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ラオスの古都ルアンパバーンで体験 ホテル「AZERAI」の新しいラグジュアリー

ラオスの古都ルアンパバーンで体験 ホテル「AZERAI」の新しいラグジュアリー

更新日:2017/11/06 20:27

遠藤 唯菜のプロフィール写真 遠藤 唯菜 トラベルライター

世界屈指の高級ホテルリゾート、アマンの創立者がラオスの古都・ルアンパバーンに2017年3月に開業したホテル「AZERAI」。客室・プール・ビストロ・スパ・ジム・ラウンジとホテル全体に広がる、こだわり抜かれた機能性抜群の設備に、アマン従来の妥協の一切ないおもてなし。ルアンパバーンの中心地に位置しつつも、一歩足を踏み入れると開放感のある「AZARAI」をご紹介します。

次世代のラグジュアリーを追求する「AZERAI」

次世代のラグジュアリーを追求する「AZERAI」

提供元:azerai hotels

https://www.azerai.com/地図を見る

アマンと言えば、最高級ホテルの代名詞としても有名ですが、その創立者のエイドリアン・ゼッカ氏が新たなラグジュアリーを追求して開業したのがホテル「AZARAI」です。

街から離れた場所にあり、そのホテルに宿泊する為にわざわざ訪れたい!という要素を持つアマンに対し、「AZERAI」は世界遺産の街・ルアンパバーンの中心に位置し、観光や世界遺産の街と一体化してラグジュアリーな滞在を提供したい!というゼッカ氏の意気込みが感じられます。

次世代のラグジュアリーを追求する「AZERAI」

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

中庭に位置する25mプール(最深部は1.5m)は、両サイドにビーチベットがあり、のんびり寛げます。またビーチサイドにはミニバーもあり、軽食も提供していますので、優雅な時間を過ごすことができます。

次世代のラグジュアリーを追求する「AZERAI」

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

夜のライトアップで雰囲気の変わるプールサイドもロマンチックで必見です。

ラオスの伝統に触れる!早朝の托鉢に参加しよう!

ラオスの伝統に触れる!早朝の托鉢に参加しよう!

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

仏教国であるラオスで欠かせない伝統行事と言えば、早朝の托鉢です。「僧侶に食料を渡すことは、私欲を捨て徳を積む。」と言われており、日の出前に僧侶が沿道に並ぶ人々からご飯を受け取る托鉢が毎朝行われています。

「AZERAI」の前は托鉢が行われるルートなので、前日にフロントへ申し込むと、托鉢用のスチームライス、肩掛け布、道路に敷くござ一式を用意してくれます。

あくまでも托鉢は敬虔な宗教行事なので、「僧侶より上から托鉢を見ない、僧侶に触らない、露出した服装は控える、フラッシュ撮影禁止」などマナーはしっかり守って敬意を持って参加しましょう。

ラオスの伝統に触れる!早朝の托鉢に参加しよう!

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

早朝に始まる托鉢は早起きをすれば誰でも見学することができますが、地元の人のようにスチームライスを手づかみで僧侶に渡すという経験ができるのは、「AZERAI」に宿泊する人の特権です。また、スタッフは写真撮影も快く引き受けてくれますので、旅の思い出になること間違いなしです!

まるで家のように寛げる!シンプルで機能性抜群な客室

まるで家のように寛げる!シンプルで機能性抜群な客室

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

客室は全53室で全室シャワーのみとシンプルな作りです。客室タイプはガーデン側かプールサイド側に分かれていて、全バルコニーにイス・テーブル・ビーチベットが備えられています。

客室の広さも35平米からとホテル感満載のゴージャス感はなく、生活感溢れるサイズ感です。独立洗面台が2つあり、USBケーブル接続もコンセントの他に3つあり、ゲストにプレゼントのサンダルや、無料の手作りスナックに、豊富なアメニティとルームサービスが用意されています。使い勝手がよく、肩肘張らない、まるで家で過ごすような快適さを楽しみましょう。

まるで家のように寛げる!シンプルで機能性抜群な客室

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

客室内には、デロンギのコーヒーマシンや、手作りクッキーやバナナチップスが用意されています。1つ1つ質に拘ったおもてなしを感じられます!

南国フルーツをふんだんに使った朝食ビュッフェでビタミンチャージ!

南国フルーツをふんだんに使った朝食ビュッフェでビタミンチャージ!

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

朝食ビュッフェは1人12USドル。パイナップル、スイカ、パッションフルーツ、ラムヤーイ、モンキーバナナなど地元で取れたフルーツや手作りスムージーが盛りだくさんです!

こちらのビストロでは、モーニング、ランチ、ディナー共に、地元の食材をふんだんに使用したラオス料理も楽しめます。

南国フルーツをふんだんに使った朝食ビュッフェでビタミンチャージ!

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

日本ではなかなか手に入らないフルーツのオンパレード。かつてフランスの植民地であった為、フランスパンやクロワッサンは絶品です!

アマン従来の別格のおもてなしを体験!

アマン従来の別格のおもてなしを体験!

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

ゼッカ氏の謳う、「ホテルでもっとも大切なのは、たとえリーズナブルでも、本物のもてなしは存在する」との言葉通り、「AZERAI」はアマン従来の別格なおもてなしを受けられます。

ホテルに足を踏み入れると、ウェルカムドリンクを提供してくれ、総支配人(元アマンタカの総支配人)本人が挨拶をしに来てくれます。また、スタッフの多くもアマン経験者なので、細かなおもてなしの精神が宿っています。チェックインはもちろん客室で行うので、ロビーはラウンジのように寛ぐことができます。

アマン従来の別格のおもてなしを体験!

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

「AZERAI」では清掃後でも、シャワーを浴びて外出して帰ってくると、夕方にはタオルが交換されていたり、メッセージカードとラオス伝統の小物がベットにプレゼントがあったり、客室に戻る度に心温まるおもてなしがあります。しかもその間、スタッフとゲストが一切鉢合わせしない工夫も。アマンの血を引く別格のおもてなしですね!

アマン従来の別格のおもてなしを体験!

写真:遠藤 唯菜

地図を見る

プールに入った後など、絶妙なタイミングで客室に配られる南国フルーツは疲れた身体を癒してくれます。

まとめ

「AZERAI」には、この他にもジムやスパやヨガスタジオがあり身体のメンテナンスもホテル内でできます。観光に便利な自転車の貸し出しもあり、ゲストに寄り添ったサービスが満載です。

是非、世界遺産の街・ルアンパバーンの中心地の「AZERAI」に宿泊し、次世代のラグジュアリーをご体感ください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/06−2017/10/08 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -