半日で巡れる!ブルネイの歴史とイスラムを学べるスポット

| ブルネイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

半日で巡れる!ブルネイの歴史とイスラムを学べるスポット

半日で巡れる!ブルネイの歴史とイスラムを学べるスポット

更新日:2017/10/31 15:16

インディカ マイのプロフィール写真 インディカ マイ 3泊4日トラベラー

原油と天然ガスによって裕福なブルネイは、街は清潔で治安がよく、イスラム教の特色が色濃く感じられる国。日本人にとっては馴染みの薄い国かもしれませんが、それだけ新鮮であり、日本とは異なる文化に触れる事ができます。市内に集まる博物館やモスクを半日かけて回れば、ブルネイの歴史とイスラム教を垣間見る事が出来るでしょう。

ブルネイの歴史が学べる「マレーテクノロジーミュージアム」

ブルネイの歴史が学べる「マレーテクノロジーミュージアム」

写真:インディカ マイ

地図を見る

マレーテクノロジーミュージアム(マレー技術博物館)は、市内から車で15分ほどの距離にあります。最新の技術展示ではなく、ブルネイの人々がどのような生活を営んできたかという歴史博物館の要素を多く含んだ施設です。

ブルネイの歴史が学べる「マレーテクノロジーミュージアム」

写真:インディカ マイ

地図を見る

水上集落の人々がどのように漁業や料理を行っているか、衣食住の模型が展示されています。また、原油が発掘される以前の収入源である金銀製品や織物の製作について、ブルネイ各地域の衣装や民族の特徴について、現在建設中の全長約6,000メートルの大橋について等、ブルネイの歴史と今を学ぶことができます。

<基本情報>
住所:Simpang 482, Kampung Kota Batu, Brunei

今昔が混在する水上集落「カンポンアイール」

今昔が混在する水上集落「カンポンアイール」

写真:インディカ マイ

地図を見る

ブルネイの中心部に位置する外せない観光地の一つに、ブルネイ川に浮かぶ水上集落「カンポンアイール」があります。水上集落と聞くと、貧しい印象を持つ方も多いと思いますが、ブルネイの場合は好んで水上集落に住んでいる人も多くいます。昔から住んでいるから、漁をするのに便利だから、信号も渋滞もない水上は交通に便利だから等、理由は様々ですが、住んでいる人の多くはさほど不便さを感じていません。水上集落のあちらこちらに桟橋があり、電話をすると24時間運行している水上タクシーが迎えに来てくれます。

今昔が混在する水上集落「カンポンアイール」

写真:インディカ マイ

地図を見る

水上集落には、学校や病院、スーパーやモスクはもちろん、消防署や駐車場もあります。ボートをチャーターして1時間ほど水上集落を回ってみると、その他にも驚く施設があるかもしれません。

今昔が混在する水上集落「カンポンアイール」

写真:インディカ マイ

地図を見る

ブルネイではこの水上集落観光を含む現地発着のオプショナルツアーも数多くあり、ツアーに参加すると、お宅訪問ということで旅行会社と契約のある水上宅に上がらせて頂けることも。より深く現地の生活を知りたいという方は、こういったツアーを利用するのもおすすめです。

こちらの家は、ボートレースにて何度も優勝しており、水上タクシーを運営するお金持ち。賞状とトロフィーが所狭しと並び、由緒ある家系なのか歴代家長の写真も並んでいます。水上の家とは思えない広さと内装。水道電気はもちろん、キッチンにはガスが通り、冷蔵庫や温水シャワーも完備されています。

<基本情報>
Kompleks Yayasan Sultan Haji Hassanal Bolkiah, Jalan McArthur, Bandar Seri Begawan BS8711, Brunei

歴代王様による「オールドモスク」と「ニューモスク」

歴代王様による「オールドモスク」と「ニューモスク」

写真:インディカ マイ

ブルネイを象徴するオールドモスク(スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク)は、世界中の一流品を集め、第28代である前国王が在位中に完成しました。モスク前のラグーンには、その昔、王室行事に利用された船のレプリカが浮かび、白亜の近代的なモスクと合わせると、絵画のような写真を撮ることができます。毎夜行われるライトアップでは、ひときわ美しい姿を見せてくれます。

歴代王様による「オールドモスク」と「ニューモスク」

写真:インディカ マイ

地図を見る

現国王(第29代)の個人資産で建てられたブルネイ随一の大きさを誇るニューモスク(ジャメ・アスル・ハッサナル・ボルキア・モスク)。一般開放されている時間が長く、観光客で賑わっています。鍵の掛かるロッカーに荷物を預け、黒い上着を着用し、モスク内に入ります。

ガイド付きのツアーであれば、イスラム教について、各部屋について、説明を受けることができます。個人旅行の場合はガイドブック片手に見学してみましょう。観光客にもわかりやすくイスラム教の戒律が絵によって記されています。

歴代王様による「オールドモスク」と「ニューモスク」

写真:インディカ マイ

地図を見る

モスクの中も壮大ですが、外観や廊下、階段、庭等も見学してみましょう。ブルネイがモスクにかける費用感、訪れる人々の信仰心をかいま見ることができるでしょう。

<基本情報>
住所:Bandar Seri Begawan, Brunei
Jame Asr Hassanil Bolkiah

ブルネイの豊かさを示す「王宮」

ブルネイの豊かさを示す「王宮」

写真:インディカ マイ

地図を見る

ブルネイの現王様が住む王宮は、特定日を除き外観見学のみ。東京ディズニーシーほどの敷地があり、部屋の数は1788!王宮内で働くスタッフは1000人以上!ブルネイの豊かさを示す象徴とされる建物は、世界各国から一流品を集めて建設されました。

ブルネイの豊かさを示す「王宮」

写真:インディカ マイ

地図を見る

通常は中に入れないため、広大な敷地を入り口から眺めるしかできません。しかし、入り口の兵士に注目!世界最強の戦闘民族と称されるネパールのグルカ兵が守りについています。まさかブルネイでお目にかかれるとは。印象とは異なり優しそうな笑顔を見せてくれることもありますよ。

<基本情報>
住所:Jln Menteri Besar, Bandar Seri Begawan BA2112, Brunei

世界中からの贈り物を展示「王室宝物・史料館」

世界中からの贈り物を展示「王室宝物・史料館」

写真:インディカ マイ

地図を見る

王室宝物・史料館(ロイヤル・レガリア)では、第29代現国王の生い立ちやブルネイ独立の歴史を写真やパネルで紹介しています。建物中央には、即位行列に利用された御所車や、それを支える人々の模型、当時の人々の写真が巨大パネルに印刷され、規模の大きさと王様の偉大さを容易に想像する事ができます。日本や韓国、中国、東南アジア、世界中からの贈呈品も展示されており、各国の特色が現された贈り物も必見です。

<基本情報>
Jln Sultan Omar Ali Saifuddien, Bandar Seri Begawan BS8611, Brunei

ブルネイ観光はガイド付きツアーに申し込もう

紹介した観光地は半日あれば十分回ることができます。おすすめは、歴史や習慣を教えてくれるガイド付きツアー。見逃してしまいそうで大事な部屋や展示物も案内してくれます。

ブルネイではシンガポールドルが等価として利用可能です。また、市内をバスやタクシーが走っており、タクシーの半日チャーターは6,000円~8,000円ほどが目安です。イスラムとブルネイの習慣を理解して、楽しく効率よく観光しましょう。

2017年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/14−2017/07/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

ブルネイへ行く旅行プランを検索

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ