世界新三大夜景の長崎市街を一望!「稲佐山観光ホテル」は絶景ホテル!

| 長崎県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界新三大夜景の長崎市街を一望!「稲佐山観光ホテル」は絶景ホテル!

世界新三大夜景の長崎市街を一望!「稲佐山観光ホテル」は絶景ホテル!

更新日:2017/10/24 12:17

二松 康紀のプロフィール写真 二松 康紀 リゾートホテル旅館客室コンサルタント

「夜景サミット2012 in 長崎」において、長崎の夜景は香港、モナコと並び世界新三大夜景に認定されています。その夜景をたっぷり堪能できるホテルの1つが今回紹介する「稲佐山観光ホテル」。昼間の市街地の景色も絶景ですが、このホテルからの夜景は必ず見るべき景色。屋上が展望できる作りになっているので、宿泊者なら誰でもその屋上から長崎の夜景をばっちり観賞できます。

稲佐山の絶景ホテルで部屋から景色を堪能!

稲佐山の絶景ホテルで部屋から景色を堪能!

写真:二松 康紀

地図を見る

「稲佐山観光ホテル」は長崎市内の稲佐山にあるホテル。長崎駅からはタクシーで約10分程度、料金は1,300円程度で到着です。ホテルからも無料送迎バスがあり、前日までの予約制で、夕方に駅前から2本出ています。

稲佐山の絶景ホテルで部屋から景色を堪能!

写真:二松 康紀

地図を見る

ホテルはアットホームとうたっていることもあり、スタッフはとても親切!大型のホテルですが、きめ細やかな対応が嬉しいです。到着すると荷物をさっと取ってくれてロビーまで誘導。チェックインもとてもスムースです。

稲佐山の絶景ホテルで部屋から景色を堪能!

写真:二松 康紀

地図を見る

ホテルは稲佐山の中腹で玄関からも街の景色は見られます。部屋からは長崎の夜景が堪能できます。夜景を見られない部屋もあるので、どうしても部屋から見たい人は予めホテルに確認しておきましょう。部屋から見られなくても、ホテルの屋上からも無料で夜景を見ることができるので安心。ホテルには夜景オプションプランもあるので、夜景好きにはこちらもオススメです。

夜景が見える部屋がオススメ、部屋はとても清潔

夜景が見える部屋がオススメ、部屋はとても清潔

写真:二松 康紀

地図を見る

部屋は本館と別館の曙館、合わせて9タイプ。本館のツインの広さは19平米、アーバンリゾートとしては小さめですが、階に1つだけある部屋の形が長いタイプのツインは使いやすい作り。入ってすぐにソファとテーブル、左側はベッド。右側にバスルームがあります。清潔感があり、壁紙は落ち着いた都会的なイメージでオススメ。部屋タイプが多いので、よく検討して選ぶと良いでしょう。

夜景が見える部屋がオススメ、部屋はとても清潔

写真:二松 康紀

地図を見る

嬉しいのは部屋にあるウェルカムの茶菓。長崎は食べ物全般が甘いことで有名なのですが、チェックイン直後に甘いお菓子を頂くと、旅の疲れも吹き飛びます。

夜景が見える部屋がオススメ、部屋はとても清潔

写真:二松 康紀

地図を見る

ベッドはシングルサイズのツイン。シンプルなベッドスペースですが、間接照明が主体なので落ち着きます。コンセントはベッドサイドにあり、携帯電話などの充電をする際も便利で、とても使いやすい配置です。

バスルームはとてもきれいで清潔感たっぷり!

バスルームはとてもきれいで清潔感たっぷり!

写真:二松 康紀

地図を見る

部屋はとにかくきれい。バスルームもピカピカで、清潔感があります。ユニットバスタイプですが、ゆったりした作りなので窮屈な感じはありません。トイレはもちろんシャワートイレ。アメニティは必要十分の品揃えですが、女性にとっては化粧水など、もう少し揃えて欲しいかなといったところです。

バスルームはとてもきれいで清潔感たっぷり!

写真:二松 康紀

地図を見る

シャンプーなどのアメニティは備え付けのPOLAのもの。ボトルやその周りは汚れや水など、きれいに拭き取ってあり、清掃スタッフの細やかな気遣いが感じられます。

バスルームはとてもきれいで清潔感たっぷり!

写真:二松 康紀

地図を見る

部屋の冷蔵庫には冷たい冷水のボトルが入っています。こうした心遣いもちょっと嬉しくなるサービスですね。

朝食は地元の郷土料理を取り入れたブッフェで

朝食は地元の郷土料理を取り入れたブッフェで

写真:二松 康紀

地図を見る

朝食ブッフェ会場は宴会場を代用。メニューの中で特にオススメは長崎地元の食材を使った郷土料理です。長崎五島列島産や島原の特産など県内独自の料理がブッフェに並びます。特に豆腐かんぼこと呼ばれる豆腐とすり身を合わせた料理は美味。じげもんと呼ばれる地元コーナーは要チェックです。

ホテルショップは品揃えが充実!お土産はここで

ホテルショップは品揃えが充実!お土産はここで

写真:二松 康紀

地図を見る

ホテルの施設は大型ホテルだけあって充実しています。特にホテル内のショップはアイテムが多く、殆どの長崎土産が揃っているので、観光でお土産を買う時間を短縮できますよ。

稲佐山観光ホテルは夜景で選ぶのが正解!

長崎夜景を見るなら、真っ先にこのホテルが候補になるでしょう。夜景を部屋から見られる贅沢はとっておきの日にも使えそうです。ホテル主催の夜景オプションプランもあり、稲佐山の対岸にあるホテル「矢太楼」から角度の違った夜景がみられます。

それからとっておきのオススメは、黄昏時のホテルの展望台。灯りが付く頃の夜景はとにかくきれい。またホテルは夕食も自慢、旅館のような会席料理はもちろん、長崎ならではの卓袱料理もオーダーできるので、地元料理をを味わいたい方はこちらをチョイスしてみては?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -