英国「ロンドン塔ショップ」のオススメ土産

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 穴場発見さまよいライター、地元のグルメ伝道師

ロンドン人気観光地ベストテンに必ず入っている「ロンドン塔」。女王陛下の宮殿にして要塞として機能している場所ですが、幽霊伝説もあってちょっと怖い場所?しかし、「ロンドン塔土産」はそんな暗いイメージとは裏腹に超可愛いんです。

今回は、「ロンドン塔ショップ」で買えるオススメのお土産をご紹介いたします。

ロンドン塔に入場しなくても購入できちゃう?

ロンドン塔に入場しなくても購入できちゃう?

写真:道明寺 彩希

地図を見る

「ロンドン塔ショップ(Tower of London Shop)」は、ロンドン塔内に5か所あるショップの中で、一番大きいメインショップ。ロンドン塔のメインゲートの外にあり、ロンドン塔に入場しなくても入れるので気軽に立ち寄ることができます。

ロンドン塔らしいアイテム

ロンドン塔らしいアイテム

写真:道明寺 彩希

地図を見る

いつの時代も人気が絶えないのは、愛くるしい顔がたまらない「ヨーマン ウォーダーズ (The Yeomen Warders)」のぬいぐるみ。ロンドン塔の衛兵隊でもあるヨーマン ウォーダーズはロンドン塔の顔。大きさも大小さまざまなものがあり、好みの物を選ぶことができます。

ロンドン塔らしいアイテム

写真:道明寺 彩希

地図を見る

選ぶのに迷ってしまうくらい種類が豊富なのは、ロンドン塔の歴史にまつわる登場人物や王冠・ロンドン塔・甲冑などをかたどったマスコット。これからの季節クリスマスツリーにうってつけですが、部屋に飾ったり鞄に付けたりするのもオススメです。

子供が喜ぶ土産

子供が喜ぶ土産

写真:道明寺 彩希

地図を見る

子どもが喜ぶお土産は、男の子用・女の子用とコーナーが設けられています。男の子がもらってテンションが上がりそうなのは、遊びやコスプレで使用できる戦士の衣装・兜・剣など。日本のそれとはタイプの違うイギリスの戦闘馬や戦士のミニチュアも、かっこよくてオススメです。

子供が喜ぶ土産

写真:道明寺 彩希

地図を見る

もちろん女の子用にもなりきりコスチュームがあり、王女様のドレスやアクセサリーなどの小物が勢ぞろい。王女様と同じドレスをまとった人形も販売されているので、ドレスを購入するとお揃いの物が欲しくなっちゃうかもしれません。

子供が喜ぶ土産

写真:道明寺 彩希

地図を見る

ちょっとロンドン塔グッズからは離れてしまうのですが、「二階建てバス・電話ボックス・ロンドンポスト」デザインの鉛筆削りは、他の場所ではあまり出会えないレアな品。同デザインのキーホルダーはどこでも見かけるのに、ロンドン在住の筆者がこれに出合ったのはこの店がはじめて!ばらまき土産にはもってこいなので、ピンときたら即買いです。

えっ!こんなものまで手に入る?

えっ!こんなものまで手に入る?

写真:道明寺 彩希

地図を見る

2階には厳選商品が大集結。ガーデニングの国イギリスならではの庭いじりが楽しくなりそうなグッズコーナーまであります。手先の作業がしやすい革製の手袋や、庭に置いたベンチや椅子に使いたい座布団もよく見るとみんな王冠柄。ロンドン塔ならではのガーデニング商品です。

えっ!こんなものまで手に入る?

写真:道明寺 彩希

地図を見る

他にも城の壁などにかけられているタペストリーやテーブルクロス、イギリスらしい上品なクッションなども販売されており、これらを持ち帰れば自宅で余韻に浸れそう。イギリス旅行の思い出としてずっと残るものを購入したい!という方には、王室のイメージをモチーフにしたアクセサリー類がオススメです。

迷わず購入!ロンドン塔オリジナル土産

お洒落で日本まで持ち帰りやすいロンドン塔オススメ土産。いかがだったでしょうか?ご紹介した以外にも赤ちゃん用品から食料品まであり、ラインナップが豊富なロンドン塔ショップ。ぜひお立ち寄りくださいね。

<Tower of London Shopの基本情報>
住所:HM Tower of London, London, EC3N 4AB
電話:+44‐20‐3166‐6000
営業時間:9時〜18時30分(日・月曜は10時開店)
アクセス:地下鉄「タワーブリッジ(Tower Bridge)」駅から徒歩5分

※2017年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -