極楽処で召しませ名物“プティン”!越後湯沢「雲の上のカフェ」

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

極楽処で召しませ名物“プティン”!越後湯沢「雲の上のカフェ」

極楽処で召しませ名物“プティン”!越後湯沢「雲の上のカフェ」

更新日:2018/06/23 10:36

有馬 亜來のプロフィール写真 有馬 亜來 美酒美食巡礼者、ほろ酔い旅カメライター

言わずと知れたスキー&温泉天国、新潟県の越後湯沢。湯沢高原スキー場パノラマパークのオフシーズンは、そのロケーションを活かした様々な高原アクティビティーで人気です。心地良い季節、のびのびと体を動かした後は、大パノラマの足湯がある「雲の上のカフェ」で名物“プティン”はいかがですか?山の上が似合う爽快な地ビールとの人気のセット“生ビール&プティン”で一休み…ため息が出るような雲上の極楽へお連れします!

駅からすぐの雲の上のカフェ

駅からすぐの雲の上のカフェ

写真:有馬 亜來

地図を見る

湯沢高原パノラマパーク(スキー場)へのロープウェイステーションまでは、越後湯沢駅西口から徒歩8分。ロープウェイは山麓駅から、「雲の上のカフェ」がある山頂駅まで約7分間の空中散歩で到着!

世界最大級166人乗りロープウェイの乗り心地は非常にスムーズ。越後湯沢の街を眼下に、山頂駅までの間は米どころ南魚沼平野や谷川連峰の山々を眺めながら、その季節を味わうことができます。

ロープウェイは、8時40分の始発から17時までの営業。毎時00、20、40分の20分間隔で、上り下りが同時発車します(詳細は、公式サイトでご確認ください)。
越後湯沢で宿泊する場合、ロープウェイ割引があるところも多いので、利用先の施設で確認の上、あらかじめ購入しておくとお得です。

爽快!絶景テラス「雲の上のカフェ」

爽快!絶景テラス「雲の上のカフェ」

写真:有馬 亜來

地図を見る

「雲の上カフェ」は、ロープウェイ山頂駅を降りてすぐ。山頂駅舎を出た先のウッドデッキに歩を進めると、テラスに配置されたカウンターテーブル越しに絶景が広がります!ロープウェイから徐々に高度を上げながら眺めてきた眺望が、標高870mからの大パノラマで望むことができます。

カウンター席の後ろには、パラソルの日影が心地良いゆったりとしたソファー席があり、どこに座っても特等席の極楽カフェ。

爽快!絶景テラス「雲の上のカフェ」

写真:有馬 亜來

地図を見る

雲の上のカフェのもう一つの極楽は、写真の足湯。越後湯沢の駅からロープウェイ山麓駅の乗り場までの道沿いには、無料の足湯が点在しています。足湯巡りも楽しいスポットですが、ここ“雲の上”の足湯は格別!

絶景を前に、ちょうどいい湯加減の湯に足を浸し、山肌を駆け上がる心地良い風に吹かれる…雲上の極楽処です。アクティビティーやハイキングの後の脚の疲れや、体の気怠さも軽やかになります。

爽快!絶景テラス「雲の上のカフェ」

写真:有馬 亜來

地図を見る

雲の上のカフェの足湯は9時から16時半までの営業です(4月下旬〜11月上旬予定)。足湯の利用は無料ですが、設備にタオルの準備は無いのでハンカチタオルなどを用意しておくとよいでしょう。

カフェ席も足湯も比較的空いているのは、午前中の時間帯。ゆずり合いに気兼ねすることなく、ゆったりと足湯をしてカフェに座ることができます。高原は朝からアクティブに動きたくなる場所。少し早めに朝食を済ませたら、まだ日差しが柔らかでキリリとした朝の空気の中で味わいたい雲の上の極楽処です。

マストオーダー!名物“プティン”とは?

マストオーダー!名物“プティン”とは?

写真:有馬 亜來

地図を見る

雲の上のカフェは季節のスイーツも魅力ですが、やはりここは人気の名物“プティン”を是非召し上がれ!プティンは、プーティンとも呼ばれるカナダ発祥の贅沢なフライドポテト。熱々のフライドポテトにチーズをたっぷりのせて、濃厚なグレイビーソースを回しかけた、止まらない系フィンガーフードです。

カフェの人気は、「新潟限定ビイル“風味爽快ニシテ”」の生ビールとプティンのセット(950円)。ほくほくアツアツのポテトに、エッジの効いたグレイビーソースとチーズが程よく絡まるプティンを頬張り、その名の通り爽快でスムースな生ビールを喉に流し込む…。

山の上では少し濃い味がたまらなく美味しいものですが、まさにストライクなこの組み合わせに、次々と手が伸びてしまうことでしょう。じゃがいもは「カリウムの王様」と呼ばれ、様々な調理法で破壊されない成分である上、体内の塩分バランスを整え、高血圧、動脈硬化、糖尿病の予防やムクミの予防改善に絶好の食材。
これならレストランで食事した後でも…、絶景と共に味わうべき名物です。

マストオーダー!名物“プティン”とは?

写真:有馬 亜來

地図を見る

天候が許せば生ビール&プティンは是非とも外で。カフェは目の前だけが絶景ではありません。後ろ手には夏はユリ、秋はコキア(写真奥手は9月取材時のコキア)の群生越しの山々が広がります。天候が不安な時も大丈夫、ロープウェイの行き来が間近に見える眺望の良い店内の席もまた別の味わいです。

雲の上のカフェは、外側にもオーダー窓があるので、テラスの絶景カウンター席やソファー席を確保したら、外からメニューをオーダーして受け取ることもできます。

ご褒美タイムが至福になるハイキングコース

ご褒美タイムが至福になるハイキングコース

写真:有馬 亜來

地図を見る

カフェや足湯でのご褒美タイムも、その前に運動があればもっと至福の極楽時間に!「雲の上のカフェ」のあるロープウェイのパノラマステーションを中心に様々な散策路やアクティビティーがありますが、お勧めしたいのは心地良い高原トレッキング。

もちろん天候や状態により立ち入り制限がある場合がありますが、営業期間や曜日の限定があるアトラクションやアクティビティーで遊べない時にも良いコースです。
30分間の軽い散策路、少し山道を歩く1時間のミニトレッキングコース、健脚の方向きの2時間半のパノラマコースなど、体力や装備に合わせて所要時間やコースを選ぶことができます。

1時間のミニトレッキングコースは、ウッドチップが敷かれ比較的歩きやすい山道(写真)を適度にアップダウンしながら、パノラマパーク内の散策路へつながります。山道ながら山深くには入らずパノラマパーク内から付かず離れずの道を行くので、安心感もある適度なトレッキングコースで、その樹々の美しさやフィトンチッドの森林浴効果を存分に味わえます。

コース詳細は事前に公式サイトで確認し、当日は現地案内板などで規制情報や注意事項を必ずチェックしてから立ち入りましょう。

ご褒美タイムが至福になるハイキングコース

写真:有馬 亜來

地図を見る

写真は、湿生園とあやめヶ池。全ての散策、トレッキングコースで通る絶景スポットです。自然そのままの姿と、人による管理がバランス良く行き届き美しい自然の姿を留めた湿地帯。季節の草花や生態系も、衰退しないよう絶妙に保全されて、通る私たちを迎えてくれます。その中で守られた生物にも、新しい発見や季節の移ろいが感じられ愉しめます。

鏡面のような水面に映る山々の光景も、ここではごく当たり前で自然な光景――そんな贅沢な眺めを味わいながら、散策路を歩きましょう。

ご褒美タイムが至福になるハイキングコース

写真:有馬 亜來

地図を見る

南魚沼の平野を見下ろすこの散策路も、全てのトレッキングコースが通る湯沢高原らしい見どころ。米どころの畑もその季節の色にパッチワークされて美しい眺めです。

少々心拍数を上げる坂道はありますが、足元の小花に少し足をとめたりしながら、美味しい空気を体に取り入れゆっくり自分のペースで歩いていきましょう。心身の滞りが軽やかになっていくのを感じる爽快感と、心地良い疲労感が、後の足湯やカフェのひと時をさらに極楽、至福に感じさせてくれることをお約束します。

湯沢高原パノラマパーク/雲の上のカフェの基本情報

住所:新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢490
電話番号:025-784-3326
アクセス:越後湯沢駅(西口)から徒歩8分、ロープウェイ7分
駐車場:有り

2017年10月現在の情報となります。変更となる場合がありますので、公式サイトなどで最新情報を必ずご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -