まるで火星!デンバー「レッドロック公園&野外劇場」

まるで火星!デンバー「レッドロック公園&野外劇場」

更新日:2017/10/23 10:21

ザーカー 久美子のプロフィール写真 ザーカー 久美子 アメリカ在住ライター、歌人、フローリスト、馬愛好家
澄み切った青空や月夜のもと開催される野外フェスは、会場の開放感も手伝って屋内とはひと味違った雰囲気が楽しめますよね。アメリカの音楽雑誌「ローリングストーン」から“全米ナンバー1の野外劇場”と称されたコロラド州デンバーの「レッドロック野外劇場」は、赤い砂岩が生みだした天然のコンサートホール。かつてビートルズも演奏した自然美の劇場や、周辺でのトレッキングを楽しみましょう!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

世界恐慌から人々を支えた「レッドロック公園&野外劇場」

世界恐慌から人々を支えた「レッドロック公園&野外劇場」

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

「レッドロック公園&野外劇場 (Red Rocks Park & Amphitheater) 」はデンバーの中心街から西へ車でおよそ30分の距離にあります。

世界恐慌から人々を支えた「レッドロック公園&野外劇場」

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

1905年に、雑誌「コスモポリタン」の発行人ジョン・ブリスベン・ウォーカー (John Brisben Walker) が、現在の野外劇場周辺の土地を購入、翌年には木製のステージで地元ミュージシャンによるコンサートが初開催されました。

1927年からは市で運営することになり、世界恐慌の際には、野外劇場のステージや9500を超える座席が作られたり、周辺に道路が開通したりと公共事業を創出しました。曲がりくねった危険な道路ではトラックや重機の使用は難しく、なんと作業のほとんどはつるはしとシャベルで行われたんですよ。ビジターセンターの入口にあるブロンズ像に、当時の面影を見ることができます。

世界恐慌から人々を支えた「レッドロック公園&野外劇場」

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

“カントリー・ロード”は「コロラド音楽の殿堂」にあり

“カントリー・ロード”は「コロラド音楽の殿堂」にあり

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

ビジターセンター内には「コロラド音楽の殿堂 (Colorado Music Hall of Fame) 」が併設。スタジオジブリ制作のアニメーション映画「耳をすませば」の主題歌「カントリー・ロード」を代表曲に持つカントリー歌手・ジョン・デンバーなどコロラド州に縁のあるミュージシャンに関する展示や野外劇場の年表、ミニシアターがあり無料で見学できます。平日には1時間の無料ツアーも開催されるので、興味のある方はぜひご参加を。

“カントリー・ロード”は「コロラド音楽の殿堂」にあり

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

“カントリー・ロード”は「コロラド音楽の殿堂」にあり

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

天然の音響設備を有する野外劇場

天然の音響設備を有する野外劇場

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

野外劇場の客席からは、ステージの彼方にデンバーの高層ビル群を望むことができます。椅子席のない広々とした会場を風が静かに通り過ぎていきます。

天然の音響設備を有する野外劇場

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

なぜ、この場所がコンサートホールに適しているのかと言うと、ステージの後ろにあるその名も「ステージロック (Stage Rock) 」とステージの上手にある「シップロック (Ship Rock) 」、下手側の「クリエーションロック (Creation Rock) 」の3つの巨大な一枚岩が天然の音響設備になっているんです。

天然の音響設備を有する野外劇場

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

ちなみに、座席脇の階段には「(最後方まで)あと29段……あなたの心拍数は?」と書かれた看板が立っており、階段を昇りきったところに心拍計が設置されています。というのも、劇場は標高およそ2000mにあるからなんです。ちょっとした山登り気分?

夜にコンサートが開催される場合、準備のため午後2時には立ち入り禁止となります。事前に開催の有無を確認しておくと、ゆっくり見学できますよ。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

まるで宇宙!野外ライブを体感しよう

まるで宇宙!野外ライブを体感しよう

提供元:VISIT DENVER and Steve Crecelius

https://www.denver.org/

野外劇場に来たからには、コンサートに参加してみては?照明が赤い砂岩をより立体的に浮かび上がらせ、昼間とは違った火星的世界を創りだします。

まるで宇宙!野外ライブを体感しよう

提供元:VISIT DENVER and Steve Crecelius

https://www.denver.org/

コンサートが始まったころには客席の向こうに広がっていた青空が、日没とともに徐々に赤く染まっていき、赤が闇に浸食されるにつれ、ステージは光の強さを増していきます。ミュージシャンの歌声に合わせて観客が発光するスマートフォンを掲げると、そこはまるで宇宙!天の川が降り注いだかのような美しさと熱気あふれるパフォーマンスで、会場のボルテージは最高潮に。ライブ好きな人はもちろん、そうでない人もぜひ幻想的なコンサートを体感してくださいね。会場はデンバー市内よりも400mほど標高が高いので、カーディガンなど1枚多めに重ね着して体温調節をしっかりと。

まるで宇宙!野外ライブを体感しよう

提供元:VISIT DENVER

https://www.denver.org/

健康意識の高い街として知られるデンバーでは、野外でヨガをするイベントが大人気。毎年7、8月に開催される「ヨガ・オン・ザ・ロック (Yoga on the Rocks) 」では、なんと2000人もの参加者が客席にヨガマットをひいてヨガをします。年間300日ほど晴天に恵まれ、湿度が低く快適なデンバーならではのイベント。美しい朝陽を浴びながら、ローカル気分でレッツ、エクササイズ!

トレッキングで2億5000年前にタイムスリップ!

トレッキングで2億5000年前にタイムスリップ!

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

野外劇場周辺には3つのトレイルコースがあり、気軽にトレッキングが楽しめます。運が良ければミュールジカ(北アメリカ産の鹿)やピューマを見かけることも。「シップロック」と「クリエーションロック」には、ジュラ紀に生きたウミヘビやプレシオサウルス(首長竜)、モササウルス(海棲ハ虫類)などの化石の一部が見られます。2億5000年前に地球が生んだ赤い砂岩の風景を歩いていると、どこからか恐竜の鳴き声が聞こえてくるかも?こまめに水分補給して、素晴らしい景観をいろいろな角度から眺めてくださいね。

トレッキングで2億5000年前にタイムスリップ!

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

「レッドロック公園&野外劇場」へはウーバーでどうぞ

「レッドロック公園&野外劇場」へは、公共の交通機関がないのでウーバー (Uber) を利用して行くのがおススメ。タクシーだといつ来るのかわからずイライラしますが、ウーバーだとあと何分で到着するかがスマートフォンの画面で分かります。気になるチップは、利用後にメールで送られてくる明細書の欄から金額を選ぶことができるので、キャッシュレスで乗車できますよ。

いかがでしたか?美しい赤い砂岩の野外劇場で、思い出に残る幻想的なコンサートやトレッキングを満喫してくださいね。

〈基本情報〉
レッドロック公園&野外劇場 (Red Rocks Park & Amphitheater)
住所:18300 West Alameda Parkway, Morrison, Colorado
電話番号:+1-720-865-2494

〈一旅一首〉
アメリカに住めば外国人となる外星人か火星に住めば

【取材協力:Visit Denver】

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -