ザ・隠れ家!「神楽坂茶寮本店」は一軒家和カフェの定番

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

Naoyuki 金井のプロフィール写真 Naoyuki 金井 神社・グルメナビゲーター

新宿区と言っても都会の喧騒を忘れさせる花街神楽坂で、人気のカフェが神楽坂茶寮本店。神楽坂でもより地味な場所にあり、文字通り隠れ家的存在感を放っています。
今では全国区になり始めたカフェですが、何と言っても本店と云うプレミアが付いているので行列は当たり前。
「行列が無ければ用が無くても入ってしまえ」とまで言われる人気店なので、神楽坂観光に訪れたなら、絶対に入らなければ後悔するカフェです。

まるで京都にいるような気分

まるで京都にいるような気分

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

早稲田通りと大久保通りの交差点「神楽坂上」から奥まった場所にあるのが「神楽坂茶寮本店」。
神楽坂の裏路地にあるのでわかりにくいですが、それが隠れ家カフェとしての存在感を一層煽っています。

まるで京都にいるような気分

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

テラス席のある町屋風の一軒屋が、花街神楽坂の風情とよくマッチしています。
テラスが無ければカフェと気がつかないかもしれませんね。

まるで京都にいるような気分

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

店内は、外観の一軒家に合うウッディな造りですが、リノベーションされ、落ち着いていて清潔感が溢れています。
このあたりはやはり女性客への気配りで、ゆったりとした時間が流れる空間です。

主役はやはり和スイーツ

主役はやはり和スイーツ

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

人気の理由はやはり和スイーツでしょう。
メディアでも取り上げられた「京抹茶のチョコレートフォンデュ」や「お茶香る茶寮の和パフェ」などが挙げられます。
そのなかでおススメするのが「抹茶のフローズンスモア」です。

主役はやはり和スイーツ

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

グラノーラの上に抹茶アイスを乗せて、抹茶シロップが掛けられ、更にアイスの上には香ばしく焼き上げたマシュマロが乗せられています。
羽毛布団に包まれた冬の情景のようで、ほろ苦く冷たい抹茶アイスをふんわりした甘いマシュマロが包み込んだ心地良い逸品です。
意外にボリューミーなので、別腹では入らないかもしれません。

主役はやはり和スイーツ

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

飲み物は、様々な茶葉を使用したストレートグリーンティーや、ハーブティー、フルーツティーなど多彩ですが、一度は飲んでいただきたいのが「抹茶ラテ」。
日本とフランスが融合した神楽坂を象徴しており、国産抹茶を使用し牛乳で割った甘さのないシンプルな抹茶ラテですが、抹茶椀にもカフェオレボウルにも見える素敵な器に見とれてしまいます。
甘みが欲しい時には、和三盆を加えるところが、まさに情緒といえるでしょう。

食事も和テイスト

食事も和テイスト

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

食事だって凝っています。
「五穀粥セット」や「一汁三菜カレーつけうどんセット」の和定食から、「オリジナルキーマカレーセット」と言った定番までありますが、超お勧めはランチのみの「おばんざい2個&3個セット」です。

食事も和テイスト

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

8種類の「おばんざい」から好きな小鉢を2品または3品選ぶセット(料金が違います)です。
これに玄米入りご飯、味噌汁、香の物、ドリンクが付いてくる満足セットで、和カフェならではのプチ京都が味わえます。

食事も和テイスト

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

写真のおばんざいは、温かいものから「ほうじ茶豚のやわらか角煮」。冷たいものから「カプレーゼに見立てたトマトとバジルの冷奴」、「豚しゃぶと茗荷の焙煎ゴマだれサラダ」をチョイスした三品です。
さっぱりしながらコクのある旨味で美味しくいただけます。

神楽坂茶寮 本店の基本情報

住所:東京都新宿区神楽坂5-9
電話番号:03-3266-0880
アクセス:
JR総武線 飯田橋駅 西口 徒歩5分
地下鉄 飯田橋駅 B3出口 徒歩4分
地下鉄都営大江戸線 牛込神楽坂駅 A3出口 徒歩3分
地下鉄東西線 神楽坂駅 1番出口 徒歩4分
営業時間:月〜土 11:30〜23:00 日・祝 11:30〜22:00
※予約不可

2017年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -