頭と体を使う!「さがみ湖 プレジャーフォレスト」は子連れに人気の遊園地

頭と体を使う!「さがみ湖 プレジャーフォレスト」は子連れに人気の遊園地

更新日:2019/04/26 16:56

中島 誠子のプロフィール写真 中島 誠子 3児の子連れ旅ライター、オシャレ旅研究家
神奈川県相模原市にある「さがみ湖 プレジャーフォレスト」は子連れに大人気の遊園地。ただ遊ぶだけではない、頭と体を使うアトラクションや遊具がたくさんあることが魅力の遊園地です。マスコットキャラクターの「パディントンベア」に囲まれた園内はとってもキュート。

2018年7月には「パディントンタウン」がオープンし、さらに楽しさいっぱいの遊園地になりました!小さなお子様が乗れるアトラクションも豊富です。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されましたが、2020年6月18日(予定)までは一部都道県との間の移動の自粛が求められています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

小さな子供も遊べる!「パディントンタウン」がオープン!

小さな子供も遊べる!「パディントンタウン」がオープン!

提供元:さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト

http://www.sagamiko-resort.jp/index.html地図を見る

「さがみ湖 プレジャーフォレスト」は、キャンプやバーベキュー場等のアウトドア施設と遊園地を組み合わせた複合レジャー施設。今回ご紹介する遊園地エリアは、2017年に巨大クライミングアトラクション「マッスルモンスター」が登場し、絶叫アトラクションを求める大人たちから人気を集めています。

しかし、ここは大人向けだけではありません。子供向けのアトラクションや遊具も充実。2018年7月に新エリア「パディントンタウン」がオープンし、さらに楽しい遊園地に進化しました!

小さな子供も遊べる!「パディントンタウン」がオープン!

提供元:さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト

http://www.sagamiko-resort.jp/index.html地図を見る

パディントンタウンのアトラクションは全部で5つ。「しゅっぱつ!パディントン号」と「しゅつどう!パディントン消防隊」は0歳〜乗車可能なアトラクションです。特に、パディントン消防隊は、ウォーターシューティングなど、子供が夢中になれる仕掛けがあり、男の子に大人気。

小さな子供も遊べる!「パディントンタウン」がオープン!

提供元:さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト

http://www.sagamiko-resort.jp/index.html地図を見る

トロッコ型のコースター「とつげき!パディントン探検隊」はあまりスピードが出ない子供向けコースターで、2歳以上であれば乗車が可能です。ジェットコースターのデビュー前にお勧め。

他、パディントン博士の迷路に挑戦する「パディントン博士のサイエンスメイズ」や鏡の中の迷路「パディントンの鏡の館」は、年長さんや小学生に大人気です。

お勧めの子供向けアトラクション(4歳以上)

お勧めの子供向けアトラクション(4歳以上)

写真:中島 誠子

地図を見る

もちろん、パディントンタウン意外にも子供向けアトラクションがいっぱい!中でも4歳以上にお勧めしたいアトラクションを5つご紹介したいと思います。

まずは、「パディントン ベアのスカイパラソル」。美しい山々や園内を見渡しながら、空を飛ぶ爽快感がたまりません。

お勧めの子供向けアトラクション(4歳以上)

写真:中島 誠子

地図を見る

そのお隣の「パディントン ベアの空飛ぶブランコ」も同じようにブランコ感覚でぐるぐると回る楽しいアトラクションです。

また、遊園地定番のティーカップ「パディントン ベア ティーパーティー」は小学生に欠かせません。真ん中にあるハンドルをぐるぐる回して子供たちは大笑い。回しすぎは注意ですが、家族みんなで楽しめるアトラクションですね。

お勧めの子供向けアトラクション(4歳以上)

写真:中島 誠子

地図を見る

そして、「スカイライダー」は土日に長蛇の列ができるほどの人気アトラクション。ペダルをこいで高いレールの上を走ります。親子で息を合わせてよいしょ、よいしょ。こちらも眺め最高!ちょっとしたスリル感も楽しめます。

また、プレジャーフォレスト一番人気の「F-1カート」も土日は長蛇の列ができるので、乗りたい方は早めに入場し、真っ先にアトラクションへ向かいましょう。

0歳〜乗れる!観覧車は子連れのマストアトラクション

0歳〜乗れる!観覧車は子連れのマストアトラクション

写真:中島 誠子

地図を見る

他にも0歳〜乗車可能なアトラクションがあり、特に兄弟がいる場合にとても助かります。お兄ちゃんお姉ちゃんは乗りたい、でも赤ちゃんは乗れない・・・というパターンも出てきますからね。

観覧車は遊園地の定番。山の上にある観覧車からは、遊園地や相模湖、周辺の山々、そして晴れて空気の澄んだ日には富士山を見ることができます。また、1周13分、とても景色が良く、0歳の赤ちゃんも乗ることができるので、ぜひ家族で乗ってみてください。

0歳〜乗れる!観覧車は子連れのマストアトラクション

写真:中島 誠子

地図を見る

この遊園地の観覧車は、観覧車に行くまでもアトラクションに乗れるのがポイント。遊園地は山の斜面に作られており、大きく分けて、山の麓、中腹、山頂エリアがあります。観覧車があるのは、標高420mの山頂エリア。山頂へは歩いても行けますが、子連れでは大変です。

そこで利用したいのが、2人乗りのリフト「ペアパラレルリフト」。なかなか遊園地にリフトってないですよね。子供たちは大喜びです。ベルトもバーもなく、足はぶらぶら・・・ちょっとスリリングなところも魅力の一つ。子供をしっかり抱っこすれば、0歳でも乗車できます。

0歳〜乗れる!観覧車は子連れのマストアトラクション

写真:中島 誠子

地図を見る

観覧車を楽しんだら、0歳でも乗車できる人気の「バンピーカート」へ。自動運転の不思議なカートで山道を進んで行きます。小さな子供もハンドルを握って運転気分が味わえますよ。

そして、子供たちが繰り返し乗りたくなる「メリーゴーランド」も0歳〜OK!お馬さんだけでなく、いろんな動物が隠れているので、乗りたい動物を探してみてください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

頭と体を使うアスレチック「ピカソのたまご」

頭と体を使うアスレチック「ピカソのたまご」

写真:中島 誠子

地図を見る

子連れに人気の理由は、上述のアトラクションだけでなく、ここからご紹介する頭と体を使うアスレチックや迷路などが充実していること。大人気の「ピカソのタマゴ」は、子供向けの"考えるアスレチック"。カラフルで不思議な形をしたアスレチックは、見ただけで「入りたい、登りたい!!」という子供の好奇心をそそります。

アスレチックは広大なエリアに27種類も!“自分で考えて進むこと”がコンセプトとなっており、子供たちは想像力を使ってコースを進んで行きます。入園すれば、無料で利用することができるので、子連れファミリーには嬉しいアスレチックです。

頭と体を使うアスレチック「ピカソのたまご」

提供元:さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト

http://www.sagamiko-resort.jp/index.html地図を見る

大きなボールをころがして道を探したり、ネットにクモのようにつかまりながら下に降りずに進んで行ったり、平均台のような丸太を落ちないように歩いたり、障害物を避けて歩いたり・・・とアスレチックの内容は実に様々。

その中でも一番人気があるのが、3階建ての迷路です。階段を上り下りしながら、ゴールを探して行きます。あまりの楽しさに何度も繰り返し入る子もいるほどです。

頭と体を使うアスレチック「ピカソのたまご」

写真:中島 誠子

地図を見る

小学生向けという印象はありますが、アスレチックを選べば小さな子供も遊ぶことができます。公園ではなかなか見られない、初めて見る遊具に大はしゃぎするはず。ピカソのたまごは、大人も一緒に遊べます。全てクリアするなら、1時間半以上はかかりますので、休憩をはさみながら、親子で全制覇を目指してみてください。大人の運動不足解消にもなりますよ。

アスレチックの一部ではありませんが、園内には長いすべり台があるので、子供にお勧めです。

他にも頭と体を使うアスレチックや迷路がいっぱい!

他にも頭と体を使うアスレチックや迷路がいっぱい!

提供元:さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト

http://www.sagamiko-resort.jp/index.html

他にもまだまだ頭と体を使うアスレチックやアトラクションがあります。「ターザンマニア」は、12種類のウッドアスレチックフィールド。ピカソのたまごより、もっと体を使う小学校高学年以上向けのアスレチックです。

ターザンのようにロープにぶら下がったり、登ったり、飛んだり・・・様々なアクティビティを駆使。丸太を渡り、イカダや舟を使って水の上を進んで行くスリリングな場所もあり、池に落ちないか、見てる方もヒヤヒヤドキドキの楽しい場所です。

また、やや大人向けではありますが、「マッスルモンスター」や「天狗道場」といったアスレチックもありますので、挑戦できる年齢のお子様はパパやママと一緒にトライしてみてください。

他にも頭と体を使うアスレチックや迷路がいっぱい!

提供元:さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト

http://www.sagamiko-resort.jp/index.html

プレジャーフォレスト名物、5階建て巨大迷路「立体迷路 カラクリ砦」はぜひトライ!冒険コースと挑戦コースの2コースがあり、いくつかのチェックポイントを見つけながらゴールを探します。穴の開いている壁をくぐったり、登ったり、謎解きが出てきたり。頭も体をたくさん使う迷路は親子で競争するのもお勧めです。

他、六角形の小部屋が蜂の巣のように多数連結した「ミツバチ大作戦」という迷路もあり、かなり難関。さあ、迷路やアスレチック、みなさんは何個制覇できるでしょうか!?

他にも頭と体を使うアスレチックや迷路がいっぱい!

写真:中島 誠子

地図を見る

いかがでしたでしょうか。乗り物に乗って遊ぶだけより、頭と体をたくさん使って遊ぶことは、考える力や体力アップへも繋がるはずです。園内には、お食事エリアが充実しているので、たくさん遊んだらお腹いっぱい食べましょ!「ワイルドダイニング」のバーベキューコーナーやフードコートでは様々なメニューが用意されています。

さがみ湖 プレジャーフォレストの基本情報

住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」
電話番号:0570-037-353
アクセス:
(車)中央自動車道 相模湖東出口から約7分
(電車)JR中央本線相模湖駅下車三ヶ木行き約8分プレジャーフォレスト前下車
営業時間:通常は平日10:00〜16:00、土日祝日09:00〜17:00
※イルミリオン開催期間中は夜まで営業 
詳しくは公式ホームページにてご確認ください。
※木曜休園(年末年始をのぞく)
入園料:おとな 1,700円 こども・シニア1,000円、フリーパス おとな3,900円 こども・シニア3,100円
※こどもは3歳〜小学生、シニア:60歳才以上
※アトラクションの対象年齢や注意事項(乗車規定)については公式ホームページにてご確認ください。

2019年4月の情報です。最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/11/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -