バンコク「ワット・トライッミット」は黄金の仏像伝説が残るお寺

バンコク「ワット・トライッミット」は黄金の仏像伝説が残るお寺

更新日:2018/07/27 17:57

浅井 みら野のプロフィール写真 浅井 みら野 総合旅行業務取扱管理者、全国通訳案内士(英語)、世界遺産検定2級、JSBA スノーボード バッジテスト 1級
嘘のような本当の話はお好きですか。バンコクにある「ワット・トライミット(Wat Traimit)は、“黄金仏寺院”というユニークな別名を持つ寺院。こちらのお寺にある仏像は、もともと漆喰で黒く塗り固められていて、ひょんなことから黄金の仏像だと判明したという嘘のような本当のエピソードを持つ仏像なんです。現在ではタイ人だけでなく、海外からもその仏像を一目見ようと常に賑わっている人気スポットです。

中華街にある人気のお寺

中華街にある人気のお寺

写真:浅井 みら野

地図を見る

輝くほどの純白な壁に、1本の尖塔がまるで槍のように空に伸びる姿が印象的なワット・トライミット。左右対称のデザインからは調和が感じられ、堂々とした佇まいが美しい建物です。

中華街にある人気のお寺

写真:浅井 みら野

地図を見る

バンコク旧市街の東のはずれ、“ヤワラート(Waowarat)”と呼ばれる中華街エリアに隣接しています。寺院からは鮮やかな色合いが目立つ、中華街の門も見ることができます。

中華街にある人気のお寺

写真:浅井 みら野

地図を見る

昔から華僑の人たちがお参りに訪れていたため、所どころで中国っぽい雰囲気があるのもこのお寺の特徴。本堂では中国の生活が描かれている磁器が置かれ、タイのお寺では珍しいインテリアです。

目を細めるほど眩しい本堂

目を細めるほど眩しい本堂

写真:浅井 みら野

地図を見る

寺院横のチケットセンターで入場券を購入し(おひとり20バーツ/2017年10月時点)、正面入り口から最上階で待つ黄金仏を目指します。

目を細めるほど眩しい本堂

写真:浅井 みら野

地図を見る

本堂では伝説の主役、黄金仏が優しい眼差しで訪れた人たちを見渡しています。高さ3m、重さ5.5tという大きさですが、造られたのが700年以上前だというから驚きですよね。

しかも材質は純金に近いほど質が高いことも判明し、その価値の高さはギネス世界記録に掲載されたほど。“世界最大の黄金仏像”とも言われ、その姿からは長い歴史を経ても変わらず輝き続ける、底知れない力強さが感じられます。

目を細めるほど眩しい本堂

写真:浅井 みら野

地図を見る

このお寺の一番の特徴は黄金仏ですが、それ以外にも金色が贅沢に装飾されているのが見どころです。本堂の天井を見上げると、複雑な曲線にもきっちりと沿って施された金色の模様が。照明と太陽光に照らされ、室内をより豪華な空間へと煌かせています。

リンリンと聞こえる音の正体は…

リンリンと聞こえる音の正体は…

写真:浅井 みら野

地図を見る

最上部で突然響き始めたベルの透き通った音。正体は本堂の横に設けられていた、風鈴のようなもの。

リンリンと聞こえる音の正体は…

写真:浅井 みら野

地図を見る

このベルは誰でも鳴らすことができ、幸運を招くといわれています。軽い音の調べは耳に心地よく、お寺のBGMにぴったりです。ここでご利益をぜひ頂いていきましょう。

■資料館で仏像の世界にどっぷり

■資料館で仏像の世界にどっぷり

写真:浅井 みら野

地図を見る

帰り際に2階の資料館を訪れてみると、より仏像についての知識や、どうやって黄金仏が発見されたのかが分かりますよ。特に普段目にする仏像がどのように造られているのか、過程ごとに模型が展示されていて分かりやすいです。

■資料館で仏像の世界にどっぷり

写真:浅井 みら野

地図を見る

黄金仏の発見ストーリーは、動画で一連の流れを見ることができます。驚いたことに、今のお寺に仏像を移動しようとした際、誤って落下してしまったのだとか。さらにその時、ちょうど嵐が近付いてきてしまったため、そのまま仏像を放置。次の日に作業を再開しようとしたところ、漆喰の一部が剥がれ落ち、黄金の姿が現れたのです。度重なる偶然によって発見された経緯は、まさに信じられないの一言ですよね。

黄金以外の見どころも

黄金以外の見どころも

写真:浅井 みら野

地図を見る

黄金色が目立つワット・トライミットですが、資料館のすぐ近くの壁には、細かな装飾が施された彫刻もあります。特に中心の象は立体的に彫られていて、象の鼻はこちらに向かってのびているというダイナミックさ。ぜひ訪れた際は、見つけてみてくださいね。

ワット・トライミットの基本情報

住所:661 Tri Mit Rd, Khwaeng Talat Noi, Khet Samphanthawong, Krung Thep Maha Nakhon 10100
アクセス:MRTフアランポーン(Hua Lamphong)駅から徒歩7分
入場時間:08:00-17:00

2017年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -