夕日×アート×歴史!世界遺産マラッカの5つの楽しみ方!

| マレーシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

夕日×アート×歴史!世界遺産マラッカの5つの楽しみ方!

夕日×アート×歴史!世界遺産マラッカの5つの楽しみ方!

更新日:2018/09/18 09:30

さかた のぞみのプロフィール写真 さかた のぞみ 1人女子旅応援サポーター、路地裏探検隊、トラベルライター、ワールドキャラバン

マレーシアが誇る人気観光都市マラッカ。交通の要所としてオランダやポルトガルなど他国の支配を受けた歴史を持つこの地域は、異国情緒漂う街として多くの観光客を魅了します。

そんなマラッカの楽しみ方は実にさまざまで、歴史の他にも夕日、アートなどもりだくさん!今回はそんなマラッカでおすすめの楽しみ方を5つご紹介します!

世界遺産マラッカの街で歴史めぐり!

世界遺産マラッカの街で歴史めぐり!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

第1の楽しみ方は、何と言っても歴史めぐり!その中心となるのが、マラッカのシンボルともなっているオランダ広場です。

香辛料を求めてアジアへ進出し、17世紀中頃からマラッカを支配したオランダ。東南アジア交易の中心地として栄えたこの場所には、プロテスタント教会、時計台、総督邸がいまなお現存し、マラッカ観光のハイライトとなっています。赤を基調とした建物はかわいらしく、夕暮れ時にはさらに美しく映えます。カメラ必携でお出かけしましょう!

<オランダ広場の基本情報>
住所:Bandar Hilir, Melaca
アクセス:マラッカバスターミナルからタクシーで約15分

世界遺産マラッカの街で歴史めぐり!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

オランダがやってくる遥か前、16世紀初頭からこの地を支配していたのがポルトガル。そんなポルトガルの歴史を感じることができるのが、高台の上に立つセイント・ポール教会跡です。

建物自体は損壊しており、現在は外壁を見学する形になりますが、石造りの壁はものすごく歴史を感じさせますね。ちなみに教会の前に立っているこの像は日本でもお馴染みのフランシスコ・ザビエル像。彼もまた布教のためにマラッカの地を踏んだとされています。高台にあるため、マラッカの街が一望できるのも楽しみの一つですよ。

<セイント・ポール教会跡の基本情報>
住所:Jalan Kota, Bandar Hilir, Melaka
アクセス:オランダ広場から徒歩約10分

世界遺産マラッカの街で歴史めぐり!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

ポルトガルの雰囲気を違った形で楽しみたい方は、マラッカの南東部にある「ポルトガル・スクエア」へ行ってみましょう!かつてポルトガル人の多くが居住していたこの地には、今でも当時の建物がいくつか現存しており、さらにポルトガル料理を味わえるレストランもたくさんあります。昼は閑散としていますので、夜のお出かけがおすすめ。周囲は暗くなるので、往復にはタクシーを利用しましょう!

<ポルトガル・スクエアの基本情報>
住所:Portuguese Settlement, 18a, Perkampungan Portugis, Melaka
アクセス:オランダ広場からタクシーで約15分

風情たっぷり!マラッカで趣溢れる街並みさんぽ!

風情たっぷり!マラッカで趣溢れる街並みさんぽ!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

第2の楽しみ方は、街並みさんぽ!マラッカには絵になるような街並みや建物が非常に多いので、歩いているだけでもワクワクします。

一番のおすすめは、やはりマラッカ川西側にあるジョンカー・ストリートやヒーレン・ストリート一帯。このエリアはプラナカン文化が色濃く残る地域で、その趣きたっぷりの街並みは歩くだけでもタイムスリップしたかのような気分を味わえます。

「プラナカン」とは、マレー系女性と移民してきた中国人男性とが結婚し、その間に生まれた子孫のこと。彼らはマレー文化と中国文化が融合したプラナカン文化を形成し、その様子は今でも博物館などで見学することができます。

風情たっぷり!マラッカで趣溢れる街並みさんぽ!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

周囲にはイスラム教のモスクやヒンドゥー教寺院など、様々な歴史的建造物が現存しますが、中でも必見なのが青雲亭(チェン・フー・テン)寺院。マレーシア最古の中国寺院としても知られるこちらの建物には、非常に繊細な装飾が施されており、その美しさは目を見張るものがあります。ぜひ細部に注目しながらゆっくりと見学してみてください!

<青雲亭(チェン・フー・テン)寺院の基本情報>
住所:25, Jalan Tokong, Kampung Dua, 75200 Melaka
アクセス:オランダ広場から徒歩約15分

風情たっぷり!マラッカで趣溢れる街並みさんぽ!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

のんびりと開放的なおさんぽを楽しみたいときには、ぜひマラッカ川沿いを歩いてみましょう!周囲の建物にはアートが施されていたり、川の景色を楽しみながらゆっくり過ごせる小さなカフェなどもあります。観光客の多いマラッカですが、ここは非常に静かな時間が流れているので、ちょっとまったりしたいときにおすすめですよ!

カメラ必携!マレーシア・マラッカはアートの街!

カメラ必携!マレーシア・マラッカはアートの街!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

第3の楽しみ方は、アートめぐり!マラッカはアートが盛んな街で、街を歩けばいろんな場所でウォールアートを見ることができます。オランウータンが目印のこちらの建物は、マレーシアを代表する画家チャールズ・チャム氏のアトリエ兼ギャラリーで、中では彼の絵がデザインされたTシャツを購入することもできます。

<オランウータンハウスの基本情報>
住所:59, Jalan Hang Jebat, 75200 Melaka
アクセス:オランダ広場から徒歩約5分

カメラ必携!マレーシア・マラッカはアートの街!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

「オランウータンハウス」周辺の小道には、カラフルなアートが壁一面に施されており、写真撮影スポットとしても大人気!ぜひお気に入りの一枚を撮影してみましょう!

カメラ必携!マレーシア・マラッカはアートの街!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

中には街の風景と勘違いしてしまいそうなアートもあります。ぜひアートにも注目して街歩きを楽しんでみてくださいね!

きっと一生の思い出に。マラッカの絶景夕日を見よ!

きっと一生の思い出に。マラッカの絶景夕日を見よ!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

第4の楽しみ方は夕日鑑賞!「世界三大夕日」と称されることもある(諸説あり)マラッカの夕日は息を呑むほど美しく、特にマラッカ川周辺から眺める夕日は格別です!街全体が赤くなる夕暮れ時に、人気のマラッカ川クルーズを楽しむのも良いでしょう。

きっと一生の思い出に。マラッカの絶景夕日を見よ!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

この時間帯には空も真っ赤に染まり、壮大なパノラマを楽しむことができます。遠い昔の人々も眺めたであろう雄大な風景は、きっと一生忘れられない思い出になることでしょう。

夜はジョンカーストリートで夜市めぐり!

夜はジョンカーストリートで夜市めぐり!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

第5の楽しみ方はジョンカーストリートの夜市!毎週土曜日に開催されるこちらの夜市は、マラッカの名物夜市として知られ、多くの観光客でにぎわいます。

夜はジョンカーストリートで夜市めぐり!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

正確なスタート時間は決まっていませんが、夕方の4時頃から徐々に出店が並び始め、5時にもなるとあっという間に多くの人でごった返します。カラフルなお菓子やかわいらしい雑貨もありますので、マレーシアのお土産をこちらで探してみるのも楽しいかもしれません。

夜はジョンカーストリートで夜市めぐり!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

道の途中にはフードコートのようなエリアも設けられており、こちらで座りながらゆっくりと屋台飯を楽しむことができます。マラッカ名物のチキンライスなどもありますので、ぜひ心ゆくまでマラッカグルメを満喫してください!

マレーシアの世界遺産「マラッカ」は異国情緒漂う素敵な街だった!

いかがでしたでしょうか?歴史・街歩き・アート・夕日・夜市と、実に様々な楽しみ方ができるマラッカ。クアラルンプールから日帰り旅行もできますが、マラッカの魅力を存分に味わいたいなら、やはり宿泊してゆっくりめぐるのがおすすめです。

ぜひあなたも異国情緒漂う世界遺産の街「マラッカ」の魅力を感じる旅に出かけてみませんか?

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/08−2017/12/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -