おもちゃの街ニュルンベルグ!世界一有名なクリスマスマーケット散策

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

おもちゃの街ニュルンベルグ!世界一有名なクリスマスマーケット散策

おもちゃの街ニュルンベルグ!世界一有名なクリスマスマーケット散策

更新日:2017/11/17 12:10

かわい ゆうこのプロフィール写真 かわい ゆうこ トラベルライター、エッセイスト

中世の面影を残す歴史的な街ドイツのニュルンベルグ。おもちゃの街としても知られるこの街では毎年12月、大勢の人々が「一度は行きたい!」と憧れを抱く、世界一有名で人気のあるクリスマスマーケットが開かれます。城塞に囲まれた旧市街では、可愛いおもちゃやクリスマス飾りが溢れ、綺麗なイルミネーションも輝いて街中が素敵なクリスマスムード。童心に返って、街歩きを楽しんでみましょう!

まるで絵本!中世の面影を残すニュルンベルグ

まるで絵本!中世の面影を残すニュルンベルグ

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

ドイツ・バイエルン州第2の都市ニュルンベルグ。中世から栄えるこの街は、ナチス時代には最初の党大会が開かれ、第二次世界大戦後はニュルンベルグ裁判が開かれるなど度々その名が歴史の教科書に登場するので、ご存知の方も多いかと思います。

現在でも世界最先端の産業都市として発展を続けていますが、可愛らしい赤い屋根の街並みは、とてもメルヘンティック!歴史的に重要な建造物も多く、年間通じて多くの観光客を引き寄せています。

まるで絵本!中世の面影を残すニュルンベルグ

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

ニュルンベルグの旧市街は、第二次世界大戦の連合軍の空爆で9割以上が破壊されましたが、戦後に復興。古い教会や城などの歴史的建造物だけでなく、木組みの可愛らしい建物も再現され、昔ながらの城壁に囲まれた旧市街が見事に美しく蘇りました。

中でも城門脇の職人広場は、まるで「絵本の世界」。古き時代のノスタルジーを感じさせる風景は、クリスマスにぴったりのシチュエーションです。

まるで絵本!中世の面影を残すニュルンベルグ

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

ニュルンベルグの活気に満ちたクリスマスマーケットは、「クリストキントレスマルクト(Christkindlesmarkt)」と呼ばれ、金髪で巻き毛の天使「クリストキント(Christkind)」に扮した若い女性の号令でマーケットが始まります。

クリスマスマーケットが開催されている期間中、世界中からやって来る観光客の数は200万人以上。ドイツ屈指、世界一の名声を誇るクリスマスマーケットだけあって、屋台はメイン会場の中央広場だけでなく、通り沿いにもたくさん出ています。

クリスマスマーケット大盛況!フラウエン教会の中央広場

クリスマスマーケット大盛況!フラウエン教会の中央広場

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

ニュルンベルグのクリスマスマーケットが盛り上がるのは夜。大変な人混みで、歩くことも容易ではありません。メイン会場の中央広場(Hauptmarkt)では、約200近い屋台が軒を連ねます。温かな料理やクリスマスの食材、オーナメント、地元工芸品、おもちゃなどが大量に売られて超ファンタジー!お土産探しのショッピングやゆっくり屋台を見て回りたい方は、日中からお出掛けされることをお勧めします。

14世紀のゴシック時代に建てられた中央広場のシンボル・フラウエン教会は、夜にライトアップされると格別に美しく、聖なるクリスマスの雰囲気を一気に盛り上げます。

クリスマスマーケット大盛況!フラウエン教会の中央広場

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

クリスマスマーケットのメイン会場の中央広場には、「美しの泉」と呼ばれるもう一つのシンボルがあります。それは、13世紀に建てられた高さ17mに及ぶ装飾の塔。8角形の塔の上には40もの像が飾られ、ニュルンベルグの職人技術の高さを誇る象徴的存在です。

この塔は、鉄格子に掛けられた継ぎ目のない「金の環」を回すと幸運に恵まれると言い伝えがあることでも有名。いつも大勢の観光客で賑わっています。

夜、ライトアップされた「美しの泉」は格別な華麗さ!フラウエン教会と並んで黄金色に輝き、クリスマスマーケットに極上の華を添えています。

メルヘンティックなおもちゃの世界!

メルヘンティックなおもちゃの世界!

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

ニュルンベルグのクリスマスマーケットは、とにかくおもちゃやクリスマス飾りが驚くほど豊富!よく「おもちゃ箱をひっくり返したような」と表現されますが、まさにその通り。これが、この街のクリスマスマーケットの人気を高めている大きな理由の一つです。

ちなみに、ニュルンベルグでは年に一度「国際玩具見本市」が開かれ、世界中から大勢のバイヤーが訪れます。それがニュルンベルグを「おもちゃの街」として有名にしている所以でもあります。

メルヘンティックなおもちゃの世界!

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

ニュルンベルグで売られているおもちゃは、伝統的な木工細工の工芸品が数多く、懐古調で可愛いいものばかり。昔から職人の街として発展してきた歴史と伝統が、現在でもおもちゃに受け継がれています。くるみ割り人形や木時計、からくり細工のオルゴールなど種類やデザインが豊富で、大人が見ていても飽きません。装飾性の高いおもちゃが多いので、インテリアの置き物として購入されてもいいでしょう。

また、この街には「おもちゃ博物館」もあるので、興味のある方は是非そちらも立ち寄ってみてください。

メルヘンティックなおもちゃの世界!

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

ニュルンベルグのクリスマスマーケットでは、まるで「おもちゃ」のようなシュプリンゲレ(Springerle)というツリーに飾るクッキーも沢山売られています。アニスなどの香辛料の入った焼き菓子で、ニュルンベルグでは可愛い絵柄のデザインが豊富。お菓子でも「おもちゃの街」としての伝統を感じさせます。

また、ニュルンベルグは大きなハート型の真ん中にメッセージが書かれたレープクヘーンの本場としても有名。どちらも少しスパイシーで味の好みは分かれますが、ツリーの飾り付けとしてお土産にするには良いでしょう。

ニュルンベルグの屋台では、グルメも一味違う!

ニュルンベルグの屋台では、グルメも一味違う!

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

ニュルンベルグと言えば、ウィンナー。地元特産の「ニュンベルガーヴルスト」と呼ばれる白く小さなウィンナーが有名ですが、他にも屋台では大小様々な種類のウィンナーが湯気を立てて売られています。どれも美味しそう!クリスマスマーケットでは、やはりウィンナーは一番人気。屋台に行列が出来ていることもありますが、食べる価値は十分。色々な種類のウィンナーの味比べも楽しいです。

ニュルンベルグの屋台では、グルメも一味違う!

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

ニュルンベルグのクリスマスマーケットでは、日本の屋台でもお馴染みのチョコバナナやチョコリンゴ、リンゴ飴といったお菓子もたくさんあります。とっても可愛くてカラフルなので、スイーツ好きの女子向き。また、果物の酸味とチョコの甘さが絶妙なキウイやパイナップルなどのフルーツチョコは、さっぱりしているのでデザートに良いでしょう。どれも美味しいので迷ってしまうかも!

ニュルンベルグの屋台では、グルメも一味違う!

写真:かわい ゆうこ

地図を見る

クリスマスマーケットで忘れてならないのは、グリューワイン。シナモンなど香辛料の匂いが程よい温かなグリューワインは、冬の夜空の下の定番品。カップのデザインも可愛く凝っているので、こちらもお土産にいかがでしょうか。

ニュルンベルグには観光を兼ねて一泊がお勧め

中世の街ニュルンベルグには、様々な歴史的見所があります。ミュンヘンやフランクフルトなどの主要都市から日帰りも可能ですが、街の観光を兼ねてクリスマスマーケットをゆっくり楽しみたい方は、一泊されることをお勧めします。但し、クリスマスマーケット開催期間中は団体客などで大変混み合いますから、ホテル予約などは早めに。

<ニュルンベルグのクリスマスマーケット基本情報>
開催日程:2017年12月1日〜12月24日
開催時間:月曜日〜日曜日10:00〜21:00/12月24日のみ10:00〜14:00
会場:ニュルンベルグ旧市街中央広場(Hauptmarkt)
アクセス: ニュルンベルグ中央駅から徒歩10分

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -