圧倒的なアルプスの景観!長野・宝剣岳の岩山縦走

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

圧倒的なアルプスの景観!長野・宝剣岳の岩山縦走

圧倒的なアルプスの景観!長野・宝剣岳の岩山縦走

更新日:2017/11/05 11:42

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 トレッキングハンター、ネイチャーカメラマン

長野県野中央アルプスには、千畳敷カールを取り巻くようにそびえる宝剣岳があります。誰でも行けるアクセスの良さで人気の高い千畳敷カールと裏腹に、宝剣岳登頂は十分な装備と一定の登山経験が必要な峻嶮な山!しかしそこからの景観は中央アルプスを代表するダイナミックさです。

宝剣岳縦走はまずはここを登りきることから

宝剣岳縦走はまずはここを登りきることから

写真:佐久田 隆司

地図を見る

中央アルプスの主峰は「木曽駒ケ岳」ですが、実際は「宝剣岳(ほうけんだけ)2931m」に魅了される方が多数です。中央アルプスで有名な千畳敷カールは、まさにこの宝剣岳の麓に広がるもので、多くの観光客が訪れています。約2万年前の氷河期に削り取られた日本屈指のカール形状として、夏季は高山植物のお花畑が広がることでも有名です。

宝剣岳縦走は、千畳敷カールの八丁坂を登りきった「乗越浄土」から反時計回りで千畳敷カールに戻るルートのほうが、ダイナミックなロッククライミングが楽しめます。

宝剣岳縦走はまずはここを登りきることから

写真:佐久田 隆司

地図を見る

宝剣岳登頂の起点となる宝剣山荘。ここから宝剣岳を目指しますが、山頂から折り返す方、さらに極楽平まで縦走する方と、どちらにおいても千畳敷カールまで戻れます。

宝剣岳縦走はまずはここを登りきることから

写真:佐久田 隆司

地図を見る

軽度の岩場から始まる宝剣岳縦走は、緑のロープで仕切られた範囲を登ります。特にガスっている場合など、これを越えるとかなり危険!トレッキングポールなどはリュックにしまって登り始めましょう。さらに宝剣岳はヘルメット装着推奨山なので忘れないように。しっかり両手で岩をつかんで三点支持※で登っていきます。

※両手両足4点のうち、1点だけを動かし3点を確保しながら登るクライミング方法

岩山、鎖場経験があるなら、宝剣岳縦走で絶景を!装備は万全に

岩山、鎖場経験があるなら、宝剣岳縦走で絶景を!装備は万全に

写真:佐久田 隆司

地図を見る

宝剣岳縦走はいくつものピークを越えていくダイナミックな岩山登山で、ロープなどを使う本格的な登山よりは軽度ながら、細心の注意は必要です。一般的な鎖場や岩山経験がある方なら、決して無理な登山ではありません。

天候が不安定な場合は計画を変える勇気も必要!しかし天候が味方すれば、主峰の木曽駒ケ岳山頂とも違う、切れ落ちる中央アルプスの代表的な景観が楽しめます。

岩山、鎖場経験があるなら、宝剣岳縦走で絶景を!装備は万全に

写真:佐久田 隆司

地図を見る

鎖や人工の足場を補助に岩山を登っていきます。ルート幅は極狭小で、すれ違える場所も限られ、十分注意を払いゆっくり登ることが大切です。鎖や足場を過信せず、手掛かりを最重点に安全第一で登ります。

岩山、鎖場経験があるなら、宝剣岳縦走で絶景を!装備は万全に

写真:佐久田 隆司

地図を見る

3000m級の山岳では、天候が安定しません。ガスや雨などに見舞われることも!逆に瞬間の晴れ間に遭遇したりと、すべてが大自然の賜物と受け入れる寛容さが必要です。

詳細な宝剣岳縦走ルートは関連MEMOのヤマレコをご参照ください。

無理はしない!場合によっては引き返す勇気も!

無理はしない!場合によっては引き返す勇気も!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

千畳敷カールから反時計回りで宝剣岳を縦走して、再び千畳敷カールまで戻る標準時間は2時間40ほど。休憩をはさまない時間ですから綿密な計画が必要です。

千畳敷駅の最終ロープウェイ時刻は17時前後ですので、それも考慮した登山開始時間をはじき出します。最盛期の土日や女性などは30%増し程度の時間を見ておくのがいいでしょう。予定時間より大幅に遅れている場合や、先に進むことを危惧される方は山頂から乗越浄土に引き返すことも大切です。

無理はしない!場合によっては引き返す勇気も!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

登山ルートは自然の造形を縫って行くものです。そこかしこに撮影ポイントがありますが、決して無理はしないこと。無事で帰ることこそ一番のお土産です。

動画:佐久田 隆司

地図を見る

宝剣岳縦走を1分の動画に収めました。壮大な景色と登山の様子をぜひご覧ください。なお、完全版宝剣岳縦走の様子は関連MEMOのユーチューブをご覧ください。

切れ落ちた鎖場!高度感のあるアルプス絶景を

切れ落ちた鎖場!高度感のあるアルプス絶景を

写真:佐久田 隆司

地図を見る

岩山は登りよりも下りに注意が必要です。場合によっては岩側に体を向けて降りることも必要!足場を確認しながらしっかり降りていきます。

切れ落ちた鎖場!高度感のあるアルプス絶景を

写真:佐久田 隆司

地図を見る

宝剣岳縦走のクライマックスは、岩山の最高部に設置された鎖を頼りに切れ落ちた細いやせ尾根を通ること!とても高度感があるので十分注意して進みます。アルプスの醍醐味満載の、思い出深い登山になるでしょう。

切れ落ちた鎖場!高度感のあるアルプス絶景を

写真:佐久田 隆司

地図を見る

このあたりまでくると縦走もほぼ後半!最後まで気を抜かずに、アルプスの壮大な景色を楽しみます。

極楽平までたどり着けば一安心

極楽平までたどり着けば一安心

写真:佐久田 隆司

地図を見る

千畳敷カールから見て宝剣岳左側の稜線が極楽平。宝剣岳を縦走する方は比較的に少なく、辿りついた極楽平はかなり空いています。ここまでくれば一安心!アルプスの絶景稜線歩きができます。

極楽平までたどり着けば一安心

写真:佐久田 隆司

地図を見る

極楽平から乗越浄土へ時計回りの縦走もできますが、乗越浄土は木曽駒ケ岳方面への分岐点で、いつも観光客で混雑しています。シーズン中はここから千畳敷カールまでの下りに混雑が予想されます。どちら回りで縦走するにせよ、綿密な計画、しっかりとした準備が必要です。

極楽平までたどり着けば一安心

写真:佐久田 隆司

地図を見る

千畳敷カールはフルシーズン立ち入ることが可能ですが、宝剣岳や木曽駒ケ岳などを、夏季装備で登れるのは7〜10月の間だけ。それ以外は冬季装備が必要になりますので、チャレンジするならこの時期を逃さないように!

本格的な岩壁登山を中央アルプスで!宝剣岳は絶好のポイント

アルプス登山に絶対安全はありません。ですがしっかり準備すれば宝剣岳縦走の難易度はさほど高くはないでしょう。必ず二人以上で行動し、アルプス絶景をその目で眺めてみてください。

<中央アルプス・宝剣岳の基本情報>
住所:長野県 上伊那郡 宮田村1926-10 トレーニングセンター内 (宮田観光開発)
電話番号:0265-95-1919(宮田観光開発)7〜11月初旬 090-5507-6345 11〜6月 090-7804-2185(宝剣山荘直接電話)
アクセス:駒ヶ根ロープウェイにて千畳敷駅まで

2017年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -