カプセルホテルは美の宝庫?大阪・女性専用「レディスサウナ」で節約プリンセス

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

カプセルホテルは美の宝庫?大阪・女性専用「レディスサウナ」で節約プリンセス

カプセルホテルは美の宝庫?大阪・女性専用「レディスサウナ」で節約プリンセス

更新日:2017/12/06 12:32

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

大阪ミナミの中心部で評判のスパ&サウナ施設「レディスサウナ」に、女性専用カプセルホテルがオープン!宿泊者は朝食、スパ、サウナなどがすべて無料で利用可能。さらに館内にはエステ、美容院、ネイルサロンまで揃います。
ホテルの運営者は、世界で最初にカプセルホテルを作ったニュージャパン。そこで培ったノウハウと快適性をギュッと凝縮したのが、今回のカプセルホテルです。ビジネスホテルより断然楽しくておトクですよ!

女心をくすぐるカプセルホテルがオープン

女心をくすぐるカプセルホテルがオープン

写真:安藤 美紀

地図を見る

2017年4月、女性専用スパ「レディスサウナ」にカプセルホテルが新規オープンしました。難波駅から歩いて3分程度。駅チカ&大阪の繁華街にあるため、立地は最高です。大阪観光や終電に乗り遅れた時にも使いやすい、まさに都会のオアシス的な存在!

女心をくすぐるカプセルホテルがオープン

写真:安藤 美紀

地図を見る

手ぶらで来れるように、タオルやクレンジング、化粧水など、基本的なものはすべて無料。
フロント奥には、販売用のこだわり基礎化粧品や華やかな下着など、吟味するだけでも楽しいワンランク上のアメニティがずらっと並んでいます。ここぞ!という時のマストアイテム「フェイスパック」も1枚から手に入ります。お肌がSOS状態のときには、お気に入りのアメニティを探してみるのもオススメですよ。

ジムも温水プールも使える。超充実の無料サービス

ジムも温水プールも使える。超充実の無料サービス

写真:安藤 美紀

地図を見る

カプセルホテルを利用するゲストは、スパ&サウナを無料で利用することができます。さらにここでは、トレーニングジムや温水プールも無料で利用可能。トレーニングウエアやシューズ、水着も無料でレンタルできますので、手ぶらで汗を流すことができますよ。

太っ腹サービスをフルに活かすなら、ジムで行われているレッスン表を最初にチェックしておくといいでしょう。なんと全レッスン無料で受講できます。

ジムも温水プールも使える。超充実の無料サービス

提供元:ニュージャパン レディスサウナ

http://newjapan.co.jp/ladys_sauna/stay/地図を見る

ガウンといえば、高級ホテル気分を味わえるアイテムの一つ。「レディスサウナ」の利用者は、なんとガウンを何枚でも脱ぎ着できるんです。この他にも、リラックスできる動きやすい館内着(パジャマ)が用意されます。どっちを着てみようかな…。そんな風に、リラックスウェアを選べるのも嬉しいポイント。

ジムも温水プールも使える。超充実の無料サービス

写真:安藤 美紀

地図を見る

メイクアップキット(通常210円)も、カプセルホテルのゲストは無料でレンタルできます。その日の気分に合わせてメイクの色を選べるなんて、女心をくすぐりまくり!

カプセルホテルで理想の女性に!?

カプセルホテルで理想の女性に!?

提供元:ニュージャパン レディスサウナ

http://newjapan.co.jp/ladys_sauna/stay/地図を見る

「レディスサウナ」の大きな特徴が、女性に嬉しいフェイシャルエステやボディトリートメントの充実。その日の気分やお好みに合わせて、メニューを組み合わせる事もできます。

筆者のおすすめは、マドンナが監修したスキンケアシリーズを使ったエステ。今までマドンナだけが使っていたという門外不出のスキンケアを実際にお試しできるので、通常のエステより更に満足感が得られます。事前予約がなくても、当日空いていれば受けられる気軽さも嬉しいですよね。

カプセルホテルで理想の女性に!?

提供元:ニュージャパン レディスサウナ

http://newjapan.co.jp/ladys_sauna/stay/地図を見る

この他に、なんとネイルサロンも併設。メインはマニキュアやジェルネイルですが、実は、手のツボを心地良く刺激してくれるマンベルマッサージ(手のマッサージ)がおすすめです。

サロンの担当者は、マンベルマッサージの資格保持者。その熟練の技で、イタ気持ち良い快感の世界へ導いてくれます。手には100万本の神経線維があるそうで、施術後は不思議と頭の中がスッキリ…。ストレスや疲れが癒されますよ。

それと別にもう一つ、お値打ちな歯のセルフホワイトニングもあります。

カプセルホテルで理想の女性に!?

写真:安藤 美紀

地図を見る

これだけではありません!館内にはヘッドスパができる美容院も!これだけ設備が充実していると、普段はホテルに帰って寝るだけ…という方も、いろいろ試してみたくなりますよね。

ちなみに、美容室・エステ・ネイル・ボディトリートメントの施術は、入館料なしで利用できます。

キュートで機能的なカプセルホテルエリア

キュートで機能的なカプセルホテルエリア

写真:安藤 美紀

地図を見る

こちらが、今回新設されたカプセルホテル。内装にも女性らしいオシャレなデザインが施されています。カプセルホテルの扉は、受付で渡されるICチップ入りの専用リストバンドをかざすことでロックを解除。万全のセキュリティーで安心させてくれます。

キュートで機能的なカプセルホテルエリア

写真:安藤 美紀

地図を見る

そして、利用客がゆったり過ごす空間。肝心なカプセルの中をみてみましょう。

ゆったりしたカプセルは、寝るには十分な広さ。こだわりのふかふか羽毛布団&枕が2個付いているのも、快眠できる秘訣です。ルーム内の右奥が角度を調整できるルームライト、左奥がスマートフォンの充電に必要なUSBやコンセント、アラーム、TVも完備。さらには、海外製のおしゃれなミネラルウォーターも1本無料で付いてきます。

遮光ブラインドを閉めれば、カプセル内は真っ暗。周囲の明かりも全く気にならず、ぐっすり深い眠りにつくことができます。

キュートで機能的なカプセルホテルエリア

写真:安藤 美紀

地図を見る

翌朝、体をシャキッと起こしてくれるのは、こちらのデトックスウォーター。季節の野菜や果物、ハーブなどがゴロゴロ入っていて、ビタミンCもたっぷり!風邪予防にも効きそうです。1〜2週間ごとに内容が変わるそうなので、「次はどんなものが入っているのかな?」と楽しみになりますね。

話題のロウリュも体験できる!充実の大浴場

話題のロウリュも体験できる!充実の大浴場

提供元:ニュージャパン レディスサウナ

http://newjapan.co.jp/ladys_sauna/stay/地図を見る

どんなに安くても、やっぱり女性はお風呂に入りたいもの。
「レディスサウナ」には、ブクブク優しい泡が体を包み込んでくれるエステティックバスの大浴場があります!洗い場もたくさんあって、奥には露天の足湯と水風呂も。こうしたお風呂も、ぜんぶ入りたい放題です。

話題のロウリュも体験できる!充実の大浴場

提供元:ニュージャパン レディスサウナ

http://newjapan.co.jp/ladys_sauna/stay/地図を見る

さて、みなさんはロウリュをご存知でしょうか?

ロウリュとは、サウナストーブにアロマ水をかけ、蒸気を発生させることで毛穴を開き、汗として老廃物を排出。疲労回復・代謝を促進します。さらに、タオルで蒸気をサウナ内に充満させ、扇ぐことで一気に発汗を促すというもの。ロウリュ後は、尋常ではないほどの汗が大量に吹き出し、気分爽快。肌つやが変わります。

「レディスサウナ」では、ロウリュが大変充実しています。平日1時間に1回(土日祝は30分に1回)と頻繁に行われるのも大きな特徴ですよ。

話題のロウリュも体験できる!充実の大浴場

写真:安藤 美紀

地図を見る

朝食(和食or洋食)も、カプセルホテル代金に含まれます。
特におすすめは、モチモチのベーグルに自分の好きなジャムをつけて食べることができる洋食です。ただえさえリーズナブルなのに、オシャレで美味しい朝食をいただけるなんて、大満足!

※追加料金200円で、オーガニックグラノーラの朝食をいただくこともできます。

カプセルを超越した新境地、レディスサウナ

カプセルホテルを利用の方は、お風呂入り放題、ロウリュも体験し放題。さらに外出ができて、食事や飲み物の持ち込みもOK(共有スペースのみ飲食可)。ジムやプールも使えて、スマホや携帯も充電し放題、TVも見放題…と、至れり尽くせりを遥かに超えた充実っぷりです。

節約派の賢い女性なら、ビジネスホテルではなく「レディスサウナ」を使うのも一つの手。大阪観光の宿泊先として、ぜひご活用ください!

2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ