ロンドンでダイアナ妃を偲ぶ“メモリアル ウォーク”

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ロンドンでダイアナ妃を偲ぶ“メモリアル ウォーク”

ロンドンでダイアナ妃を偲ぶ“メモリアル ウォーク”

更新日:2018/07/19 12:05

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 穴場発見さまよいライター、地元のグルメ伝道師
2017年8月31日で「ダイアナ元皇太子妃」の没後20年が経ってしまいました。彼女の死から幾年経とうとも、イギリス皇太子妃として、女性として、そして母 として強く生きた彼女を慕う方は多いはず!
今回は、ロンドンで巡りたい“ダイアナ妃を偲ぶ”場所の数々をご紹介いたします。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ダイアナ妃が暮らした「ケンジントン宮殿」

ダイアナ妃が暮らした「ケンジントン宮殿」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

1997年8月31日パリで、のちに“永遠のプリンセス”と呼ばれることになった「ダイアナ(Diana)」が、不幸にも交通事故で命を絶たれることになりました。彼女が暮らした「ケンジントン宮殿(Kensington Palace)」へは、今でもそんな彼女を慕う人々が大勢訪れています。

実際の住居部分は観光ができる宮殿の裏側にあたりますが、宮殿内では現在でもダイアナ妃が着用していたドレスなどの展示を見学することが可能です。写真にある門には、毎年8月31日になると花束や彼女に向けたメッセージなどがたむけられ、多くの人々がここで追悼の意を捧げます。

ダイアナ妃が暮らした「ケンジントン宮殿」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

ケンジントン宮殿前には、「プリンセス ダイアナ メモリアル ガーデン(Princess Diana Memorial Garden)」がひっそりと佇んでいます。少し高台になっており、道路から中の様子をうかがい知ることができないので、気が付かずに通りすぎる方が多い穴場。こちらは入場料無料。心洗われる美しい庭園に是非足をお運びください。

<ケンジントン宮殿>
住所:Kensington Gardens, London W8 4PX
営業時間:月〜日 10時〜18時(最終入場17時)
アクセス:地下鉄「クイーンズ ウェイ(Queens Way)」駅 徒歩5分

「ケンジントン公園」内にあるダイアナ妃ゆかりの3つの場所

「ケンジントン公園」内にあるダイアナ妃ゆかりの3つの場所

写真:道明寺 彩希

地図を見る

ケンジントン宮殿に隣接する「ケンジントン公園(Kensington Garden)」には、彼女にまつわる場所が三ヶ所あります。一つ目は、「ダイアナ妃記念ファウンテン(Princess Diana Memorial Fountain)」。噴水は50メートル×80メートルの楕円形を描いていて、緩やかな斜面に流れる水は、暑い季節の水遊びや涼を得るのにも利用されています。

<ダイアナ妃記念ファウンテン >
住所:Hyde Park, W Carriage Dr London W2 2UH
開園時間:夏10時〜20時 / 冬10時〜16時
アクセス:地下鉄「ランカスター ゲート(Lancaster Gate)」駅 徒歩5分

「ケンジントン公園」内にあるダイアナ妃ゆかりの3つの場所

写真:道明寺 彩希

地図を見る

二つ目は、「ダイアナ妃メモリアルウォーク(The Diana Princess of Wales Memorial Walk)」。公園内の道路約90ヶ所にプレートが埋め込まれており、彼女が好んで散歩したルートをたどることができます。

三つ目は、「ダイアナ メモリアル プレイグラウンド(Diana Memorial Playground)」。 12歳までの子どもと付き添いの大人のみが入場できる遊び場です。ケンジントン公園は物語「ピーターパン」ゆかりの地でもあることから、物語の世界観がデザインに反映されており、園内は「ビーチ、海賊船、北米インディアンの円形テント小屋、オモチャの彫像」などのエリアに分かれています。

<ダイアナ メモリアル プレイグラウンド>
住所:42 The Mall, London SW1A 2BJ
開園時間:夏10時〜19時45分 / 冬10時〜15時45分
アクセス:地下鉄「クインズ ウェイ」駅 徒歩2分

ハロッズ内にある「ダイアナ記念碑」

ハロッズ内にある「ダイアナ記念碑」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

イギリスを代表する百貨店「ハロッズ」の元オーナーの息子「ドディ ファイド(Dody Fayed)」氏が、彼女が交通事故で亡くなった時に、車に同乗していたのは有名な話。

ドディは当時彼女と交際していたとされ、そんな息子とダイアナ妃を偲んで、父親がハロッズの地下1階に「ダイアナ記念碑(Diana Memorial)」を設立しました。現在オーナーは変わっていますが、この記念碑は残されたままです。

ハロッズ内にある「ダイアナ記念碑」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

正面の慰霊の下には、事故前日に2人が乾杯に使用したワイングラスと、ドディがその晩ダイアナに渡そうとしていた指輪が展示されています。

ハロッズ内にある「ダイアナ記念碑」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

ホールの中央には、2人が手を取りあって走っている姿の銅像が置かれています。さらにその前には大きな台帳が用意され、世界各国の人々からのメッセージが綴られています。記帳は自由に行えるので、是非ペンを用意してお出かけください。

<ハロッズ>
住所:87-135 Brompton Road Knightsbridge London, SW1X 7XL
営業時間:月〜土 10時〜21時/日 11時30分〜18時
アクセス:地下鉄「ナイツブリッジ(Knightsbridge)」駅 徒歩5分

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ダイアナがお忍びで訪れた「ダイアナ カフェ」

ダイアナがお忍びで訪れた「ダイアナ カフェ」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

彼女の住居があったパレスガーデン(Palace Garden)より、徒歩3分の場所にある「カフェ ダイアナ(Cafe Diana)」。このカフェにお忍びで訪れていた彼女は、王室を抜け出してプライベートタイムを過ごしていました。

ダイアナがお忍びで訪れた「ダイアナ カフェ」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

店内では朝食からディナーまで楽しめ、もちろんコーヒーなどで休憩をとることも可能。イギリス料理も楽しめますが、オーナーがアラブ人なのでアラブ料理も頂けます。

<ダイアナ カフェ>
住所:5 Wellington Terrace London W2 4LW
営業時間:月〜日 8時〜23時
アクセス:地下鉄「ノッティング ヒル ゲート(Notting Hill Gate)」駅 徒歩3分

ケンジントン宮殿周辺はダイアナ妃を偲ぶスポットが沢山

いかがでしたか?ダイアナ妃が生活したケンジントン宮殿周辺には、彼女を偲べる場所がたくさんあります。今回ご紹介した場所を一日で巡ることは可能ですが、観光も兼ねて想いにふけるのには少し忙しそう。

自然も多く広い場所なので、ゆったりとした気持ちで巡られることをおススメします。

2017年10月現在の情報です。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -