駅前ホテルで和のもてなし!甲府「談露館」は自家源泉の老舗宿

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

駅前ホテルで和のもてなし!甲府「談露館」は自家源泉の老舗宿

駅前ホテルで和のもてなし!甲府「談露館」は自家源泉の老舗宿

更新日:2017/11/05 15:18

権丈 俊宏のプロフィール写真 権丈 俊宏 一級建築士

「ホテル談露館」(山梨県甲府市)は、1887年創業の甲府を代表する老舗宿。JR甲府駅から徒歩8分と利便性に優れ、レイトチェックインも可能。一人泊から観光まで幅広い宿泊プランが魅力のホテルです。また、自家源泉の温泉を所有し、源泉100%かけ流しの良質の温泉も楽しめます。
“源泉のあるシティホテル”でありながらも、随所に日本旅館のおもてなしが根付く、「ホテル談露館」の魅力をご紹介します。

伝統に培われた“おもてなしの心”

伝統に培われた“おもてなしの心”

写真:権丈 俊宏

地図を見る

「ホテル談露館」は、甲府市中心部にある老舗ホテル。創業は1887年(明治20年)。創業当初は蔵造りの豪壮な木造建築で、皇族方や各界の著名な方々も利用された歴史ある旅館です。

その後、建物の老朽化を機に、1980年(昭和55年)に鉄筋コンクリート6階建ての「政府登録国際観光ホテル」になりました。写真はエントランス。いかにも老舗らしい落ち着きと風格が感じられ、伝統に培われた“おもてなしの心”が、随所に根付いています。

露天風呂付き和室で、優雅な一時を

露天風呂付き和室で、優雅な一時を

写真:権丈 俊宏

地図を見る

写真は、露天風呂付き和室。「ホテル談露館」の特別室の一つです。12畳+6畳+応接室+坪庭+露天風呂という贅沢な造り。ここが県庁所在地の中心部であることを忘れさせる優雅な空間です。一人泊も可能ですが、大人数の方がリーズナブルに宿泊出来るので、家族や親しい仲間との宿泊がおすすめです。

露天風呂付き和室で、優雅な一時を

提供元:ホテル談露館

http://www.danrokan.co.jp/地図を見る

写真は部屋付露天風呂。源泉そのままの温泉が滔々とかけ流しされ、自分だけの優雅な一時を過ごせます。

一人泊や時間が無い人にも対応した客室プラン

一人泊や時間が無い人にも対応した客室プラン

写真:権丈 俊宏

地図を見る

「ホテル談露館」は単なる老舗ホテルというだけでなく、一人泊にも柔軟に対応していることも特色の一つ。レイトチェックインも可能(但しホテルへの事前連絡は必要)で、時間が無い方でも気軽に利用出来る点が魅力です。

スタンダードな客室でも、バスと洗浄機付トイレは標準装備。インターネット回線を完備していることも嬉しい点です。バスタオルや浴衣、石鹸類も一通り揃っており、アメニティも充実しています。
※バスは温泉ではありません。

自家源泉100%かけ流しの大浴場は、有名温泉地の名湯に匹敵する良泉

自家源泉100%かけ流しの大浴場は、有名温泉地の名湯に匹敵する良泉

写真:権丈 俊宏

地図を見る

通常、県庁所在地の駅近ホテルで温泉があることは稀ですが、「ホテル談露館」の大浴場では天然温泉を使用。しかも自家源泉(ホテルが温泉を所有していること)で、加水も加温も循環もしていない源泉100%かけ流しで利用されています。

泉質は、ナトリウム‐塩化物・炭酸水素塩泉。温まり効果のある食塩と、皮脂を落とす作用がある重曹が主な成分の温泉です。また、モールという太古の植物由来の成分も含有。お湯の中に浮かぶ黒い浮遊物は、湯の花と言われる温泉成分の塊です。

肌触りも滑らかで心地良いもの。まるでブドウの内皮の様に、トロみと弾力のある柔らかさが感じられ、有名温泉地の名湯にも匹敵する上質の温泉を楽しめます。

朝食は上品なハーフバイキング形式

朝食は上品なハーフバイキング形式

写真:権丈 俊宏

地図を見る

朝食は和食か朝食を最初に選び、おかわりをバイキング形式で頂くスタイルです。写真は洋食。おかわりの時は、和と洋のどちらを選んだに関係なく、好きなものを選んで食べられます。県産食材をメインに取り扱ったバイキングで、ドリンクも自由に飲めます。また、コーヒーと紅茶は部屋にテイクアウト可能です。

老舗ならではの清々しい接客と気品が感じられるホテル

この様に「ホテル談露館」は、一人泊から観光客にも広く対応した万能型のホテルと言えます。しかし、老舗旅館ならではの丁寧な接客が印象に残るホテルでもあります。付かず離れずの適度なバランスを持った接客は、大変清々しいもの。「ホテル談露館」へ宿泊したら、是非そういった点も感じてみて下さい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/06−2017/10/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -