標高1130メートルのリゾート「ホテル軽井沢1130」

標高1130メートルのリゾート「ホテル軽井沢1130」

更新日:2017/10/30 12:42

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家
日本を代表するリゾート地軽井沢は様々なエリアに分かれています。旧軽井沢や中軽井沢などは長野県に位置しますが、群馬県側は北軽井沢と言われています。伝統ある別荘地ですが何より標高の高さが特徴。夏の涼しさも格別です。北軽井沢を代表するリゾートホテルが「ホテル軽井沢1130(イレブンサーティー)」。その名の通り標高1130メートルに位置する高原のリゾートホテルです。多彩なホテルの魅力を紹介しましょう。

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)
プランをもっと見る

大自然を体感できる「パノラマテラス」

大自然を体感できる「パノラマテラス」

提供元:ホテル軽井沢1130

http://www.karuizawaclub.co.jp/hotel1130/

ホテル軽井沢1130のご自慢がホテル屋上にある「パノラマテラス」。深い森の木々から、浅間山をはじめとした多くの山々を望むことができます。高原テラスで体感する四季折々の自然の絶景は最高です。

春は鮮やかな彩り、特に新緑の山々の絶景が愉しめます。深い緑の山々を見渡せる夏は、沈みゆく夕日のグラデーションが感動的。木の葉が色づく秋には、360度に広がる紅葉が最高です。空気の澄んだ冬も魅力。雪景色にキラキラ輝く樹々のパウダースノー、そして感動的な星空も澄んだ冬の空気ならでは。

贅沢な設備や施設もリゾートホテルの魅力ですが、決して作ることが出来ない環境やロケーションは貴重です。四季折々の自然を近くに感じられるホテル軽井沢1130のステイ、是非体験したいものです。魅力はステイだけではありません。ゴルフ、テニス、サイクリングといったスポーツをはじめ、散策や自然観察といったアクティビティも人気です。

別荘のように寛げる客室

別荘のように寛げる客室

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

明るく開放的なエントランスに入った瞬間から、ホテル軽井沢1130のリゾート時間がスタートします。一般のホテルと比べて滞在の充実度が求められるリゾートホテルでは、スタッフのホスピタリティマインドも重要。何でも相談できる親切なスタッフもホテル軽井沢1130魅力です。

客室タイプは多彩でセレクトに迷ってしまうほど。滞在の目的に合わせてフレキシブルに選ぶことができます。全233室すべてが大きな窓を採用しており、大自然に面した設計といえるでしょう。浅間山や白根山系の山並みから、四季の彩りに染まる感動的な光景に出会うことができます。

客室のインテリアとモダンで洗練されています。リゾートホテルならではのゆったりとした客室面積で開放感とくつろぎが実感できます。まるで別荘のようにリラックスできる質感の高さとプライベート感も魅力です。

贅沢!テラス露天風呂付客室

贅沢!テラス露天風呂付客室

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

数ある客室の中でもオススメは、2・3階に位置する「森の中の露天風呂」付客室と4階にある「テラス露天風呂」付客室です。浅間山の麓から湧き出る天然温泉「鬼押温泉」が引き込まれ、客室露天風呂で心ゆくまで愉しめます。客室で心おきなく天然温泉が楽しめるなんて贅沢です。

テラス露天風呂付の客室でも広々した「2ベッドルームスイート」は、グループやファミリーにおすすめ。リビング&ベッドルームと独立したベッドルームに計4台のベッドが用意されています。専有面積は何と81uでバーカウンターまであります。

コンチネンタルレストラン「ラ・ベリエール」

コンチネンタルレストラン「ラ・ベリエール」

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ホテル軽井沢1130では充実のレストランでグルメが堪能できます。中でもコンチネンタルレストラン「ラ・ベリエール」では新鮮な高原野菜、地元素材を生かしたシェフオリジナルのメニューが満喫できます。

コンチネンタルレストラン「ラ・ベリエール」

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

フレンチをベースにするもののジャンルにはとらわれず、イタリアンや和のテイストも感じるオリジナルメニューが魅力です。中でもシェフ渾身の創作フレンチコースはおもてなしがつまった感動のディナー。信州や上州の季節の食材を生かした料理は、自然をまるごと味わうような感覚です。

コンチネンタルレストラン「ラ・ベリエール」

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

その他にも季節の野菜料理、地元の名物料理など、和洋中の多彩な料理がたっぷり楽しめる「1130シーズンブッフェ」や、厳選した山川の恵、畑の恵が愉しめる「日本料理やまぼうし」など、ロングステイでも飽きずに楽しめるグルメにもリゾートホテルの実力が垣間見えます。

美肌の湯「鬼押温泉」

美肌の湯「鬼押温泉」

提供元:ホテル軽井沢1130

http://www.karuizawaclub.co.jp/hotel1130/

ホテル軽井沢1130は良質な温泉でも有名です。ゲストに好評の「鬼押温泉」は県内有数の天然温泉。浅間山の麓、地下深くから湧き出る黄褐色の湯です。とろりと柔らかな感触が特徴で美肌の湯として評価されています。

男女別の大浴場には露天風呂、サウナ、リラクゼーションスペース、マッサージルームなど充実した設備が揃っています。営業時間は14時〜深夜1時まで、早朝5時〜11時(火・水は10時まで)までと利用可能時間が長いのも嬉しいところ。

おわりに

様々な楽しみが溢れるホテル軽井沢1130。北軽井沢の四季を満喫できるロケーションを感じるリゾートホテル時間は、きっと忘れられない旅になることでしょう。上質なホテルステイで心の贅沢を感じに行きませんか?

プランをもっと見る

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/19−2017/10/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -