世界最高峰の楽団・ベルリンフィルを、本拠地・ベルリンで聴こう

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界最高峰の楽団・ベルリンフィルを、本拠地・ベルリンで聴こう

世界最高峰の楽団・ベルリンフィルを、本拠地・ベルリンで聴こう

更新日:2018/07/30 11:14

ゐさ よりこのプロフィール写真 ゐさ よりこ 舞台芸術ライター

世界三大オーケストラの筆頭に挙げられる名門楽団、ベルリンフィル。「世界最高峰」と評される楽団の本拠地は、ベルリン中心部。専用のコンサートホール「Berliner Philharmonie(ベルリナー・フィルハーモニー)」では、重厚な演奏からユニークな演出まで、日本では体感できそうにない本拠地ならではの‟世界最高峰”の演奏を聴くことが出来ます。

世界最高峰のオーケストラ、ベルリンフィル

世界最高峰のオーケストラ、ベルリンフィル

写真:ゐさ よりこ

地図を見る

クラシック音楽の本場、ヨーロッパには、国ごと・都市ごとにオーケストラがあると言っても過言ではありません。競争激しいその環境の中で、「名門三大オーケストラ」の筆頭に掲げられるオーケストラが、ベルリンフィル。
正式名称は「Berliner Philharmoniker(ベルリナー フィルハーモニカー)」。頭文字を採って「BPh」と表示されることもあります。日本では「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」という名称が一般的です。
設立以来100年以上の歴史を持ち、数々の名演奏者と指揮者とともに、極上の音を世に送り出してきた、ヨーロッパのみならず世界でもトップクラスの実力を誇るオーケストラです。

BPhの専用ホール「Berliner Philharmonie」

BPhの専用ホール「Berliner Philharmonie」

写真:ゐさ よりこ

地図を見る

ベルリンフィルの本拠地は、名称から分かるとおり、ドイツの首都・ベルリン。
ベルリン市中心部にある専用のコンサートホール「Berliner Philharmonie(ベルリナー・フィルハーモニー)」が、ベルリンフィルのホームステージです。

最寄駅は「Berlin Potsdamer Platz Bahnhof(ポツダム広場駅)」。
日本企業の名を冠した「ソニーセンター」を中心に高層ビルが立ち並ぶ、近代的なオフィス街の奥に、ベルリンフィルの本拠地があります。

BPhの専用ホール「Berliner Philharmonie」

写真:ゐさ よりこ

地図を見る

このコンサートホールは、図書館や美術館、博物館など、公共の文化施設が集められている「BERLIN KULTURFORUM」の中に建っています。
他の建物も美しく、ヨーロッパらしい意匠が凝らされているものもありますが、「Berliner Philharmonie」はその中で異色の存在とも言えるほど、個性的な外観をしています。

黄色いテントとも表現される、五角形のような金平糖のような形は、1960年代に当時最先端の技術を使い、音響効果を追求して造られたもの。内部も客席は段差が多い、ユニークな構造です。

BPhの専用ホール「Berliner Philharmonie」

写真:ゐさ よりこ

地図を見る

館内にある大小ふたつのホールのうち、ベルリンフィルの公演が開催されるのは、2,000席以上の収容人数を誇る、ヴィンヤード型(舞台を客席が囲むように配置される形式)の大ホール「KAMMERMUSIKSAAL」。
内部は写真撮影禁止なので、ホールに着いたらカメラをバッグにしまって、代わりにチケットを出し、堂々と入っていきましょう。

重厚で格調高い響き、現代的でユニークな演出

重厚で格調高い響き、現代的でユニークな演出

写真:ゐさ よりこ

地図を見る

チケットは、ベルリンフィルの公式HPで購入できます。ドイツ語と英語を選べるので、ドイツ語が分からなくても大丈夫。
公演日を選び、必要な情報を入力すると、1週間ほどでエアメールでチケットが送られてきます。送料はかかりません(!)。
勿論、ホール入口右手にあるBoxオフィスで直接購入することもできます。語学に自信のある方はぜひこちらで。

日本でベルリンフィルを聴こうとすると、そのチケット代の額に泣かされる(しかもなかなか取れない……)のですが、本拠地で開催されるベルリンフィル公演は、「今日は時間があるから聴きに行こうかな」というくらいのお値段。チケット代の大きな違いは、現地で聴く醍醐味のひとつとも言えます。
ただし、人気の指揮者がタクトを振る日は、早々にチケットが売り切れてしまうので、なるべく早めに確保することをおすすめします。

封筒の中に、宛名+公演日時等詳細+領収書(金額)の3枚セットになったチケットが入っています。切り離さないように!このまま持っていって、入口でスタッフに見せます。

「ベルリンフィルを聴くときはどういう服装で行けばいいの?」と悩む方もいらっしゃるでしょうか。
パーカーにジーンズが制服みたいなもの、と言う人もいるほど、ベルリンのファッションの基本はコンサバでカジュアル。世界的オーケストラの演奏を聴きに来るときは、ほんの少しだけおしゃれの度合いを上げます。でも、せいぜいパンツスタイル→スカート、という程度。煌めくようなドレスを着たり白いタキシードを着たりする人はあまり見ません(いないことはないのですが、例えばウィーンフィルのように多くはありません)。
だから、ドレッシーな服を用意する必要はありません。いつもの旅の服装に何かおしゃれなアイテムをちょこっと追加するくらいでOKです。

重厚で格調高い響き、現代的でユニークな演出

写真:ゐさ よりこ

地図を見る

演奏は、概ね20時から始まります。
(年末年始や休日など、特別なプログラムの日は早めに始まります)

ベルリンフィルの演奏の特徴は、重厚さと荘厳さ、ぴたりと決まる音の響き。
ずしりと体に響くような、厚みのある音は、世界最高峰の名にふさわしいものです。

一方で、演奏そのものでは、舞台と客席に設けたモニターを使って、ちょっとユニークな演出により、時代に合わせた演奏のしかたを模索するような様子も見られます。
演奏の途中で、その音をイメージして作ったらしい画像を流したり、オペラの一場面を歌手が現代的アレンジで踊りながら歌ってみせたり……。現代演劇を見ているような、メディアアートを見ているような。
ベルリンフィルが海外公演で披露することは到底ない一面も、この本拠地、ベルリンフィルハーモニーでは、耳でも目でも楽しむことが出来ます。

ヨーロッパのみならず世界でも最高レベルの楽団と評されるベルリンフィル。
日本では「高嶺の花」扱いですが、本拠地のベルリンでは、専用ホールで手軽に、気軽に、ときにはユニークな演出で、その素晴らしい音色に触れることが出来ます。
ベルリン観光の必須スポットと言っても過言ではないくらいの存在で、ベルリンの街の誇りでもある芸術集団、ベルリンフィル。
世界最高峰の音を、現地で心ゆくまで堪能してください。

ベルリンフィルの基本情報

住所:Herbert-von-Karajan-Strase 1, 10785 Berlin
電話番号:+49-030-254880
アクセス:地下鉄U2ポツダム広場駅から徒歩3分

2017年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/12−2017/10/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -