神聖な祈り 洞穴に聖母マリア像「ザ・グロット」全米聖母教会

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

神聖な祈り 洞穴に聖母マリア像「ザ・グロット」全米聖母教会

神聖な祈り 洞穴に聖母マリア像「ザ・グロット」全米聖母教会

更新日:2017/11/14 12:15

ホップキンズ 江美のプロフィール写真 ホップキンズ 江美 アメリカ・アウトロー史研究家、ライター
19世紀後半、一人の幼い男の子が母親の命乞いを聖母マリアに懇願しました。その願いが叶えられたことから生涯をかけて信仰した場所がこのザ・グロットです。洞穴にある聖母マリア像が人々を優しく見守り続けているザ・グロットは世界中から巡礼にやって来る聖地となっています。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

世界中の人々を優しくて見守り続ける聖母マリア像

世界中の人々を優しくて見守り続ける聖母マリア像

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

オレゴン州・ポートランドのダウンタウン郊外(ポートランド空港から3マイル程)にある「ザ・グロット(National Sanctuary of Our Sorrowful Mother)神聖なる場所」は世界的に認められている聖地です。

25ヘクタールの面積を持つこのカトリックの聖域はポートランドでも人気の観光場所となっており、 毎年17万5千人ものあらゆる信仰を持つ人々が訪れます。森の中の自然のギャラリーを巡り、高さ34メートルの崖のふもとに穿たれた大理石製ミケランジェロの「ピエタ」の複製像を見学、エレベーターで崖を昇れば、コロンビア川やカスケード山脈、セントへレン山を見渡す眺望が広がります。

世界中の人々を優しくて見守り続ける聖母マリア像

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

19世紀後半、カナダ・オンタリオ州南西部キッチナーという町に幼い男の子が両親と住んでいました。彼は両親から深い愛情を注がれ成長します。ある日、母親から赤ちゃんが生まれて来ると知らされます。男の子は、その日が来るのを両親と共にワクワクした気持ちで待ち望んでいました。大好きな母の陣痛が始まります。でも、悲しいことに、母の容態は良くありません。このままの状態では、母も赤ちゃんも助かる見込みがありません。男の子は、聖母マリアに祈りを捧げます。「二人を助けてくれたら、ぼくはあなたのしもべとなり、必ず偉大な働きを引き受けます。どうか・・どうか・・二人を助けてください。」男の子の祈りが聖母マリアに届き、母親と可愛い赤ちゃんの生命は助かりました。この男の子こそ、この地を聖地としたAmbrose Mayer(アンブロス・メイヤー神父)です。

洞窟の聖母マリア像には、世界中からやって来た人々の祈りのキャンドルの炎が絶えることなく灯されています。

世界中の人々を優しくて見守り続ける聖母マリア像

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

月日は流れ、1918年青年となったAmbrose Mayer(アンブロス・メイヤー神父)は、誓い通り聖母マリアの僕(しもべ)となりポートランドの地にやって来ます。1923年ユニオンパシフィック鉄道会社が崖地を含むこの場所を48,000ドルで売りに出します。彼はこの地を聖母マリアに祈りを捧げる神聖な地にしたいと願いました。願い虚しく、彼が用意できるのはたったの3,000ドルだけ。しかし、彼は諦めずパシフィック鉄道会社と世界中の人々に訴えます。その結果、3,000ドルを頭金に、残り全て彼に共感した世界中からの寄付でこの地を購入します。

1923年9月から洞窟の聖母マリアは造り始められ、1924年5月29日最初のミサが3,000人もの人々が集まる中、エドワード・D大主教によって行われました。

聖母マリアが見守る礼拝堂

聖母マリアが見守る礼拝堂

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

1955年L.L.Dougan of Dougan & Heims Architects.(ドーガンとヘームスの二人の建築家によって創られたドーガン社)によって聖母マリアの礼拝堂は完成します。

聖母マリアが見守る礼拝堂

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

礼拝堂の清らかな空気は、美しい壁画と共に、心にスッと入って来ます。国や宗教を問わず私たちを迎え入れてくれる温かな雰囲気がこの礼拝堂・聖母マリアの優しさなのかもしれません。

聖母マリアが見守る礼拝堂

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

柔らかな色彩の壁画は、キリストの一生を描いています。

岩壁の上の楽園

岩壁の上の楽園

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

エレベーターで34メートルもある岩壁の上に行くことができます。ここには修道院がありマリア像の噴水がキラキラと朝日を浴びて輝いています。手入れの行き届いた庭園は、自然を利用した素晴らしい景観です。

岩壁の上の楽園

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

見事なオレゴン杉に囲まれた自然豊かな小道で森林浴ができます。樹齢数百年の大木は神々しく、自然を生かした素晴らしい庭園となっています。

岩壁の上の楽園

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

楽園をイメージして作られた庭園は、誰もが心落ち着けることのできる空間です。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

迷宮の旅でスピリチュアルを感じる

迷宮の旅でスピリチュアルを感じる

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

中世に建てられた古い教会にある巡礼の迷宮をここでも見ることが出来ます。この迷宮を外側から中側に向かい自分のペースで歩きます。静かに、心開いて静寂の中を歩き出すと、神々を感じスピリチュアルの世界へと導いてくれます。中央に行き着くまでゆっくりとヒーリングの旅をしてください。中央に来たら心落ち着け祈りましょう。そしてまた外へ向かってあなたのペースで歩いて帰ってきてください。人生はまるでこの迷宮のようです。巡礼の迷宮は悩みや苦しみから解放してくれる瞑想の場なのです。

迷宮の旅でスピリチュアルを感じる

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

可愛らしいチャペルは赤で塗られ自然の緑によく映えます。

迷宮の旅でスピリチュアルを感じる

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

修道院や庭園はこの様な高い崖の上に位置しています。

静かで素晴らしい景色

静かで素晴らしい景色

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

この建物は、崖を利用して建てられており、一面ガラス張りでできています。中央にはマリア像が飾られグランドピアノが置かれています。

静かで素晴らしい景色

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

遠くにコロンビア川やカスケード山脈、セントへレン山を見渡す眺望が広がります。

静かで素晴らしい景色

写真:ホップキンズ 江美

地図を見る

洞窟の聖母マリアは、静かな佇まいの中私たちを見守っています。世界中の人々が祈りに来る洞窟の聖母マリアは、人種・性別・宗教を問わず私たちを迎え入れてくれます。聖地・ザ・グロットでスピリチュアルを感じる巡礼の旅をしてみませんか?

「ザ・グロット」全米聖母教会の基本情報

住所:8840 NE Skidmore St, Portland, OR 97220
電話番号:+1-503-254-7371
アクセス:ポートランド空港より3マイル
通年開園。入場無料。エレベーターは小額で利用できます。

2011年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/11/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -