競馬ファン以外も楽しめる!ドバイ「ザ メイダン ホテル」

| アラブ首長国連邦

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

競馬ファン以外も楽しめる!ドバイ「ザ メイダン ホテル」

競馬ファン以外も楽しめる!ドバイ「ザ メイダン ホテル」

更新日:2017/11/24 12:43

篠宮 あかりのプロフィール写真 篠宮 あかり ユニーク宿ライター、カプセルホテルマニア

世界最高の賞金レース「ドバイワールドカップ」が開催されるメイダン競馬場。そこに隣接して建てられた5つ星ホテルが「ザ メイダン ホテル」です。なんと言っても客室やレストランから競馬を観戦できるのが魅力!さらに競走馬と触れ合ったり実際に調教する場面を見学できるツアーも。またドバイで活躍する日本人シェフによる絶品料理にも注目です。競馬ファンはもちろん、そうでなくとも十分に楽しめるホテルをご紹介します。

世界でも珍しい競馬場ビューの5つ星ホテル!

世界でも珍しい競馬場ビューの5つ星ホテル!

写真:篠宮 あかり

地図を見る

ドバイ郊外に位置するメイダンシティの中核施設となる「メイダン競馬場」。約6万人を収容できるグランドスタンド、世界最大・最長を誇る場内ビジョンが設置されており、UAEでも開催規模の大きな競馬場です。世界最高の賞金レース「ドバイワールドカップ」の開催地としても有名で、2011年には日本馬が史上初のワンツーフィニッシュを飾って話題になりました。

そんなメイダン競馬場に隣接しているのが「ザ メイダン ホテル」。近未来的な曲線のファサードと明るい緑色のガラスが印象的です。建物の横幅がなんと約1.5キロメートルもあり、ホテルの長さとしても世界一!全ての客室やレストランはメイダンホーストラック側に位置しているため、ホテル滞在中はいつでも競馬を鑑賞できるのが嬉しいですね。

世界でも珍しい競馬場ビューの5つ星ホテル!

写真:篠宮 あかり

地図を見る

全面ガラス張りで吹き抜けになっているフロントは、日がたっぷり差し込み開放的な雰囲気。ゴージャス感のある内装の中にも「ドバイワールドカップ」で活躍した競走馬が紹介されていたり、ジョッキーの革靴をモチーフとした柱があるなど、競馬好きにはたまらない要素が散りばめられています。

スタンダードのバルコニーでも最高の眺め!

スタンダードのバルコニーでも最高の眺め!

写真:篠宮 あかり

地図を見る

客室の中で最もスタンダードでありながら、約62平米もの広さを誇る「GRAND DELUXE BALCONY ROOM」。客室の名前の通りバルコニーとベッドルームからメイダンホーストラックを見渡せる構造となっているのが魅力です。ベッドのファブリックに金色の唐草模様を使うなどラグジュアリーな空間となっています。

スタンダードのバルコニーでも最高の眺め!

写真:篠宮 あかり

地図を見る

バルコニーの窓を開けると目の前は競馬場という最高の眺め…!全面ガラス張りなので、テーブルセットの椅子に座った状態でもそのまま観戦できます。レースがない時も読書をしたりコーヒーを飲んだり、思い思いの時間を過ごせるのではないでしょうか。

まるで豪邸みたいな優雅なスイートルームも!

まるで豪邸みたいな優雅なスイートルームも!

写真:篠宮 あかり

地図を見る

最高ランクの客室は、なんと約370平米の広さを誇る「PRESIDENTIAL DUPLEX SUITE」。ドアを開けた瞬間、ホテルの客室とは思えない開放的な空間に驚いてしまうはず…!こちらは2階建てのメゾネットタイプとなっており、1階にはダイニングとリビングルーム、ライブラリーが設置されています。豪華なバーカウンターもあるのでパーティーなどもできそうですね。

まるで豪邸みたいな優雅なスイートルームも!

写真:篠宮 あかり

地図を見る

2階にあるのは広々としたマスターベッドルームとバスタブ付きのバスルーム。ベッド背後の壁には金色のクッション、さらに足元にはオットマンが設置されており、この部屋のゲストに相応しい最上級のしつらえとなっています。さらにベッドサイドの照明には今にも動き出しそうな競走馬のオブジェも!こちらで寝たら縁起の良い夢を見られるかもしれません。

まるで豪邸みたいな優雅なスイートルームも!

写真:篠宮 あかり

地図を見る

バルコニーではグランドスタンドとメイダンホーストラックを一度に見渡せます。スタンダードのバルコニーとは位置が異なり、競走馬がこちらに走ってくるような感じで見られるのがポイント。レースで競走馬がゴールした時には大いに盛り上がりそうです!

ドバイ在住の日本人シェフが活躍するレストラン!

ドバイ在住の日本人シェフが活躍するレストラン!

写真:篠宮 あかり

地図を見る

メイダンホテルのレストランやバーも見逃せません。アラビア料理が続いて日本食が食べたくなったらレストラン「芝(SHIBA)」へ。主に日本料理と中華料理を提供しており、それぞれのエリアで内装の雰囲気が変わるのも特長です。ちなみに今回の記事のサムネイルはこちらのテラス席から撮影したもの。ホテルと競馬場全景を見渡せるのでおすすめですよ。

ドバイ在住の日本人シェフが活躍するレストラン!

写真:篠宮 あかり

地図を見る

テーブルには競馬場の芝生をイメージしたカリフォルニアロールや、日本人なら思わず食べたくなるだし巻き卵、西京焼き、肉じゃがなどが勢ぞろい。ドバイでは醤油やみりんなど調味料の使用が制限されていますが、シェフの工夫や調整によりそれを感じさせないほどのおいしさ!日本料理ならではの上品な甘さなど繊細な味わいを満喫できますよ。

ドバイ在住の日本人シェフが活躍するレストラン!

写真:篠宮 あかり

地図を見る

日本料理を専門に担当するのは、ドバイで活躍する日本人シェフ・御厨 雅ー(みくりや まさかず)さん。最初はアブダビで宮廷料理人として働いてましたが、ドバイの温かい気候に惹かれて移住。個人的にスパイシーな料理は苦手、というのが意外ですね(笑)。ドバイで日本料理が恋しくなったら御厨さんの元に行ってみましょう!

競走馬と触れ合える貴重なツアーも開催!

競走馬と触れ合える貴重なツアーも開催!

写真:篠宮 あかり

地図を見る

メイダン競馬場では「Meydan Stable Tour」という英語ガイドのツアーを開催しています。まず最初にメイダンホテル内の「Farriers Restaurant」のテラス席で朝食ブッフェを食べながら、競走馬がトラックを走る様子を見学するという贅沢なスタート。その後はツアーバンで移動してトレーニングセンターを周るという流れです。

トレーニングセンターの厩舎(きゅうしゃ)では、競走馬がどのように調教されているかを見学できます。いろいろな種類の競走馬がいるので、エサをあげて触れ合ってみたり写真を撮ったりすることもOK。家族連れで行って子供と一緒に楽しく過ごせるのが良いですね!

競走馬と触れ合える貴重なツアーも開催!

写真:篠宮 あかり

地図を見る

競走馬の蹄を保護するために身につける蹄鉄(ていてつ)。装蹄師がこれを付け替えるという貴重なシーンも見学できます。さらになんと使用済みの蹄鉄を見学者全員にプレゼントしてくれるのです!ツアー参加の記念としてはもちろん、蹄鉄は昔から幸運のお守りや魔除けとしても知られているので大切に持っておきたいですね。

競走馬と触れ合える貴重なツアーも開催!

写真:篠宮 あかり

地図を見る

競走馬用スイミングプールでの調教にも注目です。全長約50メートル、水深約3メートルのプールで、競走馬が一生懸命に泳ぐ姿を見ると応援したくなります!これにより競走馬の基礎体力を高めたりリフレッシュ効果が期待できるのです。ただ2〜3頭の泳ぎを続けて見るので見学者もプールに入りたくなるかもしれません(笑)。

さらにその他にもパドックやジョッキーのトレーニングルーム、メディアルームなど、普段なかなか見られない場所を見学できる貴重なツアーとなっています。競馬ファンでなくとも楽しめますので家族や友人とみんなで参加してみてくださいね。

ドバイのホテルステイを満喫できる「ザ メイダン ホテル」

競馬ファンにとっては最高の環境が整っている「ザ メイダン ホテル」。しかし競馬場以外にもホテル屋上に設置されたインフィニティプールや、広大な敷地を活かしたメイダンゴルフ場など、アクティビティが充実しているのも嬉しいところ。ドバイでホテルステイを思いっきり満喫したい!という方におすすめですよ。

取材協力:ドバイ政府観光・商務局

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ